絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

真面目に不真面目のススメ「これがあたし」

 

大晦日です。

 

今年を振り返って、

何か反省しちゃったりして、

 

来年の抱負を胸にゴゴゴゴ・・・!となってる人は

このブログを読んでないと思いますので、(笑)

 

たぶん、

このブログを読んでる人は、

 

今年もダメだった・・・

頑張ったのにダメだった・・・

なんでできないんだろう

これからだってどうしていいかわからない

幸せになれないなら生きてても意味ないな

 

・・・などと、

 

暗く落ち込んだり、

若干ブルーな感じになってたり、

 

するんじゃないかなーと思いますが・・・

 

 

私も含め、

人生に憂いを感じやすい人って、基本が「真面目」なんですよねー

 

クソ真面目に生きてるが故に、色々苦しくなったりする。

 (クソ真面目っていったって、時々は、

  道路に車がいなかったら信号赤で渡っちゃったり、

  少しスピード違反しちゃったりもするけど、

  そんなの不真面目ってほどじゃないんですよねw)

 

それで

「真面目に考え過ぎだよー肩の力抜きなよー」

とか言われちゃったりして、

真面目な自分に傷ついたり。

 

真面目な自分がダメなのかって思って、

真面目な自分がイヤで、

そんな自分を変えようとしたりして。

 

だけど・・・

 

「これがあたし」なんですよ。

 

「基本的に真面目」なのが私。

 

そこをイヤだダメだ変えよう。ってすると、

苦しくなって当たり前かなと思います。

 

「基本的に真面目」というのは、

「生まれながらに真面目」ってことだと思うんです。

 

あなたも、

小さい頃から「普通に真面目」だったんじゃないでしょうか?

 

私も、

物ごころついた頃から真面目だったように思います。

 

 

真面目って、

融通が利かないとか堅物とか、良くないイメージもあるけど、

 

真面目って、

誠実ってことでもありますよね?

 

自分でも会社の研修課題とかもっと適当に考えればいいのにって思うけど、

真面目に捉えて真面目にやっちゃうのが私なんですよ。(笑)

 

 

適当に力を抜いて明るく軽く生きられない・・・(>_<)

と自分を嘆くのではなく、

 

つい誠実に真面目に全力投球で生きちゃう自分を、

暖かい目で見ていきましょ~♪

 

で、

真面目に「ここは手を抜こうかな」「ここは軽くいってもイケるな」と

不真面目になる部分を、都度検討していけばいいのかなーと思います。

 

 

▼去年も真面目だった私の記事w