絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

自分を変えたい。変えなきゃ。ではなく、自分の性質と共存する

 

「自分を変えよう」とか、

「変えなきゃ、変わらない」とか、

 

それはそうなんですけども、

 

「変える」のは自分そのものではなく、

捉え方、見方、考え方。

 

自分そのものを変えようとするから、

苦しいし、しんどいし、そして変わらないし。

 

だって、

自分そのものっていうのは、

生まれ持った性格や気質ってことであり、

生まれ持った体質と同様に、

人それぞれだし変えようがないと思うのです。

 

努力で多少は変えられるかもしれない。

 

だけど、

たくさん食べてもそんなに太らない体質とか、

食べたら食べただけ太る体質とか、(こっちが主流だねw)

 

背が低いとか高いとか、

牛乳たくさん飲んだから背が伸びたとか、んなワケないっしょw

若白髪とか若ハゲとか、くせ毛とか直毛とか、髪の色合いとか、

海藻たくさん食べたからとか食べなかったからとか、そんなワケない。

肌が強いとか弱いとか。

アレルギーとか。

 

こういった、体格や体質のような千差万別のものを、

変えようとするとすごく大変であり、大変なわりにそんなに変わらない。

万人に共通する変え方も、ない。

筋トレだって、自分に合った方法が必要だし。

 

性格や気質も同じ。

 

経験(場数)を重ねることで、慣れて「変わる」ことはあるかも知れない。

運転が怖いとか。

でも、

元々の怖がりは、それとは別。

 

で、

何が言いたいかというと、

 

自分そのものである持って生まれた性質や気質は、

変えようとするのではなく、

それと共存し、それを活かす方向で考えたほうがいい。

 

ということなのです。

 

私は怖がりのチキンなのですが、w

もともと怖がりなのに、

怖がるのをやめよう!やめたい!と思っても、無理なんですよ。

そういう努力は、しんどくて苦しいだけ。そして変わりませんw

 

「怖がり」そのものをなくそうとするのではなく、

怖い対象に対して慣れる努力をするなり、

怖い原因に対する対処法を考えたり、

「怖がり」と共存し活かす方法を考えるほうが、

自分らしくいられます。

 

例えば、

 

運転を始めた頃は、

運転そのものが怖かったりスピードが怖かったりしましたが、

何度も何度も運転することで、

(=怖い対象に対して慣れる努力)

運転操作に慣れたりスピード域に慣れ、怖くなくなりました。

 

これは、

元々の怖がり+経験不足による怖さ=めっちゃ怖い

という公式で表せますw

 

で、運転そのものやスピードは怖くなくなっても、

公道を走ることは、昔も今も怖いです。

 

当初よりは怖くないですが、

それは、

めっちゃ怖いー経験不足による怖さ=元々の怖がり

になっただけなんですね。

 

公道で何が怖いって、

みんなが同じモラルを持っていないというところです。

 

飛び出す自転車、信号無視する歩行者、

急に割り込んだりブレーキ踏んだりする車、

バカみたいなスピード出す車、などなど。

 

これらが怖くなくなることは、私はきっとないでしょうw

 

だから私は、

飛び出しが多そうなところではスピード出さないようにしたり、

先頭にならないようにしたりします。

頭悪そうな危ない運転をしている車がいたら、距離を取ります。

 

そうやって怖い対象に対する対処法を考え実践し、

元々の怖がりと共存して、怖さを軽減させています。

 

 

色んな気質や性質があると思いますが、

変えたいのに、変えられない、苦しい、しんどいのは、

それは「自分そのもの」だからだと思います。

 

自分の性質・気質を、自分そのものを、

肯定して、

活かすにはどうしたらいいか考えてみましょ~