絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

運命や使命はあるのか。あるとしたら自由意志はどうなるのか。

 

それまでは、

思おうとしても思えなかった(納得いかなかった)のですが、

 

 

自分を許し、愛し、全肯定し始めたあたりから、

転機4~6のあたり)

そうなんだろうなあと納得し始め、

 

大転機を経て、

本当のありのままの自分を認められて、

やっぱりそうなのかな~と納得したことがあります。

 

それは、

 

『運命100% = 自由意志100%』

 

ということ。

 

(この概念は、

 『輪廻転生を信じると人生が変わる(山川紘矢)』

 という本で知りましたが、

 ソースは別にあるようです。気が向いたら調べます。)

 

言い換えると、

 

自分に起こることは、全て、自分にとって最高のことであり、

最高のタイミングで起こっている。

そして、それらへの自分の対応もまた、常にベストである。

 

ということ。

 

 

『自分の思う通りに生きる』とは、

自分の人生はこうだ! 私はこうしたい! こうする! ああする!

と、迷いなく進めている状態だけでなく、

 

これでいいのか? 合ってるのか? どうしたらいいのか?

なぜこんなに苦しいのか?

と、悩みまくり迷いまくり、もがき苦しんでいる状態も含むようです。

 

 

人より遠回りしている(ように感じる)自分も、

人より迷走しまくっている(ように感じる)自分も、

人とぜんぜん違う道を歩んでいる(ように感じる)自分も、

迷い悩みながら自分の思う通りに生きていて、運命通り・・・

 

そう思うと、

そう思うようにすると、

そう思えるようになってくると、

 

迷ったり悩んだりしていても、同時に、

 

私、間違ってないよね、

私のやりたいようにしていいんだよね、

私がしたいと思ったタイミングがその時なんだよね、

タイミングを誤るってことはないんだよ、ね、

 

自分の思う通りにすることが、自分の運命通りなんだよ、ね。

(結果がどうあれ。意図と違っても。)

 

とも思えるようになって、少しラクになりました。

 

それまでは、間違うのが怖くてしょうがなかったのです。

 

でも、

 

全てがベストタイミングで動いているということは、

ジタバタしてもしょうがない。

動かそうと頑張っても、動く時を待っていても、

その時(結果)は同じなのかも。

 

それに、いいことだと思ったことが本当によくて、

悪いことだと思ったことが本当に悪かったのかも、

それが本当にそうなのかどうかも立証しようのないことなんだから、

だったら、いつもベストタイミングってことで問題ないのでは。

 

と、

頭ではなく心から思おうとできるようになったら、

怖さがだんだん薄らいで、肩の力が少しずつ抜けていきました。

(心の力、かな?)

 

それまでは、

 

自分が、自分のやることが、タイミングが、

間違っていないかどうか、合っているかどうかが、

それが気になって不安で心配で怖くて、

そこにエネルギーがいってしまっていました。

 

でもそこにエネルギーを使う必要がなくなって、

不要な力が抜けたのか、とてもラクになりました。

 

その時の自分にとって嫌なことが起こった時は、

もちろんヘコみますが、ヘコむ時間が相当短くなりました。

 

何をするにしても、

自分がしたいと思ってする時が、

ベストタイミングだから大丈夫だと思い直すことができるし、

 

何が起こっても、

自分にとってベストなことが、

ベストタイミングで起こっているはずだと思い直すことができるから。

 

そして、そうしているうちに、

たぶんその抜けた力で、

他の能力(?)が発揮できるようになってきました。

 

転機1~3の頃までは、

決めて、決め続けて、実行して、実行し続けて、

という風に、

心に体がついてくる、という順番だったのが、

 

やろうかな、どうしようかな、と思いながら、迷っているくせに、

やる方向に体が動いていたりすることがあります。

 

例えば、

 

休みの日に、ジムに行こうかなあ、めんどくさいかな、サボろうかな?

と考えているくせに、

体はどんどんタオルや飲み物を用意したり着替えたり、

しているのです。

 

タロットのレッスンさぼろうかな?って考えながら、

カードやレッスンノートをカバンに詰めていたり。

 

あるメールを送ろうかな? やめとこうかな? どうしよう?

と考えているくせに、体はメールを書き始めていたり。

 

その自分の行動で、

 

あ、行くんじゃん。やるんじゃん。( ̄▽ ̄)

 

って気付いたりするようになりました。

 

さらに進んで、

 

これ言おうかな? 言わないでおこうかな?

言ったほうがいいのかな? 言わないほうがいいのかな?

と考えているのに、

あ・今(が言う時だ)。って思ったり、

言わなくていい。って思ったりも、

するようになりました。

 

天のタイミングを、天を信じて、

天に委ねて生きられるようになってきた、

ということでもあるのかな~と思います。

 

はじめのうちは、

自分にとっての重要事項に関しては、

大きく構えていられなくなって、焦っていらいらしたり、

うまくできない自分に腹を立てたりしてましたけど。

(だからこそ大転機につながったのかな)

 

そして、

この、自分の思う通りに生きていることが、

全てがベストタイミングで動いているということとイコールであると

納得でき始めていた時、ある友人の近況を聞きました。

 

その友人からは、

その1年前に息子さんのことでグチを聞かされていて、

 

その時の私はまだ

『(私は)彼も、誰も、(私が)癒さなくていい』という

気付きに辿りついていなかったので、

 

グチるならもっと他のアプローチもあるのでは・・・

友人自身(の内部にあるもの)が、

『息子が問題』という形で現れてるのでは・・・

 

でもそんなこと言えない!

 

などと思っていたのです。偉そうにも。

 

それが、1年後にその話を聞いたら、

半年前に解決していたとのことで、驚きました。

 

半年前のある時、

息子さんと話し合った時に解決したそうなのですが、

それまでも全く話し合っていなかったわけじゃないのです。

 

だからその話を聞いた時、

 

やっぱり、『時がきた』ら、『そうなる』のかも。

やっぱり、動かそうと頑張っても、動く時を待っていても、

その時(結果)は同じなのかも。

 

と思いました。

 

その友人はきっと、

『グチは言うけど、愚痴りながら、時を待つ。』

というタイプなんだと思います。

 

別の事柄でも、同じような望みの叶い方をしていたので。

 

冒頭に書いたように、

私はこの『運命100% = 自由意志100%』ということが、

過去から現在までの自分を全て、

許して、認めて、肯定できるようになってきたら、

急に何となく心で分かるようになってきました。

 

それは、

 

今までの自分も、今の自分も、全てOK。

今までの自分の選択も人生も、今の状態も、全てOK。

 

それなら、、、

 

これからの自分も、きっと全てOKに決まってる☆

 

ということなのかも知れません。