絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

ずっと自分の居場所がないと思っていた私が見つけた私の居場所(1)

 

ずっと、

自分の居場所がないと思っていました。

どこにも自分の居場所がないと思っていました。

 

 

だから、

私の居場所がほしいと思っていました。

私の居場所はどこにあるんだろうと思っていました。

 

居場所のある人が、

羨ましくて妬ましくて苦しかった。

 

私も、

ここが私の居場所!と思える場所で、

心から安心してぬくぬくしたい。

 

タロットを習っていたほうの先生(男)に、

「『彼の生きるところが私の居場所』って思えばいいんだよ」

って言われたことがあったけど、ピンときませんでした。

 

そうとは思えなかったし、

その考えを自分に馴染ませようと思ってもできませんでした。

 

彼の居場所になりたいとも思っていました。

彼の居場所でありたいとも思っていました。

 

彼がそう思えるような私になりたいとも思っていました。

彼がそう思える私でありたいとも思っていました。

 

そうすれば、

私の居場所もできるんじゃないかとも思っていました。

 

彼の世界に、私はいないと思っていました。

入れてはもらえないんだと思っていました。

 

彼は気が向いた時や時間が余った時にだけ私の世界にやってきて、

それ以外の時間は自分の世界にいて、

それは入れてもらえる私ではないからだと思って、

入れてもらえる私にならないとダメなんだと思っていました。

 

でも違いました。

 

私の居場所は、私自身だと分かりました。

 

私自身が、私の居場所だったんです。

 

私のいるところこそが、私の居場所でした。

 

そして、私の居場所に、彼もいるんだなと思いました。

だからきっと、彼の居場所にも、私がいるんだと思います。

 

さらに、私の世界に彼がいるように、

彼の世界にも、私がいるはずだと思うようになりました。