絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

あなたのため。彼のため。誰かのためにやったことが喜ばれなかった時

 

誰かのために、

彼のために、彼女のために、

旦那さんのために、奥さんのために、

友達のために、子供のために、親のために、

 

心から良かれと思って、

心からの親切心で、

喜んでもらえると思って、

その人のためにやったこと。

 

それが喜んではもらえなかった時、

ありがとうも言ってもらえなかった時、

別に嬉しくなさそうだった時、

むしろ邪険にされた時・・・

 

そんな時、

どんな風に感じるでしょうか。

 

イラッとするでしょうか。

お礼ぐらい言えば?とか思うでしょうか。

腹が立つでしょうか。

悲しいでしょうか。

 

もしそうだとしたら、

それは、

 

その人のためにやったというよりは、

自分のためにやったこと

 

なんだと思います。

 

もちろん、

その人のためという気持ちが全くゼロというわけではないのですが、

 

「その人のため」「その人が喜ぶため」

というのが、真の目的だったとしたら、

 

そのやったことに対する相手の反応で、

自分の気持ちがネガティブに反応したりはしないと思うんです。

 

「その人のため」というのが真の目的だった時、

その人のためにしたことは、

「してあげた」のではなく、

自分がその人のためにしたいからしたことであり、

ということは、

それを相手がどう受け取ろうが、関係ないはずなんです。

 

ありがとうって受け取ろうが、

は?大きなお世話。って受け取らなかろうが、

その人の自由なんです。

 

その反応で一喜一憂してしまうのは、

「その人のため」が真の目的なのではなく、

 

「ありがとうって言ってもらうため」だったり、

「お役立ちな私」「親切な私」「愛してる私」を

「認めてもらうため」だったりするから。

 

これが、

傷つくならば、それは愛ではない。

ということで、

 

自分の差し出したものに対する相手の反応で

自分が傷つくならば、

自分の差し出したものは、

それは愛ではない。

ということ・・・

 

(´・ω・`)ショボーン

 

とはいえ、

その人のため。っていう優しい気持ちが全くない、

そんなのは全くもって愛じゃない。

とは、私は思いませんけども。

傷つくならば、それは「愛」ではない、こともないんじゃないかと。

 

その人のため8割、

ありがとうって言ってほしい2割、

でもいいじゃんか。( ̄▽ ̄)

 

 

でもね、

あまりにも、

相手の反応でイライラしたりムカついたり悲しかったりするなら、

 

相手のためにやってるんじゃなくて、

自分のためにやってしまってるんだって、

思ってみたほうがいいかなーと、思います。

 

とはいえ、

イライラしたりムカついたり悲しかったりする、

湧き上がる自分の気持ちは、否定しなくていいのよ。

ていうか、それは肯定してね。

でも、相手にぶつけないでね。

難しいかな? (≧∀≦)