絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

どうせなら「愛されている」という仮説を立てて、それを証明しませんか♪

 

「やっぱりね」「そうだと思った」「そうなると思った」

という心の中の自分のセリフに心当たりありませんか?

 

 

これらの心のセリフは、

私達が日々、それと意識していなくても、

何かしら仮説を立てて、

それを証明しようとしたり証明したりしていることの表れだと

思います。

 

無意識すぎる場合は、自覚できていないかも知れませんので、

自分の心の声、自分の思考に意識を向けるようにしてみて下さいね。

 

さて、『ホームポジションが僕達を苦しめる』や、

愛されていない前提があるから・見捨てられ不安が先にあるから』や、

分からないことは分からないままでいい。のかも知れない。(2)真実はいつもひとつ!じゃないから。』で、

ホームポジション、つまり前提条件が行き先を決める、と説明しました。

 

これは、

ある仮説を立ててそれを証明しようとする、

と言い換えられると思います。

 

というより、

既に自分の中にある仮説を証明しようとしている、かな。

 

「私はどうせ愛されない」

「彼は私のこと好きじゃない」

「私は大事にされない」

というような仮説が、

既に自分の中に根強くあって、

それを証明しまくって生きているんですよね。

 

全てのことが、そう見えてしまうんです。

 

だから、

「やっぱり」

「そうだと思った」

「そうなると思った」

って思うんだと思います。

 

そしてそう思う時、

ちょっとホッとしている自分もいると思います。

どんなにひどいことであっても。

 

グレーな状態、疑いを持っている状態って、

どこに地雷があるか、いつそれが爆発するか分からない状態、ということで、

それってすごく気が張るししんどいんですよね。

 

愛されていないかも知れない、

大事にされていないかも知れない、

浮気されているかも知れない、

何もかもがそういう風に見える、

という心の状態はとてもしんどいのです。

 

それで、

愛されていない証拠を探しまくって、

大事にされていない証拠を探しまくって、

浮気されている証拠を探しまくって、

グレーなものを見つけて(黒の場合もあるかも知れませんが)、

地雷を探しまくって、

爆発させて、不発弾でも自ら爆発させて、

 

そして、ホッと安心するんです。

 

「やっぱり」

「そうだと思った」

「そうなると思った」

 

って。

 

地雷が見つかって、爆発したから、

爆発している最中は、

地雷がいつ爆発するかって心配しなくていいから。(!!)

 

だけどそんなの、ほんとのほんとは嫌ですよね?

 

「やっぱり(愛されてなかった)」

「そうだ(大事にされてない)と思った」

「そうなる(浮気される)と思った」

なんて、思いたいわけないと思います。

 

深層心理で望んでいるものが、潜在意識で望んでいるものが、

表層意識を超えて、顕在意識より強くて、

だから、

頭では望んでいないけど、

心の中で望んでいることが実現されているって言われたって、

 

こんなしんどいのヤダ!!ばか!! 号(┳◇┳)泣

 

って感じじゃないですか?

 

でも、

この「仮説を立ててそれを証明する」って、

人の習性のようなのです。

 

でもでも、

ということは、逆にそれは利用することができます。

 

「私は愛されている」

「彼は私のこと好き」

「私は大事にされている」

という仮説を立てて、

それを証明してみることができるということです。

 

「私は愛されている」

「彼は私のこと好き」

「私は大事にされている」

そう思ってみて、

そういうことにして、全てのことをそう見てみるんです。

 

そんな仮説は無理がある??

 

私は理系ではないですが、

論文も「仮説を立ててそれを証明する」という構成ですよね。

 

そして、

強引過ぎる仮説が立てられている場合もあると思います。

 

新しい説は、強引でもいいのです!(笑)

 

だけど、

「私は愛されている」

「彼は私のこと好き」

「私は大事にされている」

という仮説なんて、全く強引ではないと思います。

 

でも、どうしても無理~~!と感じるなら、

「私は彼に大事にされているという仮説は強引ではない」

という仮説はいかがでしょうか。

 

既に自分の中にある、根強い仮説を証明する生活をやめるには、

心の奥底に、潜在意識の中に、深層意識の中にある仮説を証明するのをやめるには、

 

頭が、顕在意識が、表層意識が、証明したい新しい仮説を立てて、

それを証明していくのも、一案だと思うのです。

 

どうやって証明するのかって、、、

 

全てのことをそういう目で見てみるんです!

 

 

これはある友人の話ですが、

 

仕事の後の飲み会から帰宅した彼が、「ただいま」メールをくれたから、

「電話していい?」ってメールしたら「もう寝るから」って断られた。

電話したけど、出てくれなかった。

 

という事実は、

 

「私は彼に大事にされていない」

という仮説を証明するならば、

「電話してくれなかった。彼に冷たくされた」

ということになるかも知れませんが、

 

「私は彼に大事にされている」

という仮説を証明するならば、

「仕事と飲み会で疲れているのに、メールくれた。大事にされてるな~」

ということになりませんか。

 

私にこう説明された彼女は、その時「え~」って感じでしたけど・・・

 

これまた、積み重ねです。練習です。

やってみ続けるだけなのです。

 

「愛されていない」という仮説が証明されたと泣くよりも、

「愛されている」という仮説を立てて、

それを証明しようと頑張るほうがいいと思いませんか♪