絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

自信とは、自分を信じること?

 

自信、それは自分を信じること。

 

と、初めて聞いた時は、

 

おお!!( ゚д゚)

 

と思ったのですが、

 

 

それが難しいんだっつの。

頭では分かっても、理屈は分かっても、

心が納得していないことは、できません。

(少なくとも私は・・・)

 

アファメーション(肯定的な宣言、断言)やお祈りなんかも、

やればやるほど、

虚しい気持ちや不安な気持ちや、そんなことないって思う気持ちが、

強まったりして。

 

『私は愛されている』

なんて、何が? どこが? 誰が?

 

( ゚Д゚)ハァ?

 

(´Д`)ハァ…

 

みたいな。(笑)

 

愚直に呟き続けろと、

『どうせ私なんて。どうせ私は愛されない。』

と、何年何十年何百回何千回思い続けたのを上回るぐらい、

呟き続けろと、

 

泥水のコップが透明になるまで、

最後の一滴までキレイな水を注ぎ続けろと、

 

そんな説明を見聞きして、

そうかなと思って、

やってみても、やり続けようとしても、続かない。

 

でも、

自分を全肯定し始めて、それができるようになったあと。

 

アファメーション系のお祈り、普通にできるようになってました。

 

あれ?(・-・)・・・できるかも。

イヤな気持ちにならないかも。

 

と、びっくりしましたが、

 

自分を全肯定できるってことは、

 

『私は愛されている』というアファメーションに対して、

 

えー。そうかなあ。。。(´・ω・`)

 

と思ってしまっても、

そんな自分も

 

うんうんそうだよねー。

 

と受け止めることができる、肯定できる、

ということだったのです。

 

不安な気持ちが浮かんできても、

 

うんうん不安だよね。

 

と受け止め、肯定し、

 

不安でも大丈夫♪

 

と、またアファメーションに戻ることができます。

 

何度も何度も同じ不安な気持ちが湧き上がってきても、

何度も何度も受け止めて肯定するのです。

 

そうだよね、そう思うよね、うんうん。

 

って。浮かぶたびに。

 

それだけなのですが、

 

自分(の気持ち)を、

否定してねじ伏せて何かしようと頑張るより、

受け止めて肯定すると、

自然に消えていくみたいで、

 

そしてそれが結果的に、

自分を信じることにつながっていました。

 

そしてアファメーションも続くようになりました。

(今はしていません)

 

自分を信じようとするより、

自分を肯定しようとするほうが、簡単だし、

結果的に自分を信じられるようになっていました。

 

自分(の気持ち)を、

否定してねじ伏せるより、

受け止めて肯定するほうが、

簡単なうえ、

効果的だったみたいです。

 

私にとっては。