読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

3次元をあきらめる。三次元の法則・仕組みで生きる(2)

 

「続ける」能力というのも、

有無というよりは、

練習次第・続ける対象への向き不向き、

だと思います。

 

続けられないのは、

自分に合った続け方ができていない、

自分に合う続け方を模索していない、

 

ひいては、

そのことを続ける必要がない、

そのことを続ける必要を感じていない、

 

のだと思います。

 

絶対にやりたい・絶対にできるようになりたい、

ということだったら、

続くはずだし、続けようとするはずだし、

どうやったら続けられるか、どうやって続けるかを、

考えると思うんです。

 

そうせずに、

続けない、続けられない、やめてしまう、

というのは、

 

絶対にやりたいってほどではなく、

絶対にできるようになりたいってほどではなく、

そもそも「続けたい」と思っていないことなんじゃないかなと。

 

そして、

続けられない自分を責めたり、

続ける能力がないと自分を嘆いたりすることが、

クセになっていたり、それが陰の目的になっていたり。

 

例えば、

日常的に身体を動かしたい!っていって、

 

私はジムに通い出して3年以上経つのですが、

その間に、

会社の仲良しHちゃんは、

ヨガに行ってはやめーの、

ジムに入ってはやめーの、

ボルダリングに通ってはやめーの、

しています。

 

先生がヤダとか楽しくないとか時間がないとか言って、

どれも半年1年と続いてないんじゃないかな。

 

でも私的には、

ヨガや筋トレやボルダリングが本当にやりたいことなんだったら、

身体を日常的に動かしたいってことが本当の目的なんだったら、

 

先生がヤダだったら、楽しくなかったら、

違うところをみつけて続けるだろうし、

時間はみつけて、というか、作って、というか、

通う時間を他の時間より優先するだろう、

と思うんです。

 

だから今のとこ、Hちゃんにとっては、

身体を日常的に動かすってことは、

そんなに重要事項じゃないってこと。

 

だけどこのHちゃんのすごいところは、

そんな自分を全く責めたり罪悪感を持ったりしないところ。(笑)

 

でもこのブログを読んでる人は、

「続かない自分」「続けられない自分」を責めたり罪悪感を持ったり、

やっぱり自分はダメなんだって落ち込む傾向にあると思います。

 

今は運動を例にあげてるけど、他のことでも全く同じです。

運動にしろ瞑想にしろテスト勉強にしろ英語習得にしろダイエットにしろ、

何にしろ、同じです。

  

目的があって、

その目的への手段がある。

 

そして、

その手段は、続ければ続けるほど、

目的へと自分を近づけてくれるはず。

 

「継続は力なり」は、誰にも等しく作用するはず。

 

だけど、

その手段を続けられない、

続けられる手段を探してでも続けない、

ということは、

目的自体が自分にとって大したことではない、

ということだと思うのです。

 

目的なく、

手段は続けられないです。

 

よっぽど自分にとって楽しいことだったら、

その手段をすること自体が目的になるけど、

大抵の場合は、その手段自体は目的じゃないと思います。

 

いずれにしても、

三次元の法則「継続は力なり」は、

誰にも等しく作用します。

 

これこそ使いこなせるようになって、

三次元世界を楽しく生きられるようになりましょ♪