絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

アラフォーの女性で婚活がつらくて苦しいあなたへ

 

あなたは、自分のことが好きですか?

 

 

・・・たぶん、好きじゃないですよね・・・

 

あなたは、自分の嫌いなところがありますか?

 

・・・たぶん、たくさんありますよね・・・

 

そんな自分を、

誰かが好きになってくれたら(、自分も自分を好きになれるのに)。

結婚できたら(、せめて人並みの自分だと認められるのに)。

と思っていないでしょうか。

 

そしてそんな風に、

自分のことを、あまり価値のない自分、という風に思っていると、

(無価値感を持っていると)

婚活市場というフィールドで、

ますます無価値感に苦しめられることになると思います。

 

ひどい扱いですよね。

婚活市場というフィールドでの、アラフォー女性の位置づけ。

ネットなんかでは、ゴミみたいなもの、とまでの言われよう。

 

流行りの、結婚相談所の相談員やお見合い仲人さんまでが、

アラフォー女性は上下5歳差の相手を望むなんて高望みだ、

60前後の年上男性でいい、同年代は年下女性に譲れ、だなんて。

 

何が悲しくて、15も20も年上の人と結婚しないといけないの?

好きになった人が15も20も年上の人だった、ていうならともかく。

 

確かにね、何夢見てんだ、みたいな条件を言う女もいるよね。

そういう自分は何様なんだっていうような。特にネットで。

 

でもこの手紙を読んでいるあなたは、

きっと普通に普通の結婚したいだけだと思う。

(普通、っていっても、普通の定義も色々、

 何を普通といえるのかは分からないけど)

 

条件から入る婚活だからこそ、

年が近いほうがいいな、理想の体型がいいな、

とか思うよね。

 

だけど、

「普通」にしてて今まで結婚相手に出会えず、

「普通」にしてて結婚に縁がなく、

だから結婚することに対して自信がないから、

人の手を借りようと思って婚活フィールドに行ってみて、

そこの相談員や仲人さんからまで、そんな風に言われちゃうと、

 

自分が間違っているのか?

 

って思っちゃうよね。

 

間違ってないよ。

間違ってない。

 

もし間違っているとすれば、

 

無価値感を抱えた状態で、

そこ(婚活フィールド)にいるということ。

 

はじめから無価値感を抱えているから、

婚活フィールドで、余計に無価値感が大きくなるんだ。

 

だから、

婚活がつらくて苦しくて、

アラフォー女なんて人間じゃないんじゃないかって

思っちゃったりするぐらいなら、

 

婚活に使うお金、

自分のためだけに、自分の楽しみのためだけに使ってみよ?

 

あなたは何が好き? 何をしたら楽しい?

 

出かけたいところに出かけよう。

会いたい人に会おう。

(会って楽しくなくなる友達になんて会わなくていい)

 

好きな服を着よう。好きな色の服を着よう。

自分で自分が一番スタイル良く見えると思える服を着よう。

 

オシャレしよう。

ボディ引き締めよう。

メイク習おう。

 

こういうこと、

婚活始める前にも、きっとしていなかったでしょう?

 

婚活なんてするの、

自分を十分楽しませてからでいいんじゃないかな!

 

自分をとことん、楽しませよう♪

 

ま、すこーし欲出して、

 

どうせ出かけるなら、男子率が高いところ~♪

 

とかって考えてみてもいいけどね♪

 

ルクスより☆