絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

カウンセラー・セラピスト・ヒーラー・占い師の選び方(2)

 

値段もピンキリ

人柄もピンキリ

 

じゃないですか。(ピンはひどすぎる値段の時もあるw)

相場もなければ保険もきかない。(医療機関のカウンセリングはきくところもある)

 

なら、

 

人柄や料金を総合的に考えて、

居心地のいい人 = その時の自分が好きな人

 

を選べばいいと思うんです。

 

どんな人でも、その発言に主観が入ります。

それはもう、どんな「すごい人」でも。

 

その人の考え方を押し付ける、というほどではないにせよ、

(押し付けるってレベルの人も中にはいる)

 

客観的にリーディングしている、

客観的に話を聞き判断し内容を伝えている、

といいつつ、

その人の好みというか考え方の傾向がどうしても現れると思うんです。

 

たとえば、

 

問題を努力して乗り越えることをよしとする人は、

努力の仕方や解決方法を導き出そうとするし、

 

" 自分はクライアントを何とかする力がある ” と思っている人は、

自分の意見や助言に異を唱えるクライアントに冷たくしたりするし、

 

○○才以上は△△という傾向にある、という ” 常識 " を、

実体験で経験したことのある人は、

それを「客観的な意見」の中に含めてしまったりするし、 

 

・・・という風に。

 

少なくとも私は、

その発言に1ミリも主観が入らないカウンセラーやセラピストや占い師を見たことがありません。

その人が意地悪でそうしている/していないにかかわらず。

(意地悪なんて言語道断w)

 

だけどまあ、

その主観がその人の持ち味ってことでもあると思うんです。

 

これは、

学校や塾の先生、家庭教師、教習所の指導員、ジムのインストラクター、

などと置き換えて考えてみると分かりやすいんじゃないでしょうか。 

 

教え方は、人それぞれで、それが持ち味です。

その学校やスクールの傾向(特色)もあると思いますが、

教え方という意味では、やはり「人」です。

 

そして、

同じ回答を導く方法は、ひとつではありません。

やり方は複数あります。

 

そして、

人生の場合、

そもそも、

回答そのものが、ひとつきりではありません。

 

・・・というわけで、

私は、

 

人柄や料金を総合的に考えて、

居心地のいい人 = その時の自分が好きな人

 

を選べばいいと思うんです。

 

(『カウンセラー・セラピスト・ヒーラー・占い師の選び方(1)』も読んでみてね☆)

 

で、

その人の予約がうまく取れない時は、その人(プランA)に固執しない、

(詳しくは『心理テスト・落としたアイスとプランB』をどーぞ)

ほうが、人生ラクですよん♪