読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

つらい時、苦しい時、悲しい時、少し視点をずらして先のことを考えてみる

 

現実逃避っちゃー現実逃避なんですけど。(笑)

 

私は、子供の頃からこんなこと考えてました。

 

 

小学校低学年だった頃・・・

 

家に帰ってもお母さんも誰もいなくて、

鍵も持っていなくて、家に入れず、

玄関の前でひたすら待つしかなかった時。

 

玄関の前で座り込み、

ランドセルを机にして宿題をやって、(ええ子や・・・)

それが終わってしまっても、誰も帰って来ない。

 

玄関前をほうきで掃きまくって、(ええ子や・・・)

チリも木の葉もなくなっても、誰も帰って来ない。

 

もう何もすることがなくなったのに、誰も帰って来なくて、

ずっと外で待ちぼうけ。

 

小学校低学年の頃なので、

実際にはそこまで長い時間ではなかったのでしょうが、

チビだった私には、永遠にも感じられました。

(暑かったり寒かったりの記憶はないので、

 気候が良い時期だっただろうなのが幸い?w) 

 

で。

その時のチビ私が、待ちぼうけ中に何を考えていたかというと・・・

 

 

明日の今頃は、こんな状態じゃないはず。

 

 

でした。( ̄▽ ̄)

かわいい現実逃避ですw

 

鍵のかかった玄関前で、ランドセルを抱いて座り込み、

ひたすらそう考えていたのを覚えています。

 

明日の今頃はこんなじゃないはず。

明日の今頃はこんなじゃないはず。

明日の今頃はこんなじゃないはず。

 

って。(健気なチビ私・・・涙)

 

ついでに、

 

お布団に入って寝る頃は、こんなじゃないはず。

 

とも考えていたような気がします。

(かわいそうなチビ私・・・w)

 

そしていつ母親や妹や父親が帰って来たのか、

なぜ待ちぼうけをくらったのかは覚えていないのですが、

そのうち帰って来て、家に入れたのでしょう。

(そりゃそーやw)

 

 

・・・そしてこの時だけでなく、

その後もずっと、(今もw)

苦しい時、つらい時、悲しい時の私は、

こんな風に考えています。

 

さすがに、

大人になってからの苦しいことやつらいこと、悲しいことは、

1日2日で終わるようなものではないことが多いので・・・

 

 

来年の今頃は、何してるかなぁ。

3年後には、どうでもよくなってるかなぁ。

 

 

なんて、考えてます。

 

悲しいことや苦しいことやつらいことに、

どっぷり浸かって、泣きたいだけ泣いて、

悲観的になりたいだけなって、

 

でも、

 

来年の今頃は、何してるかなぁ。

 

って、時々視点をずらすんです。

 

3年後の私は、何してるかなぁ。

 

って。

 

5年後、10年後ともなると、

もしかしたら生きてるか分からないよね。

 

って。

 

現実逃避っちゃー現実逃避ですけど。(笑)

でも、

この現実逃避は、私にはわりと有効なんです。

 

 

だとしたら、(いつ死ぬか分からないなら)

今、自分で自分を楽しませたり喜ばせたり、

しとかないとな。

 

 

って考えまで、いずれ辿りつくので。