絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

人生は特別じゃない。特別な人生を大事に生きなくてもいい

 

人生を「特別なもの」とか思うから、

苦しいんだと思うんです。

 

人生を特別なものにしないといけない、

充実させないといけない、

せめて「人並み」でありたい、

なのに人並みにすらなれない。

 

だなんて思うから、苦しい。

 

逆境でも頑張っている人もいる。

ハンディキャップを乗り越えて強く生きている人もいる。

何も持っていないところからのし上がった人もいる。

何も持っていなくても心が綺麗な人もいる。

なのに自分は。

なのに自分は、「良い人」にすらなりきれない。

 

だなんて思うから、苦しい。

 

頑張ってもダメだし、

ていうか頑張りが足りないのかも知れないけど、

でも気力も根性ももうないし、

このまま孤独死かな。人生楽しいことなんてなかったな。

 

だなんて思うから、苦しい。

 

 

人生は、特別じゃない。

人生は、特別じゃなくていい。

 

人生に、意味なんてなくていい。

 

わけもなく生まれてきて、

わけもなく死んでいく、

それだけ。

 

人間以外は、みんなそうでしょ。

 

特別だって言う人はいるし、

特別だって思いたい人は思ってもいいし、

意味があるって言う人はいるし、

意味があるって思いたい人は思ってもいい。

 

でも、その考えで苦しくなるなら、

そう考える必要ないと思うのです。

 

淡々と生きて淡々と死んでいいのよw

とりあえず死んだあとに見られたら困る物だけ処分しておこうww

 

わけもなく生まれてきて、

わけもなく死んでいくだけ。

 

だから、

「特別なものにしないと」とか思わなくていい。

「ちゃんとしないと」とか思わなくていい。

 

世間的・世界的に「大事件」「大ニュース」が起こった時って、

その時は感動的な歌や詩がもてはやされて、

「特別な人生を大事に生きなければ」みたいな風潮が高まるけど、

 

どんなに大騒ぎしても、

だいたい、

喉元過ぎれば熱さを忘れる

んですよ。

 

まあ人間は忘れる生き物だし、

忘れる能力があるから生きていけるってところもあるんだけど、

だいたい、

人は他人にそんなに興味ないよね。

 

それがいいとか悪いとかじゃなく、

それって人間の特性だと思うのです。

 

人は他人にそんなに興味がない。

だから、

大騒ぎするニュースが次々と変わる。

どんな大ニュースであっても。

 

てことは、

やっぱり、

わけもなく生まれてきて、

わけもなく死んでいって、

いいんですよ。

 

「特別な人生を大事に生きなければいけない」ことないw

 

「人並みになりたい」って思ってもいいけど、

「人並み」イコール「幸せ」ってことではないから、

人並みじゃなくてもいいじゃん?

 

てかそもそもほんとに「人並み」になりたいわけじゃなくて、

「人並み」だったらそこそこ「幸せ」だろう

というただの希望的観測ですよね。

 

要は、「幸せ」になりたいだけ。

 

んじゃ「幸せ」ってなによ

っていったら、

 

とりあえず、

 

他人の目なんて気にしないようにして、

(今まで気にしまくってたでしょ?)

特別な人生を大事に一生懸命生きるとかじゃなく、

やりたいことをやりたいようにやる。

(やらないといけないこと、じゃなくて)

 

ってとこから始めるしかない気がするのです。