絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

100%の容量には個人差があります

 

まだ心理世界や精神世界の扉を開く前、

私は手を抜いて仕事をしているように見える人に、

腹が立ってしょうがありませんでした。

 

 

私はわりと何でもそつなく、しかも早くこなせるタイプで、

(自分で言うなって感じですが)

仕事が遅い人を見ると、手を抜いているように見えたのです。

 

私はこんなに頑張っているのに、あの人達はサボってる!!

 

と、腹が立ち、

それが先輩や4大卒の人であればなおのこと、

(私は当時短大卒だったので)

 

なのにあっちのほうが給料が高いなんて!

 

と、憤っていました。

 

そんなある時、

職場で同じチームの先輩だった元彼に、

 

「100%の頑張りって、人それぞれなんだよ。

 ルクスちゃんは中指の長さ分ぐらい頑張れるかも知れないけど、

 ある人は小指の長さが100%で、

 ある人は第一関節分の長さが100%だったりするんだよ」

 

と、言われました。

 

言われた直後は、

まったく理解しがたく、共感もできなかったのですが、

(まあまだ23~24才だったし)

 

その後、憤りを感じる度に、

 

人の100%は、人それぞれ容量が違うんだ。

 

と、自分に言い聞かせているうちに、

だんだん理解できるようになりました。

 

それから20年近く経った今でも、これは時折思い返す教訓です。

 

確かに、

人の100%じゃなくても何でも、100%はそのものそれぞれですよね。

「満タン」で何リットル入るかは、車によって違いますし。

 

そして、

ついこのあいだ、気がついたのです。

 

人の『好き』『大好き』『愛してる』の度合いも、

人それぞれなんじゃないかって。

 

今のダーリンは、

 

私が「好きだよ!」って言うと、

「俺も」とか「俺も好き」とか言ってくれます。

 

私が「大好きだよ!」って言うと、

「俺も」とか「俺も大好き」とか言ってくれます。

 

オウムか!

 

って突っ込みたい衝動に駆られることはよくあります。( ̄▽ ̄)

 

もしくは、

 

ゴーストか!

 

って。( ̄▽ ̄)

 

それはさておき、(笑)

 

私のマネして(?)、

「好き」とか「大好き」とか言うくせして、

彼はあんまり私に会おうとしません。

(という風に私は感じていました。)

 

週に1回会うかどうか、で始まり、

2~3週間に1回会うかどうか、ぐらいになり、

どちらにしても半日も一緒にいません。

おうちデートばっかりだし。

(私ものんびりするのが好きではありますが)

 

だから私はずっと、

「好き」とか「大好き」とか言うのは、

私のマネもしくはリップサービスで、

本当は大して好かれてないんだろうな・・・

と感じていたんです。

 

「好き」とか「大好き」とか言ってても、

気に入らないことがあるとすぐ、

「他にいい人探して」とか言うし。

 

でも・・・

 

大転機直後:思いがけない仲直り』のあと、

すっごく分かりにくいけど、

彼の愛情を受信することに注力しよう。

そして、もっと彼の気持ちや男心を理解したい。

 

と、

意識して過ごすうちに、何となく分かってきていたんだと思います。

 

そして、突然あの教訓とリンクしました。

 

そっか、これが彼の今の「大好き」なんだな~。。。

 

って。

 

私の「大好き」や世間の「大好き」とずいぶん違うから、

 

これが「大好き」って、薄・・・ッ!! Σ(゚Д゚;

 

とも思いましたけど。(笑)

 

でも本人が「大好き」だって言ってるんだから、

これが本人の「大好き」なんでしょう。( ̄▽ ̄)

 

ま、今はこれが100%でも、

使ってるうちに(?)伸びてくるかも知れませんしね。

 

って、革か!!( ̄▽ ̄)

 

ま、なるようになります♪(´∀`)

 

だって「大好き」で「愛されてる」し、

「大好き」で「愛してる」から。

 

タイミングも、天まかせです。

 

だって私にとって最高のことが、

最高のタイミングで起こってるって信じてるから。