絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

何のために生きるのか。好きなことをする楽しいことをする我慢しないで

今、好きなものに囲まれて生きていますか?

今、お気に入りのものに囲まれて生きていますか?

 

今、楽しいことをしていますか?

今、好きなことをしていますか?

 

「いつか」しようと思っていること、

今やるとしたら、どういう風にやりますか?

 

「お金がたまったら」したいと思っていること、

今するとしたら、どういう風にやりますか?

 

「それができるようになったら」と思って

学んだり習ったりしていること、

「それができるようになったら」何がしたいと思っているのですか?

何ができると思っているのですか?

それを今するとしたら、どういう風にやりますか?

というか、

そもそも本当に「それができるようにならないと」できないことですか?

 

きっとね、

みんなね、

幸せになりたいだけだよね。

幸せに生きたいだけだよね。

 

「何かのために」

「誰かのために」

「社会や誰かの役に立つために」

なんていう大義名分、いらないのよ。

 

「自分のために」

「自分の幸せのために」

「自分が楽しく生きるために」

「自分が幸せに生きるために」

ただただそれだけを考えて、いいのよ。

 

というか、

そこを中心に考えていくのがいいと思うのよ。

 

「自分のために」

「自分の幸せのために」

「自分が楽しく生きるために」

「自分が幸せに生きるために」

そのためには何がしたいかどうしたらいいか、

その延長線上に「誰かのため」「何かのため」がくるなら、

それはそれでいい。

そういう人は、それがその人の幸せのはずだから。

 

「いつか」のために、生きなくていい。

「今」を充実させよう。

「いつか」は「今」の延長線上なんだから。

いつ死ぬかは誰にも分からないんだから。

 

世間や親の言うことは「ただの意見」です。

 

あなたの幸せは、あなたにしか分からない。

 

世間や親の言うことは「ただの意見」です。

どんなに強く言われようが、「その人の意見」でしかありません。

 

自分の幸せは、自分にしか分からない。

 

そして自分の「今」は、「今」しかない。

 

20代は20代の時しか20代じゃない。

30代は30代の時しか30代じゃない。

40代は40代の時しか40代じゃない。

 

10年も20年も先のことは、思い悩んでも意味がない。

軽く考えるぐらいはいいけど、思い悩んでも意味がない。

 

その時、「今」の常識が通用するとは限らないんだから。

 

「今」は「今」しかない。

 

だから、

「今」を楽しく生きよう。

 

先のために我慢しすぎしないで。

今、楽しいことをしよう。

今、好きなことをしよう。

 

(お金をたくさんかけなくたってできることもあるはずだよ)

 

(死ぬ間際に後悔するのいやだよね?)