絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

チームリーダーは自分。神様や天使達や守護霊達はチームメンバーw

 

もし、

神様とかがいるとしてですよ。

天使達とか守護霊達とか、ガイド達とか?

 

そういう目に見えない存在が、

ひとりひとりに数人(人?)ついてるっていいますよねー。

スピリチュアルとかでは。

 

でね、

そういう存在を、

 

「自分を導いてくれる存在」

 

だと思うのが、誤りだと思うわけです。

 

誤りっていうかさ。

 

「自分を "自分の都合のいいように" 導いてくれる存在」

って勘違いしてるっていうかさ。

 

なんでって、じゃあ、

そういう「導いてくれる存在」が現れて、

(やっとこさコンタクトが取れて、)

 

 

お前の使命は ○○ である。   ← 今の自分が絶対イヤだと思っていること

 

 

と言ったとしたら、

 

 

はい分かりました。ありがとうございます。

 

 

と言って、素直に従うのか?という話です。

 

きっと従わないでしょう。

 

 

え・・・それはイヤ・・・ムリ・・・

 

 

ってなって、

 

 

きっと他の方法があるはずだわ。 とか、

きっとこれは間違いだわ。 とか、

ていうか、お前ってなんなん? とか、

そもそも神様なん? とか、

 

って、自分の都合のいいように解釈して、ねじまげて、

 

自分が望む答えを出してくれるのを待ち続けたり、探し続けたり。

そしてまた苦しんだり、神様達を呪ったり。 

 

 

だったら、

神様達に聞かずに、自分の好きなようにしたらいいじゃんね。

てか、自分の好きなようにしかしてないじゃんね。

 

 

「正解」がほしくて、

「うまくいく方法」が知りたくて、

神様や天使達に聞きたいと思うわけですが、

 

自分の気に入る「正解」や、

自分の気に入る「うまくいく方法」でないと、

きっと納得しないんじゃないでしょうか。

 

 

「導いてくれる存在」だと思ってるくせにね。

 

だからやっぱり、

「自分の都合のいいように・自分の気に入るように導いてくれる存在」

だと誤認しているんじゃないかと思います。

 

 

 

もしね、

自分という存在に、

神様やら守護天使達やら守護霊達やらガイド達やら、

目に見えない存在がついててくれるとしてですね、

 

じゃあそのチームのリーダーは誰なん?

 

っていったら、自分なわけですよ。

 

自分がリーダーなんです。

自分以外の存在は、チームメンバーです。

 

 

さらに、

自分という存在も、

複数に分けられるかも知れません。

 

顕在意識と潜在意識とか。

顕在意識の中でも、天使な自分と悪魔な自分とかね。

 

 

それらもぜーーーーんぶひっくるめて、

自分というチームの、

 

リーダーは、

 

自分です。

 

顕在意識で一番強く現れているキャラ・・・って感じかな。

 

 

バイトや仕事に置き換えてみたらさ、

 

リーダーは自分。

としたら、メンバーに指図されたくないですよねw

でも、メンバーの協力なくして仕事は回らない。

 

メンバーは、意見は言う。

でも、チームの意思決定は、リーダーがする。

チームの責任も、リーダーにある。

 

ってことなんですよ。

 

 

自分という、自分の人生というプロジェクトの、

リーダーは自分です。

現在の顕在意識上に強く現れているキャラ(自分)がリーダーです。

 

 

神様や天使達や守護霊達やガイド達は、

チームメンバーなんです。

 

メンバーに指図されたくないですよねw

 

ていうか、

神様や天使達や守護霊達やガイド達は、

リーダーを自分(私)だと思っているから、

余計な口を出さないんだと思います。

 

そしてこの困ったリーダーが、

意見を言っても聞く耳持たないってことも、きっと知ってる・・・

だから余計な口を出さないんだと思いますw

 

だけど人間関係と違って、

きっと裏切ったりしないと思われます。(これは私の感覚だけど)

 

リーダーがこうする!って決めたら、

全力でサポートしてくれるんじゃないかなー。

 

わかんないけどw

 

全くサポートしてくれないように思えることもあるけどw

 

 

でもねえ、リーダーは自分なんですよ。

 

 

サポートしてくれないように思えるメンバーのクビを切るのもありだし、

どうしたら今のメンバーで自分の思う方向へ進めるか考えるのもありだし。

 

 

とにかく、自分というチームのリーダーは自分だから。

 

自分の好きなように、自分がやりたいように、

チームを運営していきましょう♪

というか、すでにそうしていると認識してみよう。かな?

 

 

 

▼似たような記事