絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

おすすめしないこともないラブソング名曲ランキング77をスピリチュアル視点からツッコミ(4)

お次は

4.片思い編

でーす!(目次はここをクリック♪

 

■恋するフォーチュンクッキー/AKB48(2013年)

作詞:秋元康・作曲:伊藤心太郎

まだ何も始まってないのに、勝手にあきらめたらアカン。

地味な花に気づいてくれないかどうかは、
アピってみな分からん。

※そして男子は、分かりやすく直球でアピらな分からん。

 

■冬のオペラグラス/新田恵利(1986年)

作詞:秋元康・作曲:佐藤準

へたすぎる歌声も懐かしす。

え、コメントそれだけ?( ̄▽ ̄)

※そう、伝えないと始まりません。

 

■うしろゆびさされ組/うしろゆびさされ組(1985年)

作詞:秋元康・作曲:後藤次利

「あいつはダメなやつとレッテル貼られたって、
 世界で私だけはあの人を好きでいたい」

って、これまだ片思いだからいいけど、
付き合っててこれ言ったら悲劇のヒロインモード近し。

「愛はいつだって答えがあるわけじゃない」

には、賛成です♪ (´∀`*)ウフフ

※秋元康大先生の歌ばっかりでゴメンw

 

■まちぶせ/石川ひとみ(1976年)

作詞・作曲:荒井由実

「もうすぐきっとあなたを振り向かせる」

って、何を根拠に・・・( ̄▽ ̄)

あの子が急に綺麗になったのは彼と会ってるからで、
あの子を可愛くさせてるのは彼があの子を好きだからだろ。

ていうか、
こういう可愛い系の人が歌ったらそうでもないのに、
ユーミンの声だと急に怖い歌になるよね。
役柄が入れ替わるんだろうなぁ。

※隣の芝生が青く見えてるだけかもよ?

 

■ラブ パッション/REBECCA(1985年)

作詞:NOKKO/宮原芽映・作曲:土橋安騎夫

恋のライバルが現れた際、
黙って引っ込む必要はないのです。

女から見たらあざとくても、(笑)
男子から見たらかわいく見えてたりする不思議さよ。

※まだ誰のものでもないなら、戦わずして負けるな。がんばれ。

 

■ロマンスの神様/広瀬香美(1993年)

作詞・作曲:広瀬香美

これは片思い未満の歌ですが。
そんでもってバブルな歌ですが。

「出会いがなーい」っていつも通りの生活送ってないで、
出会いをガツガツ求めるのも、悪くないんじゃないでしょうか。

合コンやお見合いパーティーにお呼びじゃない年だから、
って思ってるかも知れないけど、

いつも行かない所に行ってみるとか、通る道や電車を変えるとか、
男子が多い習い事をしてみるとか、いろいろあるよね~

※私:「ロマンスの神様、この人でしょうか?」
 神様:「知らんし」

 

■夢見る少女じゃいられない/相川七瀬(1995年)

作詞・作曲:織田哲郎

そんで、
頭では「この世界を変えてくれる」力強いヒーローを求めたりしてるんですが、

心は怖がって心を閉じてたりするんですよ。

「もう自分の涙になんか酔わない」でね。

※夢から覚めて現実で恋しよう。

 

■夏色片想い/菊池桃子(1986年)

作詞:有川正沙子・作曲:林哲司

歌は1分45秒あたりから。

偶然を装って顔を合わせるのは片思いの常識。(?)
男子には装われた偶然かどうかとか分からんから。(笑)

恋のリズムはぜひとも彼の胸まで届けよう。
黙ってては届かん。

※両思い直前って、いいよね。(´∀`*)ウフフ

 

■ラブ・ストーリーは突然に/小田和正(1991年)

作詞・作曲:小田和正

これってキュンとする考え方だけど、
ややもすれば悲劇のヒロイン思考に陥るから気をつけて~。

「あの日あの時あの場所で君に会えなかったら」

そしたらね、

※他の人に会ってたから大丈夫w

 

■LOVE YOU ONLY/TOKIO(1994年)

作詞:工藤哲雄・作曲:都志見隆

このバージョンしか見つからなかったのですが、
ホントはすっごく勢いのある歌で、
男子の「好きだーーー」って気持ちが伝わってくる歌です。

「君が熱い恋をするなら相手は僕しかない」

って言ってほしいよね。

※ただしイケメン好きな人にかぎる

※ならば、自分から言え。

 

 (つづく)

次回は『男子って・・・編』です~♪(´∀`)