絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

心や気持ちは見えないし持てないけどある。電波も同様。ということは。

 

携帯電話やWiFiといった、

無線での通信って、

今や当たり前のように皆が使っていますけど・・・

 

すっごく不思議だと思いませんか?

 

一見、何にもないように見える空間、

たった今、目の前に広がっているこの空間にも、

 

目に見えないデータが、

無数に飛び交ってるってことなんですよ。

 

すっっっっっっっごい不思議です。

 

ブログやメールは、

「データ」を入力して作っているから「あるもの」と

認識しやすいですけど、

 

電話って、元データは声ですし。

今やこれだって、

Siriなんかの音声認識ソフトが普通に使われていますけど。

 

 

電波って、

見えないけど確かにあるものの代表かなと思います。

 

一方、

心や気持ちって、

見えないけど不確かなものの代表ですかね。

 

でも、

不確かではありますが、確かにある。(ややこしいw)

 

心や気持ちがあるから、

嬉しかったり悲しかったり腹が立ったりする。

 

現状は、

見えるデータに変換する技術はないけれど、(不確か)

あるのはある。(確か)

 

 

これらを総合して考えると、

以心伝心という通信もまた、

不確かだけど確かにあるものなんだろうなあ、と思います。

 

不確かな技術だけに、

通信の確かさは各自のスキルに依存する、

って感じかな? (ややこしい!w)

 

ややこしいしオタッキーな文章ですみませんww

 

要は、

 

心や気持ちは見えないし持てないけれど確かにあるもので、

声や無線通信や電波も同様である。

 

ということは、

 

心や気持ちが、

そこここに飛び交っていることもまた、確かであろう。

 

であるからして、

 

お祈りや、相手を想う気持ちも、

(良きにつけ悪しきにつけw)

伝わったり伝わってきたりするものであっておかしくない。

 

と思われる。

ということです。

 

あっ結局オタッキー的文章?w

 

私達は、意識するしないにかかわらず、

確実につながっているんだろうな、

ということであります。

 

だからどうってこともないんだけどね。

 

どうってことを書こうと思ってたんだけど、

書いてるうちにどうでもよくなっちゃったw

 

でもやっぱ書いておこう。(どないやねんw)

 

 

相手を想う気持ちは確かに存在して、

それが相手に届くことも確かだと思う。

(通信される・送信されることは確か)

 

だけど受信されるかどうかは分からない。

(受信機能がない・受信拒否など、理由は分からないけど)

 

LINEやメールのデータと一緒だね☆