絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

ルクス的・願いが叶わない理由の考察(1) ~ 叶わない願いを捨ててみませんか

 

願いを強く持ち続ければ叶う、とか、

あきらめなければ叶う、とか、

はたまた手放せば(執着を)叶う、とか、

願いに対するネガティブな感情を消せば叶う、とか、

 

 

色んな本やサイトに色んなことが書いてありますけど、

今これを読んでいる人は、

どれを試してもダメだったのかな、と思います。

 

私も色々考えて、自分なりに納得したことを記事にしました。

引き寄せの法則はあるのか。叶う願いと叶わない願いがあるのはなぜなのか。(1)

引き寄せの法則はあるのか。叶う願いと叶わない願いがあるのはなぜなのか。(2)

願いが叶うにはいい人でなければならないのか。性格がよくないと願いは叶わないのか?

願いは自然に叶うもの=機は自然に熟すもの。だと思う。

叶う願いも叶わない願いも、叶う恋も叶わない恋も、全てはベストタイミング。なんだと思う。けど

今の自分を、全肯定していこう ~ ありのままの自分を見せるのは、まず自分。かな。(2)

 

そして今思うことは、最新の記事がそれに近いのですが。

 

願いの動機が、自己否定だと、ダメみたいです。

 

願い自体、願いを持つこと自体はいいんです。

どんなものでも。

 

でも、

その動機が、自己否定だと、ダメなようです。

 

ダメ、というのは、

願いを持つ動機となる、その自己否定のほうに、

フォーカスがいってしまうみたいだということです。

 

例えば、

「恋人が欲しい」「結婚したい」という願い自体、

その願いを持つこと自体は問題ないのですが、

 

その願いを持つ動機が、

「恋人がいない自分はダメだから」

「結婚もできない自分は人生の落伍者だから」

などという自己否定だった場合、

 

願う

 =自己を否定する

 =自分で否定していることそのものが叶う

 =現状維持、てか今叶ってるじゃん?

 

という図式のようなのですね・・・

 

Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン

 

願いをあきらめたら叶った、ってよく聞きますよね。

そういうことなのかなって。

 

大転機:本当の「ありのままの自分」を認めた時

というようなことが必要なのかなと思うんです。

 

もし、どうしてもどうしてもどうしても叶ってほしくて、

でも、どうしてもどうしてもどうしても叶わない願いを持って、

この記事を読んでいるとしたら、

一度、考えてみませんか。

 

なぜこれを願うのか。

この願いを捨てたら、どうなると思うのか。

この願いが叶わない自分について、どう思うか。

 

そして、

この願いが叶わない自分を、自分で肯定してみませんか。

 

そういう自分に、自分でOKを出してみませんか?

 

私も今、

自分の願いや希望について、その真の動機を探ること、

そして、願い自体を捨ててしまうこと、について色々考えています。

 

願いはあまりないと思っていたのですが、

そうでもないことも分かってきたので、、、