絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

彼に愛されている自信がないのは、愛されるには理由が必要だと思っているから

「愛される理由」

とかゆー本あったじゃないですか。

 

昔、タイトルだけでイライラしてました。(笑)

 

ところで、

 

なぜ彼が好きなんですか?
あなたは彼のどこが好きですか?
彼のどこを好きだと思っていますか?

 

・・・とかって質問されると、
色々、数え上げると思いますけど・・・

 

それって、
みーーーんな後付けだと思うんですよ。

 

彼を好きな理由として数え上げたのと同じ特徴を持つ男子は、
たっくさんいるはずです。
内面も外見も含めてもね。似た条件の人は複数いるはず。

 

でも、
その全員を好きになるわけではないですよね。
(触手が動いちゃったりするのは、むしろ違うタイプだもんねw)

 

似たような男はたくさんいるのに、
なぜ「彼」をしがみつくように好きだと思うんでしょうか。
なぜ「彼」をすがりつくように大好きだと思い込んむんでしょうか。

 

数え上げた「彼の好きなところ」を、
見せてくれなくなっても、発揮してくれなくなっても。

 

そうなんですよ、
こんなブログ記事読んでるってことは、

 

あなたが好きなその「彼」は、
あなたが数え上げた「彼を好きになったところ」を、
今やあなたには発揮していないんじゃないかと思います。

 

・・・おや?

 

ってことは、
その「数え上げた好きなところがない彼」を、
今も好きだと思ってるってことですよね。

 

ってことは、
その彼を好きな理由は、
「数え上げた好きなところ」ではない、ということになりません?

 

ってことは、


なぜ彼が好きなんですか?

という質問の答えは、

 

彼だから!! モンクアル?! ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

しかないってわけですよ。(笑)

 

もし「数え上げた好きなところ」が好きな男の条件だったら、
さっさと乗り換えたらいいわけで、
そしたら悩んで苦しんでるわけもないはずで。

 

で、
ということは。

 

彼はなぜ私と付き合っているんだろう?
というような質問の答えも、

 

私だから。 (*´▽`*)

でよくて、それしかないってわけですよ。

 

なぜ私は愛されるんだろう?
なぜ私は好かれているんだろう?

・・・それは・・・私だから。

 

ってわけですよ。

 

で、
彼に愛されてる自信がなくて、
不安だったり苦しかったりするのは、

 

愛されるためには、大事にされるためには、
「ちゃんとした理由」がないといけないって、
思い込んでるから。

 

愛されるに値する理由(条件)を兼ね備えた女でないと、
ちゃんと愛されない、大事にしてもらえない、
って思い込んでしまってるから。

 

彼は私のどこがよくて付き合ってるんだろう。
彼は私のどこが好きなんだろう。
ちゃんとした理由もないし、
(特別美人でもなく若くてピチピチでもなく女らしくもなく
 料理もめちゃくちゃ上手ってわけでもなく・・・延々)
だから、そんなに好かれてないんだろうな。
愛されてるわけない。愛されるわけがない。

 

・・・って考えて、
いじけて悲しんで苦しんでる場合ではないのですよ。

 

彼は私のどこがよくて付き合ってるんだろう。
彼は私のどこが好きなんだろう。
んー、
私だから」だな!うん。
彼は見る目があるぞよ。

 

・・・で、いいのですよ。

愛されてることに、理由はいらないんです。