絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

目線を上げてみると景色が違って見えるから

 

歩いている時、

主にどこを見ているでしょうか。

 

前を見ている、行く方向を見ている、

時には空だって見ている、

のですけれど、

 

視点が定まっているのは主にどこかというと、 

 

多くの人は、無意識に、

視点を、足元というか、

少し先の地面に置いているんじゃないかと思います。

 

この視点を、

目の高さまで上げてみて下さい。

顔を、地面と平行にして、

真っすぐ前を見て歩いてみて下さい。

 

普段の目線が少し先の地面に落ちている場合、

頭や首も、少しうつむいている状態になっていることに慣れているので、

足元が見えなくてちょっと怖い!って思うかも知れません。

 

でも、

たったこれだけで、目に映る景色、変わりますよ~

特に坂道でビックリすると思いますよ。

 

自転車や車の運転をする時も、

はじめの頃、

「近くを見ない!遠くを見て!」って言われなかったでしょうか。

 

あれと同じです。

 

歩く時って、意外と遠くを見てないんですよ。

 

同じ場所でも、同じ道でも、

視点が変わるだけで違った景色が見えます。

 

視点を変えて歩くだけで、

歩くことが難しくなったりも、します。

 

 

色々悶々と考えちゃって、それをやめたい!

なんて時、歩くことに集中してみてもいいかも。

 

歩く時の視点を上げるだけで、

肩こりとか首コリとかもマシになったりすると思うので、

試してみて下さいね~

 

 

※階段とか人混みとかでは、ちゃんと足元や近くを見て下さいねw