絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

自信がつくということ。自分の意見を持つということ。

 

昔の私の自信のなさがどれほどだったかというと。

 

例えば、

 

好きな本や好きな作家を、Amazonなんかでこき下ろしている人がいると、

その本や作家を好きな自分はおかしいのか? 間違っているのか?

と思って、

その本や作家を好きな気持ちが半減したり好きじゃなくなったりしていた、

 

ぐらいです。

 

すごいね。ひどいね。(笑)

 

自覚したのは、これも20年位前かなー。

 

同じぐらい褒めていた人だっていたはずなのに、

当時の私には、

「私を否定する意見」が(私がいいと思うものを否定する意見、かな)

何十倍も何百倍もクローズアップされて入ってきて、

自分の意見なんてあっという間に消し飛んでいたんです。

 

それは父親の顔色を伺って育ったからしょうがないんだけどね。

お父さんの意見や意向 >>>>>>>>>>> 自分の意見や感想? (←ちっちゃ!しかも「?」って!w)

みたいな感じだったからさ。

 

だけどお父さんはともかく、

お父さんではない他人の、しかもネット上の人なんかの意見にまで、

翻弄されて簡単に自信喪失してしまってたのは、

 

自分に自信がないから。

= 自分の意見に自信がないから。

= 自分の気持ちに自信がないから。

= 自分の気持ちが分からないから。

= 自分の意見や気持ちは間違ってるかも知れないから。

 

自分に自信を持っている人って、

自分の意見に自信を持っている人って、

押し出しも強いからね、簡単に負けちゃう。(ノД`)・゜・。

 

で、負け続けて自信喪失して傷つくくらいだったら、

黙っていよう。

って心を閉ざしちゃったりする。

 

自信がついたら心を開けると思うから。

なんて自分に言い訳したりして。

 

だけど、

じゃあどうすれば自分に自信が持てるようになるかというと、

私の場合は、

心を開いて本心を話すこと、でしかなかった。

 

どんなに仲が良くて、私のことを大事に思ってくれている友達や先輩でも、

意見が違うことはある。(そうでない人はもっとだ)

 

というか、

私を大事に思ってくれているからこそ、

彼のことでよれよれしている私のことを歯がゆく思って、

きつく意見を押し出してくることもある。(そうでない人はもっとだw)

 

はじめのうちは、

だからやっぱり私が間違ってるんだ。私がおかしいんだ。

って思いがちだった。

 

ネットで自分と同じような悩みや質問、その回答をしている人達の意見を読んでは、

(大型掲示板とかYahoo! 知恵袋とか教えて!gooとか)

ますます不安になったりした。

 

(そう、だから自分に自信がない時は、

 ネット掲示板やQ&Aなど不特定多数匿名に相談しないほうが精神安定上いい)

 

でもそれでも、

自分のことを、自分の本心を、

「だって私はそう思う」って思い続け、話し続けてくるうちに、

 

ああ、私はやっぱりこう思うしこう感じるんだよ。

誰が何と言ってもさ。

 

って思うようになってきた。

 

それが、自分の意見が確立してきたっていうことなのかな、って思う。

 

そして、たとえグラついたりしても、

「自分の意見や気持ちや選択は、間違ってない(自分的には)」

って思い続けることで、

自分の意見や気持ちや選択にも、根拠のない自信が出てくる。

 

それが、

自信がついてくるってことだと思う。

 

自信があるって、

= 自分の意見に自信がある

= 自分の気持ちに自信がある

= 自分の気持ちが分かる

= 自分の意見や気持ちは間違ってない(自分的には)

って思えるってことだと思うから。