絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

今の自分を、全肯定していこう ~ ありのままの自分を見せるのは、まず自分。かな。(2)

 

自分を取り巻く、

変えたいところ。

変わってほしいところ。

こうなりたいところ。

 

それってつまり、

 

自分の嫌なところ、なんですよね。

 

でも、それがつまり、

そういう嫌なところのある自分が、

現状の、ありのままの自分、なんです。

 

イヤですね。(>_<)

 

で、だから、

ああなりたい、これがほしい、あれがほしい、ああしたい、

と、願望・希望・願いを持ってしまいます。

 

でも、叶わない。(叶いにくい)

 

そして余計に、自分の何がダメなの?って思う。

今の自分がダメだから、今の自分のやり方がダメだから、

願いが叶わないと思う。

 

何でこんなに頑張ってもダメなの!? 号(┳◇┳)泣

 

って思っちゃいますよね~。

 

でも、

 

今の自分がダメ、

だから、そこに目を背けて、そこは見ないようにして、

 

こうなりたい、ああなりたい、こうなったら、ああなったら!

こうなれれば! ああなりさえすれば!

なんて思うということは、

 

今の自分が、置き去りなんです。

現状の自分が、ありのままの自分が、置き去りなんです。

 

人は、褒めてもらうと嬉しいですけど、

それって、

その時の自分=今の自分を肯定された、認めてもらえたことが、

嬉しいみたいなんです。

 

だから、褒められただけでは嬉しくないんですよね。

 

例えば、

 

「私この服似合う♪かわいい♪」って思っている時に、

「その服かわいいね!似合うー!」って言われると(褒められると)、

「ありがとー!!」って、すごく嬉しいと思うんです。

その服を選んだ自分を認めてもらって、その上で褒められているから。

(だからそういう時に、その服違うんじゃない?等と言われると、普通以上にヘコむはずです)

 

でも、

 

「私ってブス・・・」ってヘコんでる時に、

「そんなことないよ!かわいいよ!」って言われても(褒められても)、

「励ましてくれてありがとう」って、特には嬉しくないと思うんです。

だからって、「そうだね!ブスだね!」とは肯定しにくいですけど。

 

でも自分に置き換えて考えると、

「自分で自分をブスだと思っている」

というその気持ちを否定すると、ないことにすると、余計に苦しいんです。

 

その、悲しい気持ち、やりきれない気持ち、みじめな気持ち、そういう気持ちを、

そういう風に感じている自分を、

まず自分が認識して、認めて、肯定して、

そこから、どうするか考えたほうがいいみたいです。

 

 

「1km先は、歩けない」

 

これは『ハッピー!/波間信子』という盲導犬の漫画に出てきた言葉です。

主人公で全盲の香織さんが、何をするにも人より遅く、うまくできない、

と自分にイラつきキレた時に、言われていた言葉。

(断捨離して手元にないので検索したら、コミックス22巻に出てきたようです)

 

これも、

 

今現在の、

たった今の、

ありのままの自分を、

肯定しないことには、

どこにも進めない。

 

ということだと思うんです。

 

こうなりたい、ああなりたい、

あれがほしい、これがほしい、

 

それは、

そうでない今の自分が、持っていない今の自分が、

嫌だから。

 

ありのままの自分を、自分が否定しているから。

 

だから、苦しいんです。

 

だから、

 

ありのままの自分を、

嫌だと思っている、変えたいと思っている、

そんな自分をこそ、

自分に見せて、自分が見て、

自分が認識して、自分が認めて、

そして自分が肯定する、

 

そんな必要があるみたいです☆