絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

自分を認めるって? ~ 真実はいつもひとつじゃないから、自分の感じ方もおかしくなんかない。

 

でもそれは、(前回の続き)

自分の感じ方を否定しろっていってるわけじゃないのです。

 

誰かの感じ方が、自分の感じ方と違ったとしても、

たとえ誰かが、自分の感じ方をおかしいと言っても、

自分が感じていることは、自分にとっての真実です。

 

自分の感じていることを、否定する必要はないです。

自分を否定すると苦しいですよね。(´・ω・`)

 

自分に自信がない時や、迷っている時は、

自分の感じ方にも自信がないから、

 

自信を持って「こうだ!」「こうよ!」と、

自分の感じ方と違うことを言う人によって、

余計に惑わされてしまいがちですけど。

 

他人の意見を聞くことによって、

変えたくなったら自分の意見を変えてもいい。

 

でも、他人の意見は、他人の意見でしかないのです。

その人の真実は、その人だけの真実。

 

それが自分の意見になることがあったとしても、

それは、

その意見を受け入れて自分の意見にすることを自分が決めたから、

です。

 

自分にとっての真実は自分のものだし、

自分にとっての真実が変わることもあるし、

自分にとっての真実も、ひとつじゃない。

 

と思うのです。

 

誰がどう言っても、

自分の感覚は自分にとって正解なんです。

自分の感覚を違うと言った人がたとえ、

「偉い先生」であったとしてもです。

 

だから自分の心に浮かんだことを否定しないで下さいね♪

 

でも、同じように、

誰か・・・彼氏とか。

彼にとっての真実もまた、彼にとって正解なんです。

 

どんなに理解不能に思えても、彼にとっては真実なんです。

 

だから、そこを、

自分が理解できないからって、自分の真実と違うからって、

否定してしまうと、うまくいかないの、です。

 

自分が自分を否定されるといい気がしないように、

彼もまた、同じだから。

 

そこは、理解不能でも

「ふーん、彼はそう思うんだ」と受け止めておいて、

 

自分の中に湧き上がる感情や思考に目を向けていくといいですよ☆

 

自分のことを(自分で)認められていないと、

自分のことを認めてもらっていないように感じていると、

 

なんで私がそんなことしないといけないのよ!!

(私だって認めてほしいのに!!)

 

って思うと思います。

 

でも、じゃあまず自分を認めてもらおう、と思っても、

相手をコントロールすることはできませんし、

コントロールしようとすると余計にうまくいきません。よね?

 

じゃあ自分で自分を認めよう、と思っても、

何をどう認めていいかよく分からず、

「私は私を認めます」とかアファメーションしたりしても、

ピンとこないっていうか変わらないっていうか。

 

そこを、相手の「真実」を認めることによって、

自分の中に湧き上がる感情や思考に目を向けて、

それ(自分の「真実」)を認めると、十分感じると、

相手も認めつつ、自分も認めることができるんです。

 

真実はいつもひとつじゃないから、

相手の感じ方もおかしくないし、

自分の感じ方もおかしくなんかない。

 

二アリーイコールならともかく、

違うものを両方認めても、うまくいかないって思いますか??

 

でも、両方認めてなくても、

うまくいかなかったんじゃないかなーと思います。

 

ので、試してみて下さいね~。

 

試してみて、

自分にとっては「真実」じゃない!って思ったら、

やめたらいいのです。

 

やってみないとわからないこと、やってみてわかること、

もありますからね♪