絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

転機7:物理的にも居心地良くした

同じ頃、また断捨離をしようと思いました。

 

今度は、3回目の断捨離です。

 

徹底的に物を減らして、必要最小限にして、
いつでも身一つで引っ越せるぐらいにしようと思いました。

 

 


2回目は、
元彼と別れて引っ越した後、まだ物があふれていて狭かったので、
<次に引っ越した時用>にと思って置いていた家電を手放しました。
(今考えるとほんと要らない物と思考ですね)

 

本も、まだまだ溢れてました。1回目であんなに処分したのに。
心理学やスピリチュアルもくそくらえ的なやさぐれ感もあって、
そういう類の本を、ほとんど処分しました。

 


そしてこの3回目は本当に色々と思い切りました。

 

本やCD、DVD。
もうダンボール4~5箱しか残っておらず、

もう本当に手放せないものしか残っていないはずだったのが、

 

友人の、

「本は要らないだろ。身一つ引越しのジャマでしかないだろ。」

の一言で目からウロコが落ち、

 

ダンボール1箱にしよう!! (。・`Д・´)

 

と決意し、(それでも邪魔は邪魔ですね!笑)
ダンボール箱ひとつに入る以外は、思い切って全部売り飛ばしました。

 

ちなみにここで生き残った本は、

 

BASARA(田村由美)
フィーメンニンは謳う(山口美由紀)
ガラスの仮面(美内すずえ)
エースをねらえ!(山本鈴美香)
竜の棺(高橋克彦)
霊の棺(高橋克彦)

 

で、私の座右の書といえます。(ほぼマンガ!笑)

BASARA以外は文庫なのが、ダンボール1箱に収まった理由です。(笑)


この3回目の断捨離で発見したのは、

『要らないもの・捨てられるもの』

という観点で見ると、手放せるものはもう何もないように思えても、

 

この箱に収まるだけにする。
この場所に収まるだけにする。

と決めると、手放せるものが見えてくるということです。


売り払った本や、
CDのダンボール箱分の余裕ができた押入れの中からさらに、

 

使わなくなったタワーPC、
滅多に出番のない脚立やキャリーカート、
きっともう弾かないギター、

といったものは当然処分しましたが、

 

次に、

部屋に置いていた洋服かけ(ポールスタンド)、
ベッドの下に置いていた衣装ケース、
机の下に置いていた小さな本棚、
玄関に置いていたカラーボックス、

といった収納グッズをまず撤去して置き場所をなくし、

 

物入れに突っ張り棒をして、

ここに入れられるだけの洋服と物だけ残してよし。

と決めました。

 

そうすると要不要の判断がしやすくなりました。

 

洋服も、着る服しか置いていなかったつもりだったのですが、
まだまだでした。

 

普段着や会社着にするのはもったいない、
と思って着ていなかった服を着ることにして、

 

もう大分くたびれていたけど、
もったいない服を着るのはもったいないと思って着ていた服は、
この機会にさよならし、(なんという言い回し!わかる? 笑)

 

好きだけど着る機会のなかった服は、
捨てるに忍びなく友達にもらってもらいました。

 

同じような観点で、
使っていないものをどんどん処分していきました。
捨てたり売ったりもらってもらったり。

 

とことん持ち物を減らして、

そして部屋が広くなったら、

大掃除がしたくなりました。

 


それまでずっと、
私は自分の部屋があまり好きではありませんでした。

 

もう3年近く住んでいたのに、、、
3時間で決まった、奇跡の部屋(笑)なのに、、、
(この話はまた別の機会に⇒『私は私。人は人。自分は自分のやり方でいい(1)』)

 

というか、

築年数が古くて、外観や内装はキレイにしてくれているものの、
配管や設備やベランダ等が、キレイ好きの私からするとあまりキレイでないのが、
イヤだったんです。(昔は潔癖症だったほどキレイ好きなので・・・)

 

だったらもっと早く何とかしろよって感じなのですが、
そこはほら、

 


この部屋は、
何もかもがうまくいき始めたら引っ越す予定の
仮の部屋。

 


とか思ってたので、(お部屋さんごめんなさい。涙)
見て見ぬ振りをしていたのです。

 

といっても私はキレイ好きの掃除好きですから、
他人からはキレイにしていると思われていたと思いますが。
(というほど他人を呼ぶわけではないけど。笑)

 

そこを、
今回は徹底的に、隅から隅まで大掃除しようと思いました。

 

仮の部屋であっても、(まだ言うか。笑)
いつまでお世話になるか分からないけど、
気持ちよく過ごせるよう、徹底的にキレイにしようって。

 

ベランダ、網戸、窓、玄関、
排水溝、トイレ(タンクの中まで)、お風呂場、

気になっていたけど見ぬ振りしていたところを、徹底的に。納得いくまで。

 

ぴかぴか☆って思えるまで。

 

途中でくじけそうにもなりましたけど。

 


やってもやっても終わらない。
ひとつキレイにしたらまた違うところが気になる。
こんなに頑張ってるのに。
いいとこまではいくけど、それ以上はいけない。
まるで私の人生と一緒・・・ッ! 号(┳◇┳)泣

 


って。(笑)

あほですね。いや真剣でしたのよ。おほほ。

 

それでも大掃除はどんどん進んでいって、
(ちゃんと終わってるし。泣いたくせに。笑)

 

カーペットも毛羽立ち始めていたので、新しくしました。


そして、

 

大物を処分したあとぐらいから、
部屋の空気が変わったことは感じていたのですが、

 

この大掃除が終わったあと、

ひどかった結露がなくなったり、
切り花が超長持ちするようになったり、

 

空気だけでなく『気』が変わったような感じがしました。

 

朝日が射し込む時、神々しさすら感じるようにもなりました。

 


もちろん、
あんなにイヤだった仮の部屋(まだ言うか!笑)は、
居心地のいい大好きな部屋になりました。

 

お風呂も狭くてキライだったのですが、
最大限広く使えるように工夫して、快適な空間になりました。

 


その大掃除が終わって以来、
簡単な掃除を毎朝か1日おきにはするようになり、(玄関必須!)
排水溝もマメに掃除するようになりました。

 


越してきてから3年ずっと懸案事項だったことが片付いたわけでもあり、
心身ともに相当すっきりしました。