絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

焦りが教えてくれる、自分をまだ許すことができていない肯定できていないところ

 

何かを願う時。

早くこうなりたいと思う時。

 

そこに「焦り」の気持ちがないかどうか、

感じてみて下さい。

 

焦ってなんかない!ですか?

 

・・・うん、

焦るとだめだ、ゆったり構えろ、信じろ、

ってのはセオリーだし、

そうしてるつもりですもんね。(´・_・`)

 

でも、

ずっと願い続けていること、

ゆったり構えて信じているつもりのこと、

だけどまだ実現はしていないこと、

 

そのことを考える時、

なんとなく気が急く、気持ちがはやる、

そんなこと、ないでしょうか。

 

頭というか脳みそというか意識は賢いですから、

心の機微を、認識したくはない機微を、

スルッとスルーする力、ハンパないですので、

よくよく感じてみて下さい。

 

焦りがあったらダメってわけじゃないんですよ。

ていうか、

むしろその小さな焦りに気がつくことが大事なんです。

 

なぜって、

 

何かを願っている時、

早くこうなりたいと思う時、

 

早くこうならないと困る、

少しでも早くこうなりたい、

 

と焦る(はやる・気が急く)のは、

 

そうじゃない自分を、

許していないから。許せていないから。

認めていないから。否定しているから。

 

だと思うんです。

 

そんな、自分の

まだ許せていない部分、許していない部分、

認めていない部分、肯定できていない部分、

発見!!

 

なんですから!

 

願っていることと、

その願いを考える時、

そこに焦る(気が急く・はやる)気持ちがないかどうか、

 

よーく観察してみて下さいね♪

|д゚)カンサツ