読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

私のせい?彼のせい?誰のせい?相手のせい?悪いのは誰?私?

 

一昨日の続きのような。

(『自分が悪いのかな自分のせいなのかなとモヤモヤしたり嫌な気持ちになったり』)

 

それは、

誰のせいでもないとも言えるし、

誰かのせいとも言えるし、

自分のせいとも言えるし。

 

それは見る角度によって変わるものです。

 

だけど、

「自分のせい」「自分が悪かったのか」「私はどうしたらいいのか」

というベースを持っていると、

自分の中で問題がこじれるんだと思うんです。(笑)

 

例えば、

私が昔、セックスレスで悩んでいた時。

 

当時の私は自己肯定感のかけらもなかった。

だけどスピリチュアルや心理学の知識ばかりはたくさんあって、

何でもかんでも自分のせい(自分の内側のせい)だと思って、

迷走しまくっていました。

 

だから、

セックスレス解消のために、

色々調べたり本を読んだりネットサーフィンしたりしても、

 

彼をその気にさせられないのがいけないとか、

だからその気にさせるにはとか、

魅力がないのがいけないとか、

雰囲気づくりをしましょうとか、

テクニックを磨きましょうとか、

旅行など環境を変えましょうとか、

カップルカウンセリングを受けましょうとか、

 

そんなのばっかり。 

 

で、

できるところからやってみても、

全くもって状況は変わらないし、

 

彼(当時の)には、

「責められてるみたいでしんどい」とか、

「なんで心のつながりだけじゃダメなの」とか、

しまいめには「心理学なんてくそくらえ」とまで言わる始末で、

 

なのに当時の私ときたら、

そういう風に言われる私が悪い、とか、

私のやりようが悪い、とか、

自分の内面との向き合い方が足りない、とか、

どうしたらいいの、とか、

思っていました。

 

まあ、 

彼に対して責める言葉は発していなくても、

セックスレス自体を責めるつもりはなくても、

心ではそりゃ責めていたとは思いますけど。

 

なんで向き合ってくれないの?!

なんで協力し合わないの?!

ってね。(笑)

 

でも今、当時を振り返ってみると、

 

「責められてるみたいでしんどい」

「なんで心のつながりだけじゃダメなの」

「心理学なんてくそくらえ」

 

などというセリフには、 

 

は? 心もつながってませんけど?

自分の心と向き合う勇気や、

彼女に心を開く勇気のない臆病者が、

何を上から物言ってんの? 人のせいにすんな!

 

・・・と思います。(笑)

 

だけど、

自己肯定感がないに等しく、自分に自信がない状態では、

こういう発想にならないんですよね。

 

そして今にして思えば、

セックスレスが問題だったのではなく、

 

お互いに心を開くことができない・しない・話し合えない

のが問題であり、

 

私に問題があったとすれば、

心を開いてくれない相手に対して、

何もかも(色んな状況や問題は)

自分の(内面の)せいだと思ってしまっていたこと。

 

だいたい、

「セックスレスという症状」の原因は、ひとつじゃない。

 

確かに、

一緒に暮らしたりして異性としての意識や緊張をなくしてしまって、

それが原因になるってこともあるとは思う。

 

そういう時は、

雰囲気づくりだとか環境を変えるとか女子力アップとか、

そういうのが効くかも知れませんが。

 

そうでない時は、逆効果にもなり得ることでしょう。

 

ちなみに、

当時の彼のセックスレスの原因は分からずじまいです。

(別れたくない!とゴネられた時ですら、

 彼はそのことには触れてこなかったし、

 私は別れを決意した時にはもうキスもハグもできないって思ってたし)

 

 

この記事では、 

私の昔のセックスレス問題を例にあげて書いていますが、

これ、何にでも当てはまると思います。

 

 

同じ「症状」でも、原因はひとつじゃない。

 

でも、どんな問題も、

辿っていくと、

「自己肯定感」の有無に辿り着くはず。

 

自分で自分を肯定していること、

自分で自分を大事にしていること、

マイルールがあること、自分に自信があること、

 

それが、

問題(と思えること)に対して、 

自分がどう感じどう対処するのかに、

大きくかかわってくるんだと思います。

 

(マイルール?なにそれおいしいの?については明日・・・w)