絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

自分探しというのは、自分の感覚に対する自信を取り戻すということ

 

「自分探し」「本当の自分」

見つけたい気持ちは、分かります。

 

とはいえ、

 

本当の自分・ありのままの自分、というのは、

嫌だろうが何だろうが、

今ここにいる自分、なので・・・

 

探すとすれば、取り戻すとすれば、

それは、

 

自分の感覚に対する自信

だと思うんです。

 

「自分探し」や

「本当の自分」「ありのままの自分」を探すというと、

 

自分のしたいこと・やりたいこと・天職・天命、

なんかを探してしまいがちではないでしょうか。

 

でも、

「したいことが分からない」というのは、

「自分の感覚が信じられない」ということでもあるので、

その状態でいくら探しても見つからないと思うんです。

 

おそらくは、(昔の私のように)

親の意に沿うように生きてきてしまったり、

自分の意見や感想はことごとく否定されて生きてきてしまったりして、

 

そうすると、

自分の意見や感想、気持ち、というのが分からなくなって、

それが当たり前(無意識)の状態になってしまうんです。

 

そういう風に生きてきてしまった自分、

それを責める必要は全くありません。

 

それが、今の、ありのままの自分、です。

自分らしく生きてきた延長線上が、今、です。

 

でも、

自分の意見や感想や気持ちが分からない状態では、

何がしたいか分からなくて当たり前・・・だと思いませんか?

 

ですから、

「自分探し」や、

「本当の自分」「ありのままの自分」を探したい・・・と思ったら、

 

まずは、

自分の身の回りにある物や事、人に対する、

自分の意見や感想や気持ちを改めて見てみて、

 

本当にそれは自分の意見なのか?

自分の感想なのか?自分の気持ちなのか?

本当は自分はどう思っているのか、どう考えているのか?

ということを感じてみて、

 

その自分の意見や感想や気持ちに対して、

「誰かがこう言ったから、自分は間違っている」と思ってはいないか?

というところから始めるのがいいんじゃないかなと、思うのです。

(お金もかからないし!)

 

誰かが、(親が、先生が、友達が、恋人が)

違うと言うからって、

自分の意見や感想や気持ちが、間違っているわけではないのです。

 

誰が何と言おうと、

自分の意見や感想や気持ちは、

自分にとって正解で、自分のものなのです。

 

誰かに影響されて、

意見や考え方を変える、取り入れる、ということと、

自分が間違っていると決めつけることとは、違うんです。

(これもはじめは難しいかも!)