絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

「愛されている自分」を信じるには

 

信じられないのは「彼」じゃなくて「愛されている自分」

だって言うけど、

じゃあどうしたら「愛されている自分」を信じられるって言うのよ!!ヽ(`Д´#)ノ

「信じようとしてみる」ってどういうことよ!!ヽ(`Д´#)ノ

 

 

っていう質問を頂きました。(テレパシーでw)

 

私のやり方は、こうです。

 

愛されていない、というような考えが浮かんだ時に、

そういう考えでぐるぐるしてしまった時に、

そういう自分に気がついて、

「そんなわけない」とか「大丈夫」とかって自分に言って、

その考えを、ぐるぐる考えるのをやめるんです。

 

「理由は分からないけど、根拠も分からないけど、大丈夫。なはず」とか。

「とりあえず、考えるの、やめる」とか。

 

お祈りやアファメーションをし続ける、のもいいのですが、

信じることができないでいるお祈りやアファメーションは、

余計に苦しくなったり空しくなったりして、続かないと思います。

 

そして続けられない自分が嫌になって、悪循環に陥ったり。

 

どっちみち、

お祈りやアファメーションをしようがしまいが、

嫌なこと、考えてるはずです。( ̄▽ ̄)

嫌な考えの中で、ぐるぐるしてるはずです。

 

だから、

自分の思考に注意するようにして、

 

彼が疑わしい言動をしているように感じる、ってぐるぐるしたり、

愛されてないんじゃないか、ってぐるぐるしたり、

大事にされてないんじゃないか、ってぐるぐるしたり、

 

そういう自分に気がついたら、

自分に言い聞かせるんです。

 

「そんなわけない」

「"私は愛されてる” んだから、大丈夫。なはず」

「大丈夫」

「とりあえずぐるぐる考えるのやめよ」

「根拠はいらないの!」

「手放しで信じてみよ」

 

って、ぐるぐるしている自分に気がつく度に。

 

始めのうちは、それこそ四六時中かも知れません。

結局、一日中お祈りやアファメーションしてるのと同じことなんです。

 

やってみて下さいね☆

 

やってみようと、してみて下さい。

し続けようと、してみて下さい。

 

自転車に乗れるようになるためには、

泳げるようになるためには、

練習あるのみです。

 

できなくても、ヘコみすぎない。

できるまで、できなくて当然じゃないですか?

できるまではできなくていいんです。

 

できるようになるまでやるかやらないか、

できるようになるまでやりたいかやりたくないか。

 

「できないで試行錯誤する時間も、必要な時間」

「何でかはわかんないけど、これも必要な時間」

「自分にとってベストなことが起こっているはず」

「まだ "その時期" じゃないだけ」

 

って、自分に言い続けてみて下さいね。ぐるぐるする度に。

 

「彼の言動」にフォーカスしないで、

「自分の思考や感情」にフォーカスしてみて下さい☆