絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

男子がお金を出してでも欲しいもの

 

それはずばり、

 

称賛

 

だと思います。

 

褒め称えられたいのね。

 

すごーーーい❤

って言ってほしいのね。

 

カワイイじゃんw

 

だから、

そこらへん心得てるお水系のお姉さん達は、モテるよね。

 

それも道理だと思うのです。

 

昔は、大嫌いでしたけど。そういうの。

 

元カレは、バブル世代真っただ中の人で、

仕事だったり仕事じゃなかったりで銀座的なところへよく出入りしていて、

(平日は家で晩ごはん食べることがなかった)

 

飲み屋のお姉さんとのメールのやり取りを見つけては、

(ゴメン携帯見る人だった私)

 

ばっかじゃねぇの。

何で男って、恋愛ごっこがしたいんだろう。

ムカつく。

 

って思っていました。

 

元カレにそう言ったこともあったと思う。(/ω\)イヤン

なんで恋愛ごっこがいるのって。吐き捨てるように。(/ω\)イヤン

 

だってさ、

当時の私はセックスレスでも悩んでたのに、

元彼はそういうことには頑として向き合わず、

飲み屋の女どもとはキャッキャ(´∀`*)ウフフしてるわけですよ。

腹立つじゃないですか。

 

元彼が「これも仕事のうち」で押し通すのがまた腹立たしかった。

 

そして、当時の私は「誰にも勝てない」と思っていた私だったので、

「飲み屋の女の人は偉い。すごい。下ネタから経済の話までついてくる」

といったような、

元カレや取引先のおじさん達の言葉に、傷ついていました。

 

ああいう女の人達のほうが、上なんだ。って。

 

元カレの親友は、妻子持ちで、

飲み屋の女の人のお尻を追っかけまわしてたりしてたし、

元カレもご同類かなって思ったりした。

 

元カレ曰く

「飲み屋の女が真剣に相手するわけないんだからほっとけばいい」

だったけど、元カレの言葉なんて信じられなかった。

 

飲み屋のお姉さん達の営業メールもまた、

甘い甘いメールなわけですよ。

「さむくなってきましたね~。マミ(仮名)はもう手袋してますよー」

みたいな。

知らんがな。みたいな。お前は彼女かよ。みたいな。(笑)

 

まあ飲み屋のお姉さん達は、

指名かつ同伴を取るのが仕事なわけですから、

気のあるそぶりも恋愛ごっこも、仕事です。

 

下ネタから経済の話までついていくのも、仕事です。

男の人を褒めるのも、仕事です。

男の人に気に入ってもらうのが、仕事です。

 

だから、手放しで歯が浮くぐらい褒めてると思います。

 

飲み屋のお姉さん達は、仕事だから、

恥ずかしげもなく、心にもないお世辞や称賛でも、

本気のように送れるんだと思います。

 

そして、ある程度お世辞だって分かっていても、

(お世辞だって分からなくて

 本気になっちゃう困ったちゃんもいるにはいるでしょうが)

 

そこにお金をつっこんじゃえるのが、男子です。

 

逆にいうと、

お金を払ってでも、

それがもらえると嬉しいのが男子なんだと思うんです。

 

また、飲み屋のお姉さん達の「褒め」(という名のラブゲーム?(笑)

がうまくいくのは、

下心のある褒めではないからだと思います。

 

下心は、あるか。(笑)

お店来てほしいだろうし同伴してほしいだろうしお金使ってほしいだろう。

貢いでもほしいだろう。・・・下心だらけじゃんw

 

って、そういう下心ではなく、

 

恋愛感情的なコントロールという下心ではない、という意味です。

(『男子を褒めてもうまくいかない件』参照)


たしかにねー、

私も、

ダーリンを褒めるのが一番照れます。(笑)

 

よそのどーでもいい男子達を褒める時のほうが、

どーでもいいと思ってるだけに、照れずに盛大に褒められます。

 

だけど!

 

一番手放しで盛大に褒めないといけないのは、

マイダーリン❤なのです。

 

よそのどーでもいい男子達にできて、

愛しのマイダーリンにそれができないわけがありましょうか。

 

やるんだ。

顔から火が出ようとも。壁をかきむしろうとも。www

 

褒めを盛るのはいいけど、(むしろ盛ったほうがいいw)

口先の褒めじゃダメだよ❤