絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

彼と同じ土俵で勝負しないで、彼とのあれこれを楽しむ

 

この記事は、

彼が大好き、だけど苦しいとか別れたほうがいいのか悩むなら

そんな彼と付き合っている自分、そんな彼を好きでいる自分を、許す

の続きです♪

 

2.彼と同じ土俵で勝負しないで、彼とのあれこれを楽しむ

そんな彼、

冷たくされる彼、

心を開いてくれない彼、

向き合ってくれない彼、

友達にも別れたほうがいいよって言われる彼、

 

そんな彼が今は好きで別れられなくてあきらめられなくて、

 

だって好きなんだもんー! 号(┳◇┳)泣

 

と、付き合いを続けるならば、

それを「苦しい恋」と決めつけずに、楽しむ方向で考えましょう。


ま、簡単にはできませんけども。( ̄ー ̄)ニヤリ


彼と同じ土俵で勝負していては、それはできません。


ちょっと抽象的にしか説明しづらいのですが。


「世間一般的」ではない彼と一緒にいるのならば、

「世間一般的」ではない対応をしたほうがいいんです。

「世間一般的」ではない彼が、今は好きならば。

 

彼と同じ次元にいては、対応できません。

彼に直接働きかけるのも、あまり有効ではありません。

 

彼とは違う次元で。

自分の次元で。

 

彼が囲碁をしかけてきても、自分はオセロをするのです。

彼が将棋をしかけてくるなら、自分はチェスをするのです。

 

彼とのそれを、楽しむと決めるのです。

彼が好きなのならね。


難しいよ。

簡単ではないと思います。


抽象的すぎるかも知れませんが、

これを意識していると、少しずつ分かってくると思います。

 

時間はかかるかも知れません。

(私は数年かかったし、その間めっちゃ泣いたよw)

 

無理に具体的に説明すると、

彼が自分を突き放したり惑わすようなことを言ったりしたりしてきても、

「深刻に受け取らない」とか。

 

彼の言動を、面白おかしい方向で捉えたり、とか。

(彼に対してそう言っちゃダメですよ!)

 

なのですが、

彼に直接働きかけるわけではないのです。


彼に直接あれこれ働きかけることは、

「彼がおかしいんだから彼が改めればいい」と考えるのは、

囲碁に囲碁で、将棋に将棋で返しているのと同じことです。

 

・・・こんなのめんどくさい?

 

なら、

彼を好きでいるのはやめて、

他にいい人探しましょうか? ( ̄ー ̄)ニヤリ