絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

ラスボス前哨戦 ~ 私の中の怒りとその解放(1)

 

その頃、お気に入りのスーパーで、

 

Let it go ~♪ Let it go ~♪

 

という歌がよく流れていて、

 

 

なんかいいな~♪この曲好きだな~♪(´▽`)

天は私に何を手放せって言ってるのかな~

 

と、聞くたびに思っていたのです。

 

日々、自分の心と向き合う中で、

 

私の中に、(潜在意識の中に、心の奥底に、)

『怒り』があることに気がついたのですが、

(生活の中でイライラすることが多かったり、夢の中ですごく怒っていたりして)

 

だけど何に怒っているのか、

どうしたら手放せるのか分からずにいました。

 

子供の頃、怒ってもいつもどうにもならないことがあって、

我慢してあきらめて抑圧することを繰り返すうちに、

麻痺して分からなくなる、、、

 

という知識はあっても、分からないものは分からないのです。

 

でも、

私の中に抑圧した怒りがある、

ということは分かっていました。

 

そして、

浮かび上がってくるということは、(顕在意識に、心の表面に、)

解放できる時期にきているということ。

 

頭で考えて分かる怒りは、

妹に対するお母さん取られた!妹ずるい!から始まったであろうと思われる、

妹への嫉妬や母親への不満。

 

これがあることは、昔から分かっていたのです。

(妹のお宮参りの時の写真の私の表情がすごかったから!)

 

でも大人になった今は別に、事情も分かるし、

別に怒っている意識もありませんでした。(これが麻痺なんだって。)

 

そうしたらいつものスーパーで、

 

ありの~♪ ままの~♪ 姿見せる~のよ~♪

 

って、あれ?

なんか聞いたことあるけど・・・日本語?

 

と思ったら、小さい女の子が一緒に歌っていて。

それで、流行りのディズニー映画の曲かと気がついたのです。

 

そしてこれが『アナと雪の女王』という映画で、

姉妹もののストーリーだということが分かりました。

 

そして思いました。

 

どうせ、よくある姉妹ものの物語と同様、妹が主人公なんでしょうよ。

姉は悪者なんでしょうよ! ヽ(`Д´#)ノ

お姉ちゃんは頑張ってるのに!我慢してるのに!はん!

 

って。

 

・・・( ゚д゚)ハッ!!

 

私、怒ってるし。 Σ(ノ∀`)ペシッ

 

怒っちゃだめだと思っていたのです。

下の子のほうが手がかかるのは当たり前だし、

私のほうが愛されていないというわけではない。

だから。

 

私がそんな風に思ってるって分かったら、

妹は「どうせお姉ちゃんは私のことズルイ・ウザイって思ってるんでしょ」

とかって言うし。

だから。

 

だから。

お姉ちゃんなんだから。

 

だけど!

 

たったの3才でお姉ちゃんになって、

それまで独占していたお母さんが、

ずっと消えたり(妹の出産入院で)、

まるで相手にしてもらえなくなったり(乳児の相手で)、

 

お宮参りで赤ちゃんの妹を抱いてるお母さんを見上げてる私の表情、

すごいよ?

嫉妬とか怒りとか悲しみとか、ごちゃまぜになってる。

 

幼稚園の運動会で、私と一緒にお遊戯しているお母さんの、

その足元にまとわりついて泣く妹・・・じゃま・・・!

 

かわいそうじゃん小さいあたし!(´;ω;`)ブワッ

 

そんな証拠写真あれこれ残してんじゃねーよ、親!

フォローしろよ!(されたけど覚えてないのか? 私?)

 

でも、こういう怒りを表に出しちゃいけない、って、

出したとしても控えめに、って、

ずっと我慢してきたのは確か。

 

・・・よし、怒ろう。

 

この映画を観に行こう。

分かってるところから手をつけよう。

 

映画を観てたら、

忘れちゃった記憶が蘇るかもだし。

何に怒ってたか分かるかも。

 

蘇らなくてもいいや、

思いっきりエルサ(お姉ちゃん)に感情移入して観て、

思いっきり怒ろう!!

 

・・・ということで、観に行ったのです。

 

(※妹のことは、もちろん愛してますよ?)