絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

嘘をつく男子・嘘が許せない女子

 

これは

「彼が本当のことを言っているかどうか知る方法」

とも言い換えられます。

 

「矛盾したことを言っちゃう男子・本当のことが知りたい女子」

でもいいかな。

 

 

彼(彼氏とか旦那とか)の言っていることが信じられなくて、

(浮気疑惑とか元カノへの嫉妬とか私のこと愛してるの?!とか)

でも「本当のこと」が知りたくて、苦しくて、

彼に確認しても、

今言っていることと前に言ったこととが違ったりして、

余計に苦しく腹立たしくなったりして、

聞けば聞くほど、矛盾発言が増えていったり、

「忘れた」って言われたりして、

ますます信じられなくて、苦しくて苦しくてたまらないのに、

 

なのに彼は私を安心させようとしてくれないどころか、

「そう思いたかったらそう思っとけば」

「俺達合わないと思う」

「別れよう」

とか言われちゃったりして。

 

そして、


どうして彼は、本当のことを言ってくれないの?

どうして彼は、私を安心させようとしてくれないの?

どうして彼は、向き合ってくれないの?

彼は私に嘘をついている。

それは、私のことがどうでもいいからだ。

それは、私じゃない女のほうが大事だからだ。


って思っちゃうと思うのですが・・・

 

ですが、


人は、

見たいものしか見ません。

見たいものしか見えません。

見えるものしか見えません。

見たいようにしか見ません。

 

感じたいものしか感じません。

感じたいものしか感じられません。

感じるものしか感じらません。

感じたいようにしか感じません。

 

わかるかなぁ・・・この感じ。

 

彼が本当のことを言っているかどうか知る方法、

それは、

自分を信じられるようになることです。

自分が愛されていると思えるようになることです。

 

彼が嘘をつくように見えるのは、

彼が矛盾したことを言うように思えるのは、

 

そもそも

「彼を信じていない」という前提だからです。

「私は愛されていない」という前提だからです。

 

男子は3歳児ですから、(笑)

いくらでも矛盾したこと言いますよ。

 

それは、愛してないからではないと、私は思います。

むしろ愛してるからかな、と。

 

だってね、

例えば分かりやすい浮気疑惑を例にとって。

彼が浮気したのかしてるのかどうかが知りたくて苦しくてたまらないとします。

 

その時、彼に詰め寄って、

彼が、

「浮気なんてしてない」って言っても、

信じられませんよね。信じませんよね。

さらに詰め寄りますよね。

 

でも、

「浮気してしまった」「浮気してる」って言っても、

当然、気に入りませんよね。

最悪、半狂乱で責めたてますよね。

 

という具合に、

彼がどっちを言っても、彼が何を言っても、

「私」は気に入らないはずです。

 

そしてそれを、

何を言っても彼女が妻が気に入ってくれないことを、

男子は多分、野生の勘で分かってます。(笑)

 

だから、その場その場を何とか凌ごうとする結果、

 

矛盾したこと言ってる!やっぱり嘘ついてるんだ!

 

って・・・・・・・ちがうのよ。

 

そもそも質問が違う、とも言えます。

 

本当の本当に聞きたいことは、

「浮気したのかどうか」じゃなくて、

 

「私は愛されてるの?!!!!????」

ということだから。

 

だから「浮気した・しない・してない」というどの返事であっても、

満足できないのは道理です。

 

さらにベタな例をとると、

「私と仕事、どっちが大事なの!?????」

が愚問だなんてこと、女子だって百も承知ですよね?

 

でも聞きたくなっちゃう。

 

それは、

「私はあなたに愛されてるの?!」

って聞きたいわけなんですよね。

 

でも男子は3歳児だし、怒られるのきらいだし、

何を言っても気に入ってもらえないのも薄々感じるし、

責められてる場から全力で逃げたいし、(笑)

だから言っちゃいますよ。

 

「好きなように思えば」

 

って。

 

「俺達合わないと思う」

 

って。

 

「別れよう」キリッ

 

って。(笑)


「愛してるよ」って言ってくれればいいだけなんだけど、

だけどこんな局面でそんなこと言える日本男子は、

そうそういないと思われます。

 

それでも、

彼は嘘をついている。と思いますか?

それは私が愛されていないからだ。と思いますか?

 

彼だって、

「こんなに怒られ責められるなんて、俺は愛されてるのか?」

って思っているかも知れません。

 

でもきっと、彼に胸の内を聞いたところで、

教えてくれません。聞いても信じられません。

 

前提が、質問が、変わらない限り・・・

 

(関連記事『120%の安心感がほしい ≠ 安心させてほしい』)

 

ちなみに、

もし私がダーリンに、

「私と仕事、どっちが大事?」って聞いたとしたら・・・・・・・

 

間の会話とか質疑応答とかゼロで、

 

「別れよう」キリッ

 

って言うと思われます。(笑)

 

だけど、

仕事のほうがきっと大事なダーリンだけど、(笑)

私が愛されていることも、私も大事にされていることも、

私は知っているから、質問しなくても大丈夫なのです。