絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

彼の気持ちや考え方は彼のもの。自分の気持ちや考え方は自分のもの。

 

「彼」が不機嫌になったり怒ったりしたら、

 

何とかしなくちゃ。どうしよう。(>_<。)

 

って、思っちゃいます?

 

その気持ち、分かります。(*´・д・`)


たぶん「彼」だけじゃなくて、

誰かが不機嫌そうにしていたら、


自分のせいじゃないかって思って、

自分が何とかしなくちゃいけないんじゃないかって思っちゃう。

・・・んじゃないかな。

 

それはもう半自動的に。

 

でもね、

それは、子供時代の名残りです。たぶん。

子供時代に、親の顔色を伺っていた頃の。

 

三つ子の魂百まで。

と言われるように、染みついた条件反射的な思考や気持ちは、

根強いです。

 

だけど本当は、

親の気持ちや考え方は親のものであり、

彼の気持ちや考え方は彼のものであり、

他人の気持ちや考え方はその人のものであり、

自分の気持ちや考え方とは関係がない、

んです。

 

今はまだ、

頭では分かっても、気持ちはついていかないかも知れない。

 

「彼」が怒っちゃったら、

やっぱり全力で機嫌を取ってしまうかも知れない。

 

それはそれでもいいんです。

でも、時々考えてみて下さい。

 

彼が不機嫌になった・怒った

 = 私が何とかしなくちゃいけない

 = どうしたらいいんだろう

ではないんだっていうことを。

 

そしてまた、

彼が不機嫌になった・怒った

 = なんでそんなことぐらいで怒るの?

 = 彼は改めるべきだわ

も違うんだっていうことを。

 

彼は、

彼の心のままに、

不機嫌になったり怒ったり、そのまま不機嫌でい続けたりする、

権利があります。

 

そして私は、

私の心のままに、

その彼の機嫌を取ったり、放っておいたり、逆に怒ったりする、

権利があります。

 

その権利同士の着地点は、

今のあなたが思うようなものではないかも知れません。

 

でも、

彼が不機嫌・怒っている・許してくれない・仲直りしようとしない、

ということと、

私が悲しい・仲直りしたい・どうしたらいいのか・気持ちが沈んじゃう、

と思うこととは、

別の話なんです。

 

彼が不機嫌になったままだからといって、

私が悲しくなったままでいないといけないわけじゃないんです。

 

イエス・キリストも言ってるように、

カエサルのものはカエサルに、神のものは神に、返しましょう。

ってことなんです。