絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

自己肯定感を高めるのが大事な理由(6)好きやワクワクが勘違いかもしれない

 

自己肯定感が低い状態で、

自分に自信がない状態で、

 

本当にワクワクすることや好きなことを探す・見つける

というのは、かなり難しいと思うんです。

 

だって、

 

自己肯定感が低いってことは、

今の自分を肯定していないってことで、

自己否定しまくっているということで、

 

自分に自信がないということは、

自分の感覚にも自信がないということで、

合っているかどうかが分からない・判断できない状態ということで!

 

そしてその状態では、

他者からの承認を求めるという、

心の曇りメガネフィルターもついてきます。

(自分で自分を肯定できない・していないから、

 他人からの肯定を求める)

 

これがあったら、胸が張れるのに。

ああなれたら、堂々とできるのに。

こうなれたら、恥ずかしくない自分なんじゃないか。

あれができたら、人並みに生きられるんじゃないか。

 

そんなフィルターを通して、

自分の感覚に自信がなくて、

他者からの承認・評価がほしくて・・・

 

そんな状態で、

 

これってワクワクするかも

これが好きかも

 

と考えてるものって、

きっと的外れなんじゃないかなって思いませんか。

 

それに、そう、「考えてるもの」なんですよ!

感じるもの・思うものであるところが、

「考えるもの」になっちゃってるんですよ。

 

しかも、

心の色メガネフィルターを通して。 orz

 

 

結局のところ、

何を願っていたとしても、

 

私達がほしいものというのは、

「幸せ」を感じること

だと思うんです。

 

あれがあったら幸せなんじゃないか。

これがあったら幸せになれるのに。

 

と思うものを、欲している。

 

でも、

自己肯定感が低い状態で考えるそれは、

まやかしの可能性が大で、

 

だから、

自己肯定感が低いまま、

あれが手に入っても、

これが手に入っても、

また、

 

あれがあれば・・・

これがあれば・・・

 

と、次なる問題を見つけ出すんだと思います。

 

 

だから、

まずは自分で自分をとことん肯定していきましょー♪