絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

思考を使ったらいいところ・使ってもどうしようもないところ

 

苦しくて、ぐるぐる考えて、苦しくて苦しくて苦しい。

 

考えてもどうしようもないこと、

考えてもどうにもならないことを、

ぐるぐる考えてしまうのは、苦しみの無限ループです。

 

今、苦しいから悩んでいるとします。(まあ大抵そうですけどw)

 

例えば、

別れたほうがいいのかどうか、

会社を辞めたほうがいいのかどうか、

そういうので悩んで苦しいとします。

 

こういう場合に、

 

・ なぜ彼はこうなんだろう? なぜ彼はああいうことをするんだろう? とか、

・ 彼は私のことをどう思っているんだろう? とか、

・ なぜうちの会社はこんな不公平がまかり通っているんだろう? とか、

・ 会社は私のことを使い捨てにするつもりなんだろうか? とか、

 

そういうことをぐるぐる考えても、

答えは出ないし分かりません。

ですよね。

 

ということは、

 

そういうことは、

ぐるぐる考えても苦しいだけで意味がない。

ということです。

 

だけど、なのに、

こういうことを、

やみくもにぐるぐる考えて苦しんじゃうんだよねー。

それは分かる。(´・_・`)

 

でも、

用途が違うところでいくら思考を使っても、

どうしようもできないと思うんですよ。

 

ペーパーナイフで果物の皮むけないじゃん?

果物ナイフでカボチャ切るのは苦しいじゃん?

そんな感じで。

 

だからこういう場合、

どういう風に思考を使ったらいいかというと、、、

 

 

意を決して別れる(辞める)のは怖い。

別れても(辞めても)後悔して苦しいかも知れない。

でも今、別れずに(辞めずに)いて苦しい。

このまま現状維持で苦しい+現状維持でまた数年経ってあの時別れて(辞めて)いればよかったと後悔して苦しいのと、

別れて(辞めて)、別れなければ(辞めなければ)よかったと後悔して苦しいのと、

どっちがいいだろうか?

 

 

こんな感じですかね。

 

今、すでに苦しいわけですよね。

 

① 今の苦しさ現状維持

② 苦しいまま別れない(辞めない)でいて、

  未来に「あの時別れて(辞めて)いたらどうなったんだろう」などと

  後悔してさらに苦しむ

②’ もしかしたら、万一、

   彼が(会社が)変わるという奇跡が絶対に起きないとは言い切れない

   (けど、天変地異が起きる確率と比べてどうなんだろうか)

 

↑これを取るか、

 

③ 別れる(辞める)ことにして苦しむ

④ 未来に「あの時別れなければ(辞めなければ)どうなっていたんだろう」などと

  後悔して苦しむ

④’ もしかしたら、

   素晴らしい新しい彼(新しい会社や仕事)に巡り合うかも知れない

④'' とはいえ巡り合わずに④の後悔をして苦しむかも知れないけどw

 

↑これを取るか。

 

 

こんな風に、

考えられる限りの未来予測を立てたり、

その中からどれを選ぶのが自分にしっくりくるだろうか、

などと考えるのが、

思考の正しい使い道かな、と思います。

 

 

答えの出ないことをぐるぐる考えて苦しむ自分も、

それはそれで良しとした上でね♪

 

 

だけど、

「もしあの日に別れなければ同じ翼で旅してた(時間旅行/松田聖子)」

ってことは、

きっとないと思うのよ、たぶん。

 

別れる縁なら別れるし、別れない縁なら別れないんだと思うから。

 

この歌は、単に新しく好きな人ができていなくて、

元カレに未練たっぷりな乙女の感傷だと思う。


松田聖子 時間旅行

 

気持ちは分かる。(T_T)

 

でも、

彼女と一緒に旅行してる時に、

旅立つ前にもう一度だけ元カノと瞳で会話するような男は、

イヤやろ。