絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

原因が分からなくても結果は変わると思う理由 ~ 湿疹がひどくて悩んでいた話(4)

 

後付けで、色々と理由を考えることはできます。

 

湿疹がひどくなってきた頃、

ちょうど仕事を探していたのですが、

 

湿疹がひどかったから選んだ仕事が私の進む道で、

湿疹がひどくなかったら選んでいた仕事は

私の進む道じゃなかったんだろう。

 

とか。

 

湿疹がひどかったから、

したことや出合ったこと、

しなかったことや出合わなかったことに、

意味があるんだろう。

 

とか。

 

こうやって紆余曲折したこと自体に意味があったんだろう。

 

とか。

 

だから今こうして、

原因が分かる分からないは結果には関係がないと思うようになった。

時期やタイミングというものを信じるようになった。

 

とか。

 

だけど全部、後付けです。

合ってるかどうかも、分かりません。

 

分かっていることは、

 

私が2~3年悩んだひどい湿疹は、

心理的原因も、物理的原因も、何も分からないまま、

きれいに治ってしまって、

その後再発もせず、跡形もなくなってしまった。

 

ということだけです。

 

お医者さんは、薬で治ったって言うと思いますが。(笑)

 

だけど原因が分からないままなことに変わりはありません。

 

私自身としては、

 

当時悩んでいた(湿疹以外の)ストレスについて、

何も対処していないのに、治ってしまった。

 

という印象なのです。

 

治る時期だった。とか、

湿疹になる必要があった。とか、

何か分からないけど食べ物のせいだったんじゃない?とか。

後から色々理由をつけることはできます。

 

でも、

私は、

この湿疹を通して、

 

原因と結果の法則とかいうけど、

結果に対して、

原因は必ずしも判明する必要はないんだ。

 

と、考えるようになったのでした。

 

だから、

 

「原因をつきとめないと!!!!!!」

って躍起になって、

原因探しが目的になっちゃわないようにね~

 

とも思っているのであります。


だからさ、

つらくて悲しくて苦しい時も、

その原因なんて(心理的原因とか思考パターンとか)

判明してもしなくてもどっちでもいいと思うのよ。

 

ただ、

 

幸せになろう。

 

って結果を決めるだけでいいと思うんです。

 

原因なんてさ、分からなくてもいいじゃん?

楽しくて嬉しくて幸せだったらいいじゃん?

 

ねぇ?(´∀`)