絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

転機4:自分を愛するしかなくなった

決めて、行動して、

迷いながらも、苦しいながらも、
決め続けて、行動し続けて、


そして新しい彼氏ができました♡

めでたしめでたし。

 


・・・とは、いきませんでした。全く。orz

 

 


よく聞くじゃないですか。

長年付き合った人と涙を飲んで別れたら、
電撃結婚することになった。とか、
何もかもうまくいき始めた。とか、

 

とかって。

 

元彼との別れを決めようとしていた頃、
ネットでそういう話を探して読んでは自分を勇気づけていました。

このつらいのを乗り越えたら、きっと! だから頑張れあたし!

 

って。

 

でも私の場合は、
長年(10余年!)付き合った人と超頑張って別れたけど、

 

新しい彼氏ができたのはそれから2年半も経ってからだったし、
とんとん拍子に付き合い始めたわけでもなかったし、

 

むしろ付き合い始めてから、

え? 神さま、なんか間違ってなくない?? (;∀;)

と聞きたくなる日々でした・・・。

 

なぜなら、
元彼と付き合っていた時に感じていた、

疎外感、孤独感、
無力感、無用感、無価値感、

 

そういった苦しい感情を、
またまた感じることになってしまったのです。

 

彼達の具体的な言動は違っても、
私の置かれた状況は違っても、

私が感じる感情は、全く同じでした。

 

しかも、
元彼の時より10倍ぐらい増幅して感じられました。

 


恋愛初期のラブラブ嬉しい楽しい期間は、
新しい彼、皆無。(今思うと2週間くらいはあったかな?笑)
でも元彼の時も、3か月もあったかなかったか。

 

付き合った直後から、「好きだよ」って言ってるくせに、
私が彼に近付こうとすると(心理的に)、
私を寄せ付けない言動をするように感じられて、
そして私は疎外感やみじめさを感じて苦しみ始めました。(;∀;)

 

大事にされていない感じもするし、
もしかして遊びなの? みたいな会い方するし、
私のことを好きだって言うのに、
全身で全力で拒否されているように感じるし。

 

苦しくて苦しくて、いっぱい泣きました。

 

話を聞いてくれた人達は、だいたい、

「別れたら?」って言いました。

 

「だまされてるんじゃないの?」

って言う人もいました。

 

よくて、
「ルクスちゃんがいいならいいんじゃない? 自分の人生だよ、よく考えて。」
でした。

 

私だって、思いました。

 

元彼との別れを決めたあたりから、
ほんとにほんとにほんとーーーに本当に頑張ってきたのに、
自分を色々変えてきたのに、

なぜ? って。

 

しかも、前よりひどくなってる。
なぜ、『彼』はパワーアップしてるの??? って。

 

でも、
自分の目に映る世界は、自分の内側の反映である。
自分の環境や他人の言動は、自己の投影である。
とも思っていたので、

 

やっぱり自分の内側を見てなんとかしないといけない、
自分の何かを癒さないといけない、
でないとまた、同じような思いをする『彼』に出会ってしまう。
と思いました。

 

だからやっぱり、
「別れたら?」とは言わなかったのは、

彼と付き合うことへ導いてくれたタロットの先生(女)と、
彼の言動の心理的理由を教えてくれたカウンセラー(男)と、
習っていたタロットの先生(男)だけ。
(このタロットの先生達は別人です)


付き合うに導いたタロットの先生(女)はひどいことに、

付き合うようけしかけていた時は、
「彼はレベルが高い人だよ」って言ってたくせに、

 

私がつらくて苦しみはじめたら、
「私の現状レベルで引き合った人なんだから仕方ないんじゃない?」
(=もっと自分の内面を改革しなさい)
と言いました。

 

頑張ってるのに傷つく言い様・・・
(頑張らせといて無責任じゃん?)

 


心理的理由を教えてくれたカウンセラー(男)は、

「彼の、付き合いが深くなるほど人を寄せ付けなくなる言動は、
 心の奥底に傷を持っている怖がりさんだから。癒してあげて。
 ルクスさんはその力を持ってるから。」

と教えてくれたものの、

 

「自分の幸せを優先していいんじゃない?」
「別れを告げたらもっと彼を傷つけるとか考えなくてもいいよ。」

とも言いました。

 


習っていたタロットの先生(男)は、

「まーた難しい人を好きになっちゃいましたねえ。
 僕は無理だわー(笑)」

といつも言っていました。

 


そしてなのに、苦しくて苦しくてたまらないのに、

なぜか、天からのサインは、常に、ずっと、
『彼で大丈夫。』

 

なぜか、私が選択し続けてしまうのは、
彼を愛し続けること。(=彼を選び続けること)


付き合って半年ほどの間に、
彼の言動は変わらないのに、(愛情がないわけじゃない、のは感じられた)
私の中身はどんどん変わっていきました。

 

色んな思い込みや願望を手放し、解放し、
彼を癒そう、愛そう、と頑張りました。

悩みながら、苦しみながら、泣きながら。
(そんな私を見て、余計に、別れろ別れろと言う皆様。愛よね。涙)

 

でも、状況は変わらない。

 


どうしたら自分の内面を変えつつ自分を幸せにしつつ、
彼を愛し癒し幸せにできるんだろう。
(ほんとにそんなことできるんだろうか)


と考え続けていたある日、

そう考え続けていた会社帰りの電車の中で、

 

突然、


『誰も癒さなくていい』
『誰も癒す必要はない』


という考えが降って湧きました。

 

本当に突然でびっくりして、

でもその途端に、

肩の荷が下りたというか、

本当に実感として、
肩や背中のあたりから何かがなくなった感じがありました。

 

感覚として、
何もすることがなくなったような、何か忘れてるような、
感じがありました。

 


私は誰も癒さなくていいんだ。
私は自分も誰も癒さなくていいんだ。

 


ものすごい解放感でした。

 

今までに学んだりしたどんなセラピーやヒーリングでも、
そんな解放感を感じたことはありませんでした。


じゃあどうしたらいいの? 何したらいいの?


自分を大事にしよう。
自分を許そう。
自分を認めよう。
自分を甘やかそう。

自分を愛そう。


今までもそうしてるつもりだったけど、

もっと。

もっともっと。