読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

手放す勇気、あきらめる覚悟。覚悟を決められたら怖くなくなるはず。

 

持っているものを、

失くすのは怖いですよね。

 

というか、

 

持っているものを、

失くすかも知れないと思うことが、怖いですよね。

 

それが、たとえ持っていることが苦しいものでも、

人は、持っているものを失くすのを怖いと感じるようです。

 

でも、

じゃあ逆に、

いっそ失くす覚悟をしてしまえば、

怖くはなくなるはずです。

 

対象が、

環境であっても、物であっても、人であっても、

同じです。

 

闇雲に怖がるのではなく、

何とかしがみつこうとするのではなく。

 

「失くすかも」とか「失くしそうな時」とかが一番怖いはずなので、

その時に「失くさないために必死」になると、

余計怖くなるのも当然ですよね。

 

それに、

「失くすかも」とか「失くしそう」とかいうのは、

自分側では制御することができませんから、

そりゃ怖さが増しこそすれ、

安心なんてできるはずもないと思います。

 

「安心」さえできれば、

失くさないですむかも知れないと思っているかも知れませんが、

怖くてしがみついている時に安心なんてできなくないですか。

(私には今んとこ無理。。。)

 

だけど、

だから、

いっそ失くす覚悟をしてしまえば、

怖くはなくなるはずなんです。

 

怖がる時間は、

それを手放す勇気を持つ決心をする時間にあてます。

それをあきらめる覚悟をする決心をする時間にあてます。

 

怖がる時間は、

それを手放したらどうするかを考える時間にあてます。

それをあきらめたらどうするかを考える時間にあてます。

 

それは、 

苦しい時間ではありますけども、

怖い時間ではないはずです。

 

そこに辿り付くまでは、

苦しいししんどいかも知れないけど、

時間もかかるかも知れないけど、

 

手放す勇気を持てたら、

あきらめる覚悟ができたら、 

腹を決めることができたら、

怖くはなくなるはずなんです。

 

対象が、

環境であっても、物であっても、人であっても、

同じです。

(大事なことだから2回w)