絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

願ったらすぐ叶った話 ~ 決意の膀胱炎(2)

 

受付で熱を測らされ、

 

え、熱を測るの?!

熱あったらどうするの!! ←病は気からのタイプ

 

 

と思いつつ熱を測り、

チラッとみたら37度3分いってたので、

それ以上あがらないようにそっと体温計を外し、(笑)

(膀胱炎は熱あったら腎臓がやばいと言う情報で怖かったのもあって)

 

問診表に

「たぶんぼうこう炎だと思います」

と書いた私に、(漢字が分からなかった。笑)

 

受付の人は

「検尿あるから、しんどいけどトイレ我慢しててねー」

と言い、

 

そして、

待たされ、

待たされ、

待たされ、

待たされ、

 

まだなのかーーーーー!!!

オラオラー(#`Д´)ノノ~~~┻┻;:'、・゙

もう診なくていいからさっさと抗生剤よこしやがれ!!!!!!!!

 

と叫ぶ気力もなく、

ひたすら (*´・д・`) の顔で座り耐え続けていると、

 

診察が終わったらしき男児(推定1歳半)が、

ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁぁーーー!!と私のすぐ横で泣き叫び、

甘え泣きのためフッと泣き止んでもまたギャアアアアアアと泣き喚き、

 

このクソガキが!!!

 

と叫ぶ気力もなく、

さらにひたすら (*´・д・`) の顔で座り耐え続けていると、

 

やっと、やっと診察・・・(;∀;)

 

看護師さん(おねえさん)も、

先生(おばあちゃん)も、とっても優しく親切でした。

 

「膀胱炎だね~」  うん知ってる。

「抗生剤だしとくからね」  うん早くちょうだい。

「1日分しか出せないから明日また病院行ってね」  うん知ってるから早く!

「ちょっとのど見せてね~」 いやのど関係ないから。

「お腹もみせてね」 いいから早く!

 

という感じで、(;∀;)

 

さらに会計までも、待たされ、

そして薬処方までも、待たされ、待たされ、、、

 

 

なんで薬出すのにそんな時間かかんの!

いま調合してるの?ねえそうなの??

 

んなわけあるかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(#`Д´)ノ

そこにある抗生剤の錠剤を1つぶ渡すだけだろがアアあああ!!!

 

 

と叫ぶ気力もなく、

 

やっとでもらった1つぶの抗生剤を大事に持って徒歩で帰路につき、

(隣駅だったため)

 

方角は分かっている道が分からないのでスマホナビを設定したものの、

ナビはぜんぜん喋りやがらず、画面上に表示が。

 

100m先、北西へ。  北西ってどっち?(*´・д・`)

横断歩道を渡る。  どの横断歩道?

50m先、南東へ。  だから!

 

なのに家のすぐ近所になって突然喋りはじめ、

 

その先、左です。  知ってるし。

その先、右です。  うん知ってるってば。

目的地に到着しました。  はいはいありがとう。(´Д`)

 

ものすごく長く感じてたのですが、

会社を出てほんの1時間半位の出来事でした。

 

そしてやっと帰宅して薬を飲み、

シャワーで病院の空気と菌を洗い流して、

薬はいつ効いてくるのか。などとググってみたり、

2ちゃんの膀胱炎スレを読んでみたり、

寝る元気もなく、お茶飲んだりトイレ行ったり、

 

なんか熱あるみたいでふらふらするよ。(*´・д・`)  ←熱あるってば

だから熱はかるのイヤやったのに。(*´・д・`)

なんか足もだるいよ。貧血?(*´・д・`)

 

と情けない顔で時をすごしていたら、

約3~4時間後、血が止まりました!!!

 

それだけで、

 

キャー(≧∀≦)

 

という気持ちになったので、

 

いくら女子で血を見慣れていても、

出てはいけないところから血が出ているのは、

気力を消耗するのだなあと思いました。

 

そしてやっと布団に潜り込む気持ちになり、

お茶飲んでトイレ行ってを繰り返し、

ぬくぬくしながら膀胱炎スレを読んでいたら、  ←ずっと読んでいた。(笑)

 

「血尿が出て痛かった時、必死で何かに祈ったり謝ったりしてた」

って書いてる人がいて、ものすごく共感して吹き出しました。

 

でも吹き出したら痛かった。(;∀;)

 

そうこうしていたらやっと眠くなって、寝ました。

 

寝る頃には、トイレ行った時の痛みもほとんどなくなり、

 

ああ、この痛みと残尿感というのは紙一重なんだな、

残尿感の先に痛みという感覚になるのだな、

 

などと冷静に分析できるようになっていました。(笑)

 

そんな人生初の膀胱炎、

つらかったデス。(*´・д・`)  ←こんな情けない顔になります。(笑)

 

 

まとめ:

化学の力(薬)ってすげえ。Σ(゚Д゚;

 

もとい、

決意したら、強制的にそのようになりました。

願ったら、すぐ叶ってしまった。

(タロットを習ってた先生にも笑われたw)

 

天の強力な後押し(?)(押しすぎよう!)にて叶ったこの願いは、

持続せねばなるまい。

 

そして、だから、

以来せっせとできる限り早く帰る日々を送っております。

 

 

※膀胱炎の薬は、抗生剤(抗生物質)なのですが、
 その効果と即効性はご覧の通り、
 そして菌を殺す薬ですので、悪い菌ばかりか、良い菌をも殺します。

 ですので、特に女子は、抗生剤(抗生物質)を飲む時は、
 ビオフェルミンなどの整腸剤も一緒に飲みましょう♪
 抗生剤のおかげで善玉菌まで死んじゃって、
 カンジダが暴れることもよくあるみたいですよ~。