絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

おすすめしないこともないスピリチュアル(心理・精神世界)本ランキング77

私がおすすめしないこともない(だって感じ方は人それぞれだから)
スピリチュアル(心理・精神世界)本を、77種類紹介してみたいと思います。

1作者につき1選で、カテゴリ別で紹介したので、
ランキング順には並んでいません。カテゴリも独断と偏見です。
(ランキングも今の私の主観でしかないですし、あいだのほうは適当っていうかなんていうか

ではいきましょう♪

▼もくじ

  1. 身体と心・言霊
  2. 思考・自己啓発
  3. スピリチュアル・精神世界・瞑想
  4. チャネリング・天使
  5. ヒーリング・許し
  6. 引き寄せの法則・イメージング
  7. 愛・恋愛・結婚・AC(アダルトチルドレン)
  8. あとがき

▼身体と心・言霊

■人はなぜ治るのか―現代医学と代替医学にみる治癒と健康のメカニズム/アンドルー・ワイル(60位)

人はなぜ治るのか―現代医学と代替医学にみる治癒と健康のメカニズム

「病気の作因は病気の原因ではない」
ですよねー。

■変な人が書いた成功法則/斉藤一人(52位)

変な人が書いた成功法則 (講談社+α文庫)

ひとりさんの初期の頃の本は、好きです。
でも、ツイてる、と言い続けられなかったのはあたしw

■「そ・わ・か」の法則/小林正観(35位)

(文庫)「そ・わ・か」の法則 人生を輝かせる“実践方程式” (サンマーク文庫)

そ:掃除、わ:笑い、か:感謝です。それから「嬉しい」「楽しい」「幸せ」
『宇宙を貫く幸せの法則』とか、私は好きでしたけど。
でも「ありがとう」を何万回も言うというのは、できない人もいると思う。私みたいにw

■絶対、大丈夫! しあわせを呼ぶBook/藤大輔(22位)

絶対、大丈夫! しあわせを呼ぶBook

そしてこの著者は、「ありがとう」が何万回も言えちゃった人。すごいね~。
この人のきっかけも神秘体験だけど、この人の本やブログは嫌いじゃない。

■自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ/リズ・ブルボー(34位)

自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ

『<からだ>の声を聞きなさい』シリーズとともに、面白い本ではあります。
でも、私は2年ほどひどい湿疹に悩まされていたことがあったのですが、
結局代替療法では全く改善せず、軽いステロイドであっという間に治っちゃったのね・・・(;∀;)
ま、そんなこともある。

■水は答えを知っている/江本勝(33位)

水は答えを知っている (サンマーク文庫)

トンデモ本だと叩く人もいるみたいだけど、どして?やってみればいいのにね。
私は言葉の力を信じてるからやらないけど。←めんどくさがり(笑)
結晶の写真がキレイ♪

■プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬/ハワード・ブローディ(21位)

プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬

うそはダメ?嘘も方便?うまくいけばどっちでもいい。と思う。

■シンプルヨーガ/綿本彰(20位)

DVDで覚えるシンプルヨーガLesson

DVD付より、私はCDのほうが好き。

■クリスタルバイブル/ジュディ・ホール(17位)

新クリスタルバイブル (GAIA BOOKS)

パワーストーンの図鑑です。色んな色のクリスタルは、見ているだけでも楽しいですね♪
効能も色々。いいものはいい値段します。

■アロマテラピー図鑑―オイルとハーブの基本がすべてわかる/佐々木 薫(9位)

最新版 アロマテラピー図鑑―断然詳しい全148種掲載 アロマテラピー検定に役立つ! (主婦の友ベストBOOKS)

精油やキャリアオイル等の図鑑です。オールカラーで読んでて楽しいです。
私はアロマはずっと大好きです!いい匂いってほんとにリラックスしますし、
日常的に使い始めて15年以上経つ今、免疫力が向上したのか風邪も滅多にひきません。
『AROMA教科書 アロマテラピー検定1級・2級 合格テキスト&問題集』も、意外と分かりやすくて、
試験に受かった後もよく読んでいました。図鑑より扱う精油の数が少ないだけです。
アロマを学んでいた当時、
AEAJ(日本アロマ環境協会)のアロマテラピーインストラクターに1発合格したのですが(自慢w)、
現在は資格の更新はしていません。でも今でもアロマは大好き。

▼思考・自己啓発

■「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則/アーノルド・パテント(71位)

「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則

こういうお堅い本、好きです。(笑)
でも、発売当時の10年ちょっと前の私には、成功も幸せも手に入らなくてもがいてたなー

■「原因」と「結果」の法則〈4〉輝かしい人生へ/ジェームズ・アレン(66位)

「原因」と「結果」の法則〈4〉輝かしい人生へ

小難しい本、私は好きです。(笑)
手で机を上から押すと、手は机を突き抜けずに机に押し返される。それが抵抗。
って、分かったような分からんような、じゃあどうすればいいのか分からなかった過去の私。

■心屋仁之助の「ありのままの自分」に○をつけよう: 「感情」を出したほうが好かれるフシギ/心屋仁之助(59位)

心屋仁之助の「ありのままの自分」に○をつけよう (王様文庫)

心屋さんの本、嫌いじゃないんですけどね。『心屋仁之助の心配しすぎなくてもだいじょうぶ』とかも。
でも『ダメなあいつを、なんとかしたい!』や『「めんどくさい女」から卒業する方法』を読むと、
ダメンズウォーカーならぬダメンズメーカーな自分がダメだと思ってしまうと思う。
ありのままの自分に○をつけるんですよね?手放すのは、そのあとだと私は思いますので。
「どうせ愛されてる」とつぶやき続けるのはできない人も多いと思う。魔法の言葉はすごいとは思うんですけどね。
(関連記事『ダメンズウォーカーでダメンズメーカーな自分も肯定する』)

■夢を叶えるゾウ/水野敬也(50位)

夢をかなえるゾウ 文庫版

水野さんの文章は面白いよねw
ブログも面白いし。近頃は長文過ぎて全文読んでないけどww

■人生の答えはいつも私の中にある/アラン・コーエン(49位)

人生の答えはいつも私の中にある〈上〉 (ワニ文庫)

昔読んだあれこれは絶版が多いけど、文庫になっているものも多いのはいいですね♪
スピリチュアル系はちょっと、という人はこういう自己啓発系でどうでしょう。
結局は同じこと言ってるんですけどね。

■思考は現実化する/ナポレオン・ヒル(48位)

思考は現実化する〈上〉

今は文庫版もコミック版もあるみたいでいいね♪
昔は分厚くて重かった・・・分厚いのは好きなんだけどね。(笑)
自分会議とか、やったなぁ・・・(遠い目)

■鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール/野口嘉則(36位)

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

世界は自分の内側の反映だ、という考えに初めて触れるにはいい本かも。
でも親との対決とかはしなくていいし、許せないのに許さなくていい。
許す前には怒ることが必要。と今の私は思ってます。私は涙してませんw

■交流分析のすすめ/杉田峰康(30位)

交流分析のすすめ―人間関係に悩むあなたへ (日文選書)

ゲームとか人生の脚本とか。私はNG、あなたはOK、あなたはNG、私はOK、みんなOKとか。ストロークとか。
『ふれあいの心理学』も分かりやすかったと思う。
『ふわふわさんとチクチクさん』という絵本もあったのですが、絶版のようです。
私は交流分析のカウンセラーに嫌な目に合わされたので、好きじゃなくなってしまったのですが、
心のことが分かりやすい切り口だとは思う。男性向き&理論派向きかな~。

■さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる/エックハルト・トール(29位)

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

じゃあどうやったら悟れるの?っていう話です。
原題「The Power of NOW("今"の持つ力)」がその答えで「今ここにあること」なのですが、
それが簡単にできれば苦労しないっていうか、
序章で、著者がそこに至ったキッカケを読んで、結局は死に近づかないとダメなの?って思ってしまった当時の私。
私は『ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる』のほうが分厚くて好きでした。(笑)

■マザー・テレサ 愛の花束/中井俊已(28位)

マザー・テレサ 愛の花束 (PHP文庫)

どうでもいいけど、長生きすると、しわくちゃになってからの写真ばっかり使われるよね。
どうでもいいけど。いや、女子にはどうでもよくない!

■自分のまわりに「不思議な奇跡」がたくさん起こる!/ウェイン・ダイアー(27位)

自分のまわりに「不思議な奇跡」がたくさん起こる! (王様文庫)

『「いいこと」が次々起こる心の魔法』といい『9日間“プラスのこと”だけ考えると、人生が変わる』といい、
ほんとどれもこれも文庫になってていいですね♪
英語の原題としては、全ての問題にはスピリチュアルな解決方法があるとか、バランスを保ちなさいとか。
やっぱり言ってることは同じなんですけど。(笑)
奇跡的な解決方法が天から降ってくる(閃く)のを、必死で求めていた過去の私。(涙)

■オイドル絵っせい 人生、90歳からおもしろい!/やなせたかし(26位)

オイドル絵っせい 人生、90歳からおもしろい! (新潮文庫)

アンパンマンの生みの親のエッセイ。
講演会の朝に歯が折れちゃったけど・・・というエピソードなど、すごい人は自然とスピリチュアルに生きているよね。

■「脳にいいこと」だけをやりなさい!/マーシー・シャイモフ(25位)

「脳にいいこと」だけをやりなさい! : 心と体がみるみる元気になる生活術!  (知的生きかた文庫)

茂木さんの訳だけあって「脳」メインになっているし、
原著『Happy for no reason(理由なき幸せ)』を読んだ人からは総スカンをくらっているようですが、
私は面白かったです。続編の『確実に自分を変えていく法』も。
サリーの物語 ~「心の手術」で発見したもの、というエピソードが好き。原著にはもっと色々書いてあるのかな~

■探すのをやめたとき愛は見つかる―人生を美しく変える四つの質問/バイロン・ケイティ(23位)

探すのをやめたとき愛は見つかる―人生を美しく変える四つの質問

それは本当でしょうか?その考えが本当であると、絶対言い切れますか?
そう考える時、あなたはどのように反応しますか?それの考えがなければあなたはどうなりますか?
という4つの質問によって自分の思い込みを手放していく方法です。事象はひとつ、捉え方は無限。
セドナメソッドと似ていないこともない。
この本や『ザ・ワーク』など、続々復刊しているみたいでよかったです。

■投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待/マイケル タルボット(18位)

投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待

結局、誰が投影している宇宙なのかの結論は出ないまま。そりゃそうなんだけど。
でも分厚い本、私は好きなの。(笑)

▼スピリチュアル・精神世界・瞑想

■あなたは絶対!運がいい/浅見帆帆子(77位)

あなたは絶対!運がいい

軽~いスピリチュアル本で、ナウでヤングな女子には好まれているのかな。
でも私は、著者の「運がよくならないのは精神レベルが低いから」には賛同できないのよー。ムカつくのよー。(笑)

■イエス・キリスト失われた物語―聖書が書かなかった生と死の真実/フロリゼル・フォン・ロイター(73位)

イエス・キリスト失われた物語―聖書が書かなかった生と死の真実

ヴァージン・マリアやイエス・キリストに、人間臭さを頑張って出そうとしてた。うん。
こういう小説、私は好きです。

■生きがいの創造/飯田史彦(64位)

[完全版]生きがいの創造 (PHP文庫)

嫌いじゃないです。分厚いし。(笑)でもなぜ同じ本が何種類もあるのかは分かりませんでした。
『ソウルメイト』とか『ツインソウル』とか『ブレイクスルー思考』とかも、当時面白く読みました。

■なまけ者の3分間瞑想法/デイヴィッド・ハープ(58位)

なまけ者の3分間瞑想法

瞑想ができるようになりたかったけどどうしてもできなかった頃、
これなら!と思ったけど、結局どれもできなかった私。(涙)
色んな方法が載っているので、自分に合うものが見つかるといいですね!私は見つからなかったけど。
日本語が軽くてムカついたりもしたw
今の私は『瞑想は必要なのか。思考は悪なのか?』と思ってます☆

■聖なる予言/ジェームズ・レッドフィールド(57位)

聖なる予言 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

物語になっていると、入ってきやすい・・・はずなんだけど、シリーズ全部読んでも私には入ってこなかった。(涙)
でも小説仕立てというのが好きなの。

■「魂の目的」ソウルナビゲーション―あなたは何をするために生まれてきたのか/ダン・ミルマン(54位)

「魂の目的」ソウルナビゲーション―あなたは何をするために生まれてきたのか

誕生数(数秘)から知る魂の目的・・・なんですけど、私はあんまり数秘って信じてないんですよね。
自分や妹が当てはまらないから。でも本としては面白かったです。

■人はなぜ生まれいかに生きるのか―新装版・自分のための「霊学」のすすめ/江原啓之(53位)

人はなぜ生まれいかに生きるのか―新装版・自分のための「霊学」のすすめ

江原さんはスピリチュアルという言葉を浸透させた人なわけで、すごいですよね。私はこの一番初めの本が好きでした。

が、今の私は「人生は学び」「魂のレベルアップ」という考え方はしていません。主にこんな風に考えています。
運命や使命はあるのか。あるとしたら自由意志はどうなるのか。
人生に意味はあるのか。 ~ 生まれ変わりとか信じる?
人生とは何なのか。 ~ それは自分で決めていい
人生が何もかもうまくいく唯一の方法はあるのか。
生きる意味を考える。(答えは出ませんw)


■改訂新訳ライフヒーリングYou Can Heal Your Life/ルイーズ・ヘイ(47位)

改訂新訳ライフヒーリング(旧ライフ・ヒーリンク゛) You Can Heal Your Life

長らく絶版だったのに、復刊してよかったですね。
宇宙に委ね続けること、、、には意志の力もいる。ルイーズさんも意志の強い人。
『私はできる!すべてをかなえる「おまじない」』はアファメーション集です。
アファメーションは、できる人はできるし、できない人はできない・・・

■アウト・オン・ア・リム/シャーリー・マクレーン(45位)

アウト・オン・ア・リム (角川文庫)

もう有名すぎる本ですけど。アカデミー主演女優賞までとった女優の、精神的目覚めのエッセイです。
長い話ですし、序盤は不倫を正当化する話とも読めるので、ちょっとしんどいかも。
私はスペイン巡礼の「カミーノ」のほうが好きでした。

■脳いきいき 心を癒すマンダラぬり絵(43位)

脳いきいき 心を癒すマンダラぬり絵

塗り絵は楽しいんだけど、リラックスすること・瞑想状態になろうとすることに必死で、
リラックスもできず迷走していた過去の私・・・(涙)

■輪廻転生を信じると人生が変わる/山川紘矢(31位)

輪廻転生を信じると人生が変わる

スピリチュアル本・精神世界本の翻訳といえば、山川夫妻。
この本は、旦那さんの紘矢さんの精神的目覚めのエッセイです。
アウト・オン・ア・リムを翻訳するきっかけから、その後の精霊(スピリット)からの学びなど。
私が信じる「運命100%=自由意志100%」ということも書かれてあるのですが、根拠とかその説明はなし。(笑)
エリート様の自慢話と読める部分もあるけど、
「精霊が100%正しいわけではない。判断するのは自分。」という箇所はとても共感しました。

■あなたも作家になろう―書くことは、心の声に耳を澄ませることだから/ジュリア・キャメロン(6位)

あなたも作家になろう―書くことは、心の声に耳を澄ませることだから

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』のほうが有名ですが、
私は書くことが好きなので、こっちのほうが好きでした。モーニングノートは書く瞑想で、私には合っていました。
元々自分の思考をつかまえるのは得意でしたけど、モーニングノートを続けたことで、
それがさらに磨かれたと思います。思考と思考の間に浮かぶ閃きをつかまえることも。

▼チャネリング・天使

■魂の目的―地上に生まれたあなただけの理由/如月マヤ(69位)

魂の目的―地上に生まれたあなただけの理由

『アカシックレコード・リーディング―悠久の記憶から“いま”を読むために』もどちらも面白い本なのですが、
私はチャネリングスキルは身につかなかったクチです。(涙)

■神の使者/ゲイリー・レナード(68位)

神の使者

『奇跡講座(ア・コース・イン・ミラクルズ)』が翻訳されていなかった頃、そのガイドブック的な本が流行っていました。
奇跡講座はクリスチャンの「神」が先生、ガイドブックは「神の使者」が先生というわけです。
私が読んだものは絶版のようですが、こういう分厚い本、大好きでした。(笑)
ていうか、今どれも高くてびっくり。まあ、日本では売れなさそうな本だもんね・・・
欧米人と日本人は性質が違うし、日本人は「許す」前にまず怒らないといけないと思うの。

■神との対話/ニール・ドナルド・ウォルシュ(65位)

神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)

これも有名ですよね。人生のどん底で始まった、内なる神との文通の記録。とでも言いますか。
今はシリーズのかなりの本が文庫になっているようでお求めやすいですね!
しかもコミック版まで!Amazonのなか見!検索で見たら、主人公はニールさんじゃなくて日本人になってるw
どれも内容はいいのですが、私は日本語に翻訳されている「神」の口調があまり好きではありません。

■オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法/サネヤ・ローマン(55位)

オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法

『クリエイティング・マネー―光の存在オリンとダベンが語る豊かさへの道』とか、
本はどれも好きだったのですが、私はチャネリングスキルは開発できずじまいですw

■エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている/ドリーン・バーチュー(44位)

エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている

スピリチュアルに興味があって、天使やオラクルカード、ドリーン・バーチューさんのことを
知らない人はいないんじゃないかと思います。アメリカのサイキッカー。
『スピリチュアル・ガイド』は今は文庫にもなっていますねー。
でも、カフェインダメ・肉魚ダメ・ダメダメダメで疲れちゃいました。
私はコーヒーと共に生き、バレンタインにはダーリンにチョコレートケーキを作ってあげたい。
エンジェルカードは好き。でも数が多すぎw

■エンジェルミラクル/マーガレット・ネイロン(41位)

エンジェルミラクル

アイルランドのサイキッカー。
私が読んだのは『エンジェル・マジック―あなたの天使とコンタクトをとる方法』なのですが、絶版。
むかし頑張ったなあ私・・・(遠い目)

■あなたのガイドに願いましょう―聖なるサポートシステムにつながる方法/ソニア・ショケット(37位)

あなたのガイドに願いましょう―聖なるサポートシステムにつながる方法

この人もアメリカのサイキッカー。
オラクルカードは当初英語版しかなかったのですが、今は日本語版もあるようです♪
『第六感 ひらめきと直感のチャンネルを開く方法』とか、むかし頑張ったなあ・・・(遠い目)

■誰でもヘミシンク -サラリーマン『異次元』を旅する/まるの日圭(15位)

誰でもヘミシンク ?サラリーマン『異次元』を旅する

まるの日さんは努力の人。継続は力なり。朝から晩までヘミシンク。
記録をつけ、次に活かす。ヘミシンクのPDCAすごすぎる。
ブログも面白いです。『誰でもヘミシンク2-おもしろすぎるガイド拝見』も好き。
でも私は続けられなかった。根性ないの。(涙)いや、私にヘミシンクは必要なかったってことだな。

▼ヒーリング・許し

■シータヒーリング/ヴァイアナ・スタイバル(74位)

シータヒーリング

施術者が脳波をシータ派にし、存在の根源へ思考の書き換えを実行させるヒーリング。
文章にするとあやしいですね。(笑)この本が市販本として本屋さんで並ぶようになってびっくり。
思考、書き変わるのは書き換わります。でも、キリがなくて、私は好きでなくなってしまいました。
でも、私をカフェインダメ肉魚ダメダメダメダメから解放してくれました。

■エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう/ローズ・ローズトゥリー(62位)

エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう

私もエンパスではある。
けど、日本人の5人に1人といわず、日本人は空気読む民族なんだから、その素質はみんなあると思う。
で、私はその場や人の感情とか吸っちゃって、その能力をオフにできない自分がダメなんだと思ってたんだけど、
今は違う考えです。これが私のヒーリング能力でもあるのです。
吸っちゃったあと、天に丸投げするか寝るかシャワー浴びるかで、解決☆

■光の手/バーバラ・アン ブレナン(56位)

光の手―自己変革への旅〈上〉

チャクラとか、ヒーリングとか。著者はNASAの科学者からヒーラーに転身した人。
それだけに(?)続編『癒しの光』とともに、チョー難しい。
分厚い本が好きな私だけど、何だか文章に入っていけませんでした。でもベストセラーなのねー。どれも高いのにぃ。
再読してみようとは思うんだけど、この人も元々能力持ってる人だったからねー。

■もう、不満は言わない/ウィル・ボウエン(51位)

もう、不満は言わない

これも文庫に♪ラバーバンドを腕にはめて、不満を言っちゃったら反対の手首につけかえます。
私は続かなかったんですけどね。でもやっぱり、日本人は許す前に怒る必要があると思うし、
不平不満を口に出さなくても心の中に溜め込んでいたら、余計にストレスが溜まります。吐き出したほうがいいと思います。
でもこの本は嫌いじゃない。

■癒しの現代霊気法―伝統技法と西洋式レイキの神髄/土居裕(46位)

癒しの現代霊気法―伝統技法と西洋式レイキの神髄

レイキには色んな種類があります。全て大元を辿れば、明治時代の臼井さん(創始者)なのですが、
洋風和風の亜流がたくさんあります。土居先生は融合版かな。
サイトではその方法など様々な情報が公開されています。再受講は無料など良心的です。

■催眠療法レポートヒプノトラベル/榊めぐみ(42位)

催眠療法レポートヒプノトラベル 1 (ほんとにあった怖い話コミックス)

マンガで分かるヒプノセラピー(催眠療法)です。でも絶版のようです。ブックオフとかにあるかな??
実在の人ですよー。

■癒しの手―宇宙エネルギー「レイキ」活用法/望月俊孝(39位)

癒しの手―宇宙エネルギー「レイキ」活用法

レイキ(靈氣、霊氣、霊気)ヒーリングとは、日本発祥で日本国内外で発展・普及した代替医療、手当て療法です。
体の不調から、心の不調まで。
アメリカやヨーロッパなど海外では病院でも取り入れられ、保険もきくそう。すごいですよね。
私がレイキを知ってから10数年経った今でも、日本ではあやしいままですもん。

■生まれてきて、よかったね!/越智啓子(38位)

生まれてきて、よかったね!―Dr.啓子の愛と笑いのクリニック

私はこの本で、AC(アダルトチルドレン)である自分のことを「虐待の連鎖を断ち切る子供」なんだと納得することができました。
葉祥明さんのカバーイラストがステキ。主に前世療法の『生命の子守歌』も好きでした。

■人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド/ヘイル・ドゥオスキン(11位)

人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド

セドナメソッドとは、思考や感情を手放すためのメソッドです。
手放す。何もかも手放す。手放して手放して手放しまくります。
私ルクスのキャッチ&リリース(『手放す前にすること ~ 手放すことが大切??(2)』参照)と似てるな、と。
これは出版当初の7年前から今でも好き。でもね、私の方法のほうがいいと思います。(自画自賛w)

■魂の伴侶 ― ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅/ブライアン・L. ワイス(8位)

魂の伴侶―傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅

ヒプノセラピー(催眠療法)の第一人者、ブライアン・ワイス博士のこの本を読むと、
ソウルメイトに出会いたい、そうすれば何もかもうまくいく、ラブラブな人生が送れる、って勘違いしちゃう。
ソウルメイトに出会いたくて死にたくなる。
けど、今の私は思う。全ての恋人達はソウルメイトなのです。出会った人はみんな、運命の人なんです。
「前世療法 ― 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘」「前世療法②―米国精神科医が挑んだ、時を越えたいやし」
も合わせてどうぞ。これらを読むとヒプノセラピー(催眠療法)を受けたくなっちゃうかな?でもすぐ寝ちゃったりするよ。
(関連記事『ソウルメイト(運命の恋人)をあきらめられますか? ~ 恋愛って何だろう(5)』)

■ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない/ジェラルド・G. ジャンポルスキー(4位)

ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)

許しましょうと言われてハイそうですかと許せるわけないです。許す前に、怒っている自分に気がつく必要があります。
というより、許すのは、自分なんです。自分が一番腹を立てているのは、自分なんです。
自分を許す前に、他人を許さなくてもいいと、私は思います。
(関連記事『転機5:自分を許し始めた』)

▼引き寄せの法則・イメージング

■幸運予告 世界一ハッピーなこれが本当の惹き寄せの法則/佳川奈未(76位)

幸運予告 世界一ハッピーなこれが本当の惹き寄せの法則 CD付

何冊か読んだし、付属のCDも聞いたけど、この人は思い込みの激しい人だと思う。いい意味で。
だからうまくいくんだと思う。でも私はこのノリについていけなかった。。。(´Д`;)
『すべては必然!』とかKindle版もあるみたい。

■1日5分のお姫様ごっこ/幸川玲巳(75位)

1日5分のお姫様ごっこ

悪くはない。できる人はいいと思う。
でも自分がお姫様兼執事(ばあや)というのは、私はできなかった。。。(´Д`;)
ひとことでまとめると、「自分を大事に扱おう。お姫様のように」ということです。

■引き寄せの法則 エイブラハムとの対話/エスター・ヒックス、 ジェリー・ヒックス(72位)

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

引き寄せの法則といえばエイブラハム、編集者のにしきさん、が有名ですかね。
エイブラハムという集合意識をヒックス夫妻がチャネリングして得た知識、という内容です。
シリーズのどの本も分厚いです。私は分厚い本は好きです。(笑)
物語で説明した『サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣』という本もあるのですが、
「空を飛べる」の場面で「それは反則やろ!」と思いました。

■ストン!―あなたの願いがかなう瞬間/藤川清美(70位)

ストン!―あなたの願いがかなう瞬間

書いて書いて書きまくって願いを叶える、欲しいものを手に入れる・・・という努力と根性は素晴らしいのですが、
有名なネットワークビジネス系の方なので、それがちょっと。

■[魂の願い]新月のソウルメイキング/ジャン・スピラー(67位)

[魂の願い]新月のソウルメイキング

新月パワーを使って引き寄せ力を高めよう♪という本で、楽しいのは楽しいです。
そうしようと思う人はそうすればいいと思うのですが、
私はあんまりしません。今の私は、思い立ったが吉日。なので。

■読むだけで夢がかなう!/ジョイ石井(63位)

読むだけで夢がかなう! イメージング・ブック (王様文庫)

イメージングで願いを叶えるのが大得意なジョイさん。読むだけでは叶いませんけどね。
この人も、思い込み強い系だと思います。日本人だけど、帰国子女だったかな。
小さなYES!!とガッツポーズするのは、日本人には向いてないかな・・・私は無理だった・・・orz
『心の翼を手に入れる5つの物語』は小説好きの私は好きだったけど、絶版なのねー。

■引き寄せの法則/マイケル・J・ロオジエ(40位)

引き寄せの法則 (講談社文庫)

引き寄せの法則を、自己啓発的な切り口で説明。まあ、結局は同じなのですが・・・(笑)
でもスピリチュアルとか宇宙とかが苦手な人は、読みやすいと思います。

■すべての望みを引き寄せる法則 夢を叶えるタッピング/ブレンダ(24位)

すべての望みを引き寄せる法則 夢を叶えるタッピング

この本は、EFT(感情解放テクニック)を用いて、引き寄せたいものに対するブロックを外していきましょう、という主旨。
EFTとはEmotional Freedom Technique(エモーショナル・フリーダム・テクニック)の略で、
体の決まった場所を、声かけとともにタッピングしていきます。
EFTの説明がメインの『心にタッピング EFTエネルギー療法―思いやりの言葉 やさしい指から愛を感じる』も読みやすいです。
引き寄せの法則のブレイクと同時に波に乗った感じ。サイトではその方法など様々な情報が公開されています。

■獄中からの讃美―主を讃美する力/マーリン・キャロザース(16位)

獄中からの讃美―主を讃美する力

キリスト教の本ではあるのですが、だから神を(神の業を)褒め称えることで、神を信じることで、
神に全てを委ね明け渡すことで、人生はうまくいく、というのが主軸なのですが。
そして『讃美の力―神の力を体験する道』などで紹介される奇跡の数々は確かにすごいのですが。
でも私は、軍人⇒従軍牧師⇒牧師のマーリンさんが作中でパラシュート降下部隊時代のことを自慢(笑)しているところや、
テレビ好きなところが好き。引退と思ってテレビ三昧してたら、神様に怒られた、とか。(笑)
数冊にわたっての、自分の教会を持つまでのストーリーも面白かったです。
一連の本はAmazonなどで買えなくても、キリスト教書店で普通に購入できると思います。

■生命の暗号/村上和雄(12位)

〔文庫〕生命の暗号 (サンマーク文庫)

私達の潜在能力は、そのほとんどが遺伝子の中で眠っている。
スイッチを入れる(遺伝子をオンにする)ことさえできれば、何でもできるーー。
遺伝子を研究するにつけ、サムシング・グレート(神)の存在を確信せずにいられなくなった、科学者の本。
私達はみんな、無限の可能性を持っているんですよね。『生命のバカ力』『人は何のために「祈る」のか」』も好き。

■宇宙に上手にお願いする法 (Successful wishing)/ピエール・フランク(10位)

宇宙に上手にお願いする法 (Successful wishing)

引き寄せの法則の本の中で、一番好きかも。
日本語の文章がいいんです。ピエールさんがすっごくいい人に思えます。(笑)
でも、ピエールさんがこんなにも引き寄せが得意なのは、役者だから想像(創造)の世界に入り込みやすいということと、
奥さんの力がかなり大きいと思うw
このシリーズの著者ピエールさんはドイツ人です。
英語には翻訳されていないのに、日本語には翻訳されている、ちょっと珍しい本だと思います。

■自分に奇跡を起こす心の法則/ジョセフ・マーフィー(7位)

マーフィー 自分に奇跡を起こす心の法則―潜在能力は、それを信じる人には無限の富と成功を約束する! (知的生きかた文庫)

マーフィーさんの本はたくさんありますが、主軸はただひとつです。
「信じたいこと」「良きこと」を信じ続けることの大切さ。
それだけが、どの本にも書かれてあります。引き寄せの法則と同じことが、語りが優しいです。
私は新しい本やベストセラーより、古い本が好き。『眠りながら成功する』『眠りながら巨富を得る』より、
『自分を変える心の力の動かし方』『人生は思うように変えられる』とか。絶版になってるやつとか。

▼愛・恋愛・結婚・AC(アダルトチルドレン)

■毒になる親 一生苦しむ子供/スーザン・フォワード(32位)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

親のこと嫌っちゃいけない、嫌う自分はおかしい、って日本人は思いがち。育ててもらったんだから、って。
でもね、親のこと、嫌っていいんですよ。
親だってその親から愛をもらってないからかわいそうな人なんだ、だから許しましょう。だなんて説明に傷つかないで。
親のことを許すとしたら、十分に嫌って怒りを感じて、それからです。
この本には、親との対決のワークがありますが、それはしなくていいです。

■心の傷を癒すカウンセリング366日/西尾和美(19位)

心の傷を癒すカウンセリング366日 (講談社+α文庫)

私が心理世界の入口に立った頃に出会った本。
当初は「今日1日のアファメーション―自分を愛する365日」だったのですが、1日増えました。
1日1項目ずつ読んでいけるのですが、私は通読するタイプです。
アファメーション部分は毎日読んで浸透させたほうがいいのですが、
当時の私には「自分をうんと好きになります」とか続けられませんでした。
だから「アダルト・チルドレン 癒しのワークブック―本当の自分を取りもどす16の方法」のほうが好きでした。

■傷つくならば、それは「愛」ではない/チャック・スペザーノ(61位)

傷つくならば、それは「愛」ではない

今の私は『傷つくならば、それは「愛」ではない、こともないんじゃないかと。』(過去記事)と思っています。
『セックスは神の贈り物』は、ものすごく読みにくく面白くなかったです。

■サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる/ローラ・ドイル(14位)

サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

この本は、拒否反応を示す日本の女子は多いかと思う。
でも『男子に負けるのイヤですか? ~ 恋愛って何だろう(12)』ということなのよ~。

■話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く/アラン ピーズ, バーバラ ピーズ(13位)

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

いや、男子って、ホント冷蔵庫の中、目の真ん前にある物、見えないみたいですから。びっくり。(笑)
ま、男女の違いって一言で表すと、同じ著者の『セックスしたがる男、愛を求める女』かなと思いますw
どこで愛を感じるかというポイントもすんごくズレてるんですよね。
自分に自信ない、愛されている自身がない女子は、身体ばかり求められているように感じると不安が増しますが、
愛されてるって分かっていれば、セックスも嬉しく楽しくなる。
近頃『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方/五百田達成』という
本の広告をよく電車で見かけますが、そういえば、この本が流行っていた当時も、電車の広告で宣伝されてた気がする。

(関連記事『無理したら褒められたい男心・無理しないでねと言いたい女心』・『不器用ですからと開き直る男子・そうわかっているなら改善したい女子』)

■最後だとわかっていたなら/ノーマ・コーネット・マレック(5位)

最後だとわかっていたなら

これは詩です。サンクチュアリ出版のサイトで全文読めるので、検索してみて下さいね。
タイトルだけで、色々気づけますが。
もし今日が彼と接する最後の日だとわかっていても、私が彼に伝えたいのは、
私の願いをきいてほしいということなのだろうか?責める言葉や、非難する言葉なのだろうか?
・・・そんなこんなは、好きだから、愛してるからこそ、思うこと。
だとしたら、伝えるべきことは、いつも、「愛している」ということ、なんですよね。
(関連記事『最後だとわかっていたなら。と後悔したくないなら、伝えるべきことは』)

■月の影 影の海 ― 十二国記/小野不由美(3位)

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

「おいらは陽子に信じてもらいたかった。だから信じてもらえりゃ嬉しいし、信じてもらえなかったら寂しい。
それはおいらの問題。おいらを信じるのも信じないのも陽子の勝手だ。
おいらを信じて陽子は得をするかもしれねえし、損をするかもしれねえ。けどそれは陽子の問題だな」
私に「自分の問題と他人の問題」の違いを教えてくれた楽俊のセリフ。
十二国記の中で、陽子がひとりぼっちのギリギリ限界で旅するこの作品が一番好き。
余談:シリーズは一気読みするほど面白いけど、完結しそうもない。
裏バージョン「魔性の子」も面白いんだけど、私が泰麒を作中でもてはやされるほど可愛いとは思えないのは「魔性の子」を先に読んだからだと思う。

■エースをねらえ!/山本鈴美香(2位)

エースをねらえ! (1) (ホーム社漫画文庫)

「怒り 憎しみ 恨み 呪い。
人ひとり 限りある人生を生きるのに、

なぜこんなくだらんものにがんじがらめにならねばならなかったのだ。
なぜこのかせが外せなかったのだ」

名言はあり過ぎるほどあるけれど、
テニスプレイヤーとして再起不能のケガをした時に苦しむ宗方コーチの叫びが、私の心に強く響いた。

■BASARA/田村由美(1位)

BASARA(1) (フラワーコミックス)

「考えるべきは するか しないか じゃない。すると決めたことをいかにして成すか。それのみだ。
それでこそ犠牲も少なくなる。常に自分に問え。迷いはないか。最善を尽くしたか」
この言葉と共に、早や、四半世紀。
『すると決めた』ことが合っているのかどうかに自信が持てなくて悩むんだけど、
そこを迷っているのが苦しい原因。だよね、朱理?
朱理も好きだけど、私は顔を見ただけで何を考えているか分かるような那智が好き♡

▼あとがき

心の世界の扉を開いてから約20年、数え切れないくらいの本を読んできました。
(何せ美女と野獣みたいに、図書室を作りたいと思って集めてたし)

といってもここ数年はほとんど読んでないんですけども、(だって結局はどれも同じだから)
そんでもって3回もの大きな断捨離を経てほとんど手元に残してないんですけども、

こうして振り返ってみると、おすすめしないこともないからには、私の好みの傾向が出てますね~
経年して、好きになってるもの、好きじゃなくなってるものもあります。

え、それ入ってないの?それ読んでないの??あんな有名なのに??という本もあると思います。
シルバーバーチとかバシャールとかディーパック・チョプラとか。
フィンドホーンとかアミ小さな宇宙人とかアセンションとか。ホ・オ・ポノポノとか。
え、トップ3が普通のマンガと小説なん?!とか。そんなら他にもいっぱいあるだろ!とか。

ルクス77選に入らなかったそれらは、
気が向かなくて読んでないか、読んだけどだいぶ嫌いか、( ̄▽ ̄)
私の中でまたちょっとカテゴリが違うか、絶版本しかなかったか、などです。
本は好きだけど本人は好きじゃない、には目を瞑りました。(ランクに反映されてるかもw)

長い年月が経っても心に強く残っているもの、熟読したはずなのにあまり心に残っていないもの、
色々あって面白いですね。でも、どの本も、今の私を作っている気がします。
今のみなさんはどんな本がお好きでしょうか。

ルクス初の超長文記事、最後まで読んでくれてありがとう♡(書くの超大変だった・・・)
お役に立ちましたら嬉しいです♪