絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

愛情の受け取り方の例を知りたいあなたへ ~ ある日のダーリンと私(1)

 

彼氏や旦那さんから、

自分の苦手なものやそんなに好きではないものをプレゼントされたら、

あなたはどう思いますか? どう感じますか?

 

 

私の好みを知らないなんて、ひどい。愛されてない。

私に興味がないんだ。私のことなんてどうでもいいんだ。

って、悲しくなっちゃうでしょうか?

 

それとも、

 

好きな人にプレゼントするなら、相手の好みをリサーチするよね?

適当にあしらわれてる!ばかにされてる!

って、ムカついちゃうでしょうか。

(*´・д・`)

 

ところで、

 

私は、甘いものがそんなに好きというわけではありません。

女子だからってスイーツに目がないとは限らないですよね~?

(だからといって私はお酒も飲めないのですがw)

 

私は、甘いものは特に好きというわけではないんですね。

 

大事なことだから2回言いました。(笑)

 

嫌いでもないんですけど。

でもたっぷりの生クリームとかはちょっと苦しいかな。

バニラアイスは好き♡

 

コーヒーや紅茶にも、砂糖は入れません。

少しの甘いものと一緒に、濃いコーヒーを飲むのは好きなのですが、

飲み物自体が甘いのは好きじゃないのです。

 

そして、

ダーリンのためにお菓子を作るのは好きですが、

私自身が甘いものを食べること自体は、特に好きではないんですね。

 

自分で作ったお菓子はおいしいからけっこう食べるかな。

自画自賛ですがw

 

3回も言っちゃった。(笑)


そんなある日の出来事です。


ダーリンが、珍しく手土産を持って来てくれました。

ちょっとお高いスイーツでした。ふたつ買って来てくれてました。

かなり濃厚に甘そうなやつで、生クリームもたっぷり、

サイズもかなり大きいものでした。

スイーツに目がない女子だったら大喜びしそうな。

・・・私は、胸焼けしそうな。(;∀;)

 

で、

一緒にひとつずつ食べようと思って持って来てくれたのかな~?(´∀`)

と思ったら、

 

ルクスが両方食べていいよ!(^^)

 

と、言うのです。

 

え、一個ずつ食べようよ!どっちがいーい?(´∀`)

 

と、半分こ作戦に出るも、(笑)

 

ルクスが両方食べってー!(^^)

 

と、言うのです。

一瞬、何かの罰ゲームなのかと、

ほんの一瞬、そんな考えも頭をよぎりましたが、(笑)

私はもちろん、

 

ありがと~~~~♡♡♡(´∀`) もう一個は明日たべるね!(´∀`)

 

と言って、

その時ひとつ食べて、

もうひとつは、翌々日食べました。(翌日は無理だったw)

 

ダーリンの愛は、

私の胸にずっしりきました。(笑)

 

これって、

他人事として読んでいたら、笑える話だと思いますし、

ダーリンが私に意地悪したわけじゃないのも、明白ですよね~?

 

意地悪どころか、
ダーリンは、私が喜ぶと思って、買って来てくれたんですよね。

私が、喜ぶと思って、ダーリンはそれを買って来てくれたんです。

 

なのに、

そこで私が、


私は甘いもの好きじゃないっつのーーーーーーーーーー!!!

そんなことも知らないのーーーーーー!?(ノ`Д´)ノ.:・┻┻)`з゜)・:゙;


だなんて言ったら、どうでしょう?

 

私が、喜ぶと思って、買って来たのに。

喜ぶどころか、怒ったら。

 

ダーリンの気持ち、ダーリンの愛情、ぺしゃんこですよね。

二度と買ってやるもんか。って思っちゃってもしょうがないです。


ここは、

自分が愛されてるって思えているかどうかが、

反応の分かれ目になると思います。

 

愛されてないという前提でいると、

反射的に悲しみや怒りを感じると思います。

 

あなたも、同じようなことがあった時には、

愛されてるという前提に立って、

あなたのダーリンの愛情を、最大限に受け取っていってね!

 

ルクスより☆


追伸:

でもね、ふたつとも、どっちも、

私の好きな「チーズ」系のケーキだったのよ。(´∀`)

ダーリンの脳内には、私がチーズが好きなことはインプットされていて、

私が甘いもの好きじゃないことは、まだインプットされてないみたいです。(笑)