絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

ありのままの自分を肯定すれば全てがうまくいくのか? ~ 地球で生きているということ

 

ずっと答えが出ないことがあった。

 

たぶん全ての苦しみの根源は、

自分の存在意義を感じられないということで、

(大雑把にいうと、だよ)

 

だから自分で自分を(ありのままの、ね)肯定できるようになるにつれ、

色んなことの苦しみっていうのは、どんどん薄れていく。

 

ありのままの自分を自分で肯定できるようになれれば、

(過去から現在、未来においての全ての自分を、ね)

苦しみっていうのはだんだん薄れていく。

 

自分の人生の楽しみとか好きなこととか幸せとかが、分かってくる。

 

それでも、迷ったり悩んだりすることが全くなくなるわけじゃない。

(それはそれでも人生の醍醐味)

(自分の好きなことやものを楽しむことでいっぱいにしたい)

 

そしてこれは、

私や、私の文章に共感してくれる人にはあてはまる論理なんだけど、

ずっと答えが出ないことがあった。

 

それは、私はこの論理を、

災害や事故・事件にあった人達にも言えるのか? いや、言えない。

ということだった。

 

自分が、自分の周りに起こること・感じることの原因だ、

とも言えるようなこの論理は、

災害や事故・事件にあった人達に、

それは自分のせいだ、と言っているようなものだと思っていたから。

 

だから私の文章を読んで、

ただでさえつらいのに余計に自分のせいだって自分を責める人もいるんじゃないかな、

と思って怖い時があった。

 

そこをフォローしている人や文章にも私は出会ったことがなくて、

答えが出せなくて、迷っていた。

 

でも少し前、急に答えが浮かんだ。

 

自分を肯定できていようが幸せを感じていようが愛されてるって感じてようが

自分の存在意義を見出していようが価値があろうが、

 

起こることは起こる時には起こる。

 

それは、

自分を肯定できているかどうかなんてこととは関係がないのだ。

 

地球で生きている以上、

誰しも災害や事故や事件にあう可能性はある。

 

それらを総称して天災と呼ぶならば、

 

天災は、制御しようがない。(当たり前だよね)

 

それとこれ(自己肯定による幸せ感度の向上)とは、関係がないのだ。

 

人生は、航海のようなもの。

 

どんな波がいつくるかは分からない。

 

凪ぎっぱなしの海かも知れないし、嵐ばかりかも知れない。

そこは人間には制御できない。(地球しだい、宇宙しだいだ)

 

でも船をどう操るかは、制御できる。

どんな船に乗るのかも、制御できる。

舵をどう切るかも、制御できる。

 

自分を肯定せず五里霧中だと翻弄されているようで苦しくて、

自分を肯定して船を自分で進めている感覚を持てたら楽しい、

 

それが、地球で生きているということ、なのかな。と思う。