絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

おすすめしないこともないラブソング名曲ランキング77をスピリチュアル視点からツッコミ(2)

お次は

2.失恋・破局編

でーす!(目次はここをクリック♪

 

■AXIA 〜かなしいことり〜/斉藤由貴(1985年)

作詞:銀色夏生・作曲:銀色夏生

私的には「ナメとったらシバき回されんぞ」と言いたくなるような歌なのですが・・・w

だって、彼氏がいることを黙って別の男子といい感じになっといて、
そんなの知らない男子はすっかりその気になったろうに、

「もう会えないの・・・ごめんね?
 本当に好きなのはあなたなんだけど、彼とは別れられなくて・・・
 そんな顔しないで? いつもみたいにふざけてて? つらいの私」

とか言っちゃうんですよ!Σ(゚Д゚;

何を言うかこのアマが!どの口が言うとんねん!
などと私は思うのですが、(← ねえさん落ち着いて!)
テレビだったかラジオだったかで、男性が、

「この男子の気持ちがわかる。女子を苦しめたくなくて、
 "いいよいいよ、俺はだいじょうぶだから" とかってなっちゃうんだよね」

って言ってるのを聞いて、( ´゚д゚`)マジカ と思いました。

こんなことされて許せちゃう男子、いるんだー。びっくり。

※男子と女子の感性はかくも違うのね。(個人差か?)

 

■ウェディング・ベル/シュガー(1981年)

作詞:古田喜昭・作曲:古田喜昭

これは男性の作詞なのですが・・・

聖歌隊のような美しくも可愛らしいハモリ声から繰り出されるのは、

元カレの結婚式に元彼本人から呼ばれた女子が、
" 招待状をどうもありがとう! 私からのお祝いの言葉は ピ------ よ❤
 アーメン♪ "

て言う内容なんです。
だけどこれも、男子の願望なんだろうなぁ。ばかだなあ。うーん。

ピ------ の部分は、歌を聴いてねw

※呼ぶな。そして行くな。

 

■悲しみがとまらない/杏里(1983年)

作詞:康珍化・作曲:林哲司

これも男性の作詞ですが・・・

彼氏を親友に取られた歌です。

なかなか彼女に別れを告げられない男子に業を煮やした女子(親友)のほうから、
主人公に電話がかかってくる歌です❤ (← ハートつけるな)

彼氏にも親友にも裏切られたにもかかわらず、

「彼を返して」

と思っちゃう乙女心・・・を、男子は期待しているのか?

※そんな男はノシつけてくれてやりましょう。

 

■春なのに/柏原芳恵(1983年)

作詞・作曲:中島みゆき

男子はハッキリ言わんと分からんのよ。

OK? (´・ω・`)

※とりあえず告れ。話はそれからや。

 

■あずさ2号/狩人(1977年)

作詞:竜真知子・作曲:都倉俊一

テレサ・テン版なんて初めてみた! こっちのほうが好きー♪

それはさておき、
私こういうのは不誠実だと思うんですよね。新しい彼氏にさ。
どう考えても元カレのほうがまだ好きだろ?

「明日私は旅に出ます」とかって心の声ならまだ許せるけど、
元カレんちの留守電とかに残してたりしたら・・・
許さん。メラメラ (← あなたが怒らなくてもw)

※悲劇のヒロインモード入ってますね。

 

 (つづく)

次回は『悲劇のヒロイン編』です~♪(´∀`)