絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

なんで私ばっかり!と思う時、愛しているのは「彼」じゃなくて「愛されない自分」(3)

 

ありのままの彼を、理解し受け止め愛する

ということについて。

 

ありのままを理解する、とは、

 

「そういうことなんだ!!」

と分かる、納得できる、ということではないんです。

 

よく分かんないけど、彼はそう思うんだな~

納得できないけど、彼はそうするんだな~

理解できないけど(!)、彼はそう感じるんだな~

 

と、ただ受け止めるということなんです。

彼の、どんなことも。

 

たとえ、

どんなに理不尽だと「私」が感じることを言われたりしても。

 

あ~「彼」はそう感じるんだねー・・・

理解不能だけど・・・

 

って。

 

そして、

彼のことをそういう風に愛している自分をも、

認めて下さいね。

誰に何て言われても。

変人だ、物好きだ、ダメンズウォーカーだ、って言われても。

 

自分にとってベストなことが、

ベストタイミングで、起こっている、

だから大丈夫、間違ってなんかない、

って信じて下さいね。

 

だけど落ち着いて考えたら、

普通のことといえば普通のことなんですよね。

 

誰がどう思っても誰に理解されなくても、

「私」が「そう思う」し「そうする」ように、

 

「私」にはどう思えても「私」に理解できなくても、

「彼」は「ああ思う」し「ああする」んです。

 

よくわかんないけど。(笑)

 

わかんないけど、

 

「私」が、「そう思う」私を、「そうする」私を、

否定されたら嫌なように、

ありのままの自分を受け止めてもらえたら嬉しいように、

「彼」もまた、同じはず。

 

「彼」だから特別分かりたい、分かってほしい、

パートナーなんだから。

と思う気持ちも分かりますが、

 

とはいえ、

別の人間です。しかも、異性の。

 

男は火星人で女は金星人だなんても言われますが、

私は野性動物を観察するような感じかと思います。(笑)

 

ありのままの野生動物を、あ、彼を、

そのまま理解しようと受け止めようと愛そうとしてみて下さいね。

 

なんでそんな風に思うの!!って言っても、

思うんだからしょうがありません。

それは間違ってるでしょ!!って言っても、

野生動物の世界ではそうなんです。

本人は今までそれで生きてきたんです。

 

コントロールしようとしても、

(コントロールだと意識していなくても、

 こうしてほしいああしてほしいのほとんどはコントロールです)

無理に家に連れて帰って可愛がろうとしても、

山に帰りたい・・・って夢遊病になったりするんです。(それはハイジ)

 

よくわからなくても、理解できなくても、納得できなくても、

ただそうなんだな~、と理解し受け止めて下さい。

 

理解できないことを、理解できないまま理解してあげて下さい。

受け止め続けてあげて下さい。

 

こんなことしてて何になるんだろうとか、

私は愛されないままなんだろうかとか、

そういう気持ちが強くなったら、

それでも「彼」を選び続けるのかどうか自問して下さい。

 

やっぱり「彼」を大事にしたいのであれば、

ちょっとここにおいしいごはんあるよ♡(ごはん=愛情)

って、なでなで褒め褒めし続けてあげて下さい。

 

なんで私ばっかり!!

 

って思ったら、フリダシニモドル。(笑)

⇒フリダシ『なんで私ばっかり!と思う時、愛しているのは「彼」じゃなくて「愛されない自分」(1)

 

だけど・・・

 

何を、いつ、どう選択して、どう行動しても大丈夫です。

全てが、ベストタイミングでベストな行動です。

 

私は、そう信じています。