絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

幸せになる方法をまとめています ~ ブログコンセプト

・著者ルクスはこんな人です

オーバーのアラフォー。
20代半ばから生き辛さを自覚し、心のことに興味を持ち出す。
当時は1990年代、心療内科がまだ珍しかった頃。
心理世界、精神世界(まだ "スピリチュアル" という呼称でなかった!)に足を踏み入れ、
迷走が始まった。

生き辛さの理由は多々あれど、当初の一番の悩みの種は、父親。
一番最初に出会った本は、アダルトチルドレンのお話。(先駆けの先駆け)
カウンセリングですら敷居が高かった時代だったけど、
元彼が「それでラクになるんなら試してみれば?」と言ってくれて、一歩踏み出せた。

それを皮切りに、心理学・哲学・精神世界(スピリチュアル)な本を読み漁り、
セミナーを受講したり、あらゆるセラピーやヒーリングを学んだり。
『自分を変えたい』ために突っ込んだお金は半端ないと思われる。(怖くて合計できない。)

かなりストイックで、やると言ったらやるタイプ。
(ダイエット、禁煙、転職、元彼との別れ、、、etc)
・・・が、決意するまでには時間がかかる。

元システムエンジニア。

20代半ばで自分がアダルトチルドレンだと自覚し、試行錯誤する中で、
30代始めに『私は私の家系における負の連鎖を断ち切る子供』だと納得し、
親への気持ちがラクになる。

セラピスト業を一時期。

親への気持ちがラクになった時、同じように親のことで苦しんでいる人に、
ラクになれるよと教えてあげる側になろうと思った。
そして癒しを提供する側になるべく、でもまだ恋愛関係で苦しんでいた自身の癒しのためにも、
各種セラピーやヒーリングを学ぶ。

脱サラしたものの、自営が立ち行かずサラリーマンに戻る。
現在はデータ管理者。

10年一緒に住んだ元彼と、散々苦しんで別れて、立ち直ってきたあと、
次こそラブラブになりたいと思って、見た目や恋愛モードの改革に取り組む。
そして今彼と出会って付き合うことになったが、
なぜか元彼の時以上の孤独感や苦しみを味わってしまう。

でもそんな中で、
『私は誰も癒さなくていい』『私は誰も癒す必要はない』
『私は愛されていたらしい』『私は愛されている』
『ありのままの自分を全肯定することがポイント』
という大きな気づきを得る。

そして癒しを提供することには興味がなくなった。

・・・ハズだったのですが、

あるきっかけで、

やっぱり私は、システムエンジニア時代から、
知っていることを人に教えるのが好きだし、教えるのが得意だし、
人の言っていることを理解して分析して解説するのが得意だし、

苦しんでいる人、変わりたいのに変われないと苦しんでいる人に、
私の知っていることを教えてあげたいなあ、、、

と思ってしまいました。

そして書くことも大好きで得意なのと、
自分のことを誰にも話せなかった頃、だから余計に苦しかった頃、
インターネットにはずいぶん助けられたので、
このブログで情報発信をすることにしました。

・こんなことを書いています

私が自分でもすごく変わったと実感できた出来事たち。
大転機のその後、絶対幸せになってやる。と決意したあとの取り組みなど。

恋愛って何だろう?ということ。
男子を褒めたり可愛がったりするということ。
ラブラブな恋愛を育てる方法。

どうしたら自分を好きになれるのかということ。
自分を好きになる方法。
幸せになる方法・幸せを感じる方法。

・こんな人の参考になるかも??

変わりたいのに変われない人。
色々試したけど、できた人は元からできる人だったんじゃないの?とか
思っちゃう人。

歴代彼氏が多分だいたい気難しい人。
(自立系男子とかロックマンとか岩男とかダメンズとか呼ばれたり)
自立男性の愛し方を知りたい人。といっても私も日々試行錯誤ですが・・・

自分の周りの人達は鏡。特にパートナーは。
では自立男性が鏡に映った相手ということは、
自分はどうしたらいいのかな?という風に考える人。

縁あってダーリンになった人を、愛し尽くしたい人。
彼を愛し抜こう、ありのままの彼の認め愛そう、と思う人。

・こんなことに気をつけて書いています

現実世界では色んな人が、色んなことを言うし、
本やネットでは色んな人が、色んなことを書いています。

愛し方、愛され方、癒し方、癒され方、
幸せになる方法、成功する方法、お金持ちになる方法。

どれが正解なんでしょうか。

私は、どれも正解だし、どれも正解じゃない。と思います。
自分に合っているか、自分に合っていないか。それだけだと思います。

自分に合った方法が見つかって、その方法でうまくいった人が、
自信を持ってその方法を断言するのに、
その方法が自分に合わなくて、その方法でうまくいかなかった人が、
やっぱりダメなんじゃん。って落胆する。

それは、その方法はその人にとっては正解だったけど、
自分にとっては正解じゃなかった。その時点での自分にとっては。
ということだと思います。

自信がないと、断言する人を頼もしく感じて、
その人やその方法が正解。自分は間違ってる。って感じてしまいがちです。

だけど、私はそうじゃないと思います。
その人やその方法は、その時点での自分には合っていなかった、
というだけだと思います。
それが分かったからそれはそれでOKなんだと思います。

自分に(自分の考えに)自信を持つためには、情報が必要なんだと思います。
たくさんの考え方、情報、選択肢の中から、
自分に合ったものを取捨選択していく過程で、
自己が確立してくるんだと思います。

自己を確立するのに、年齢は問わないと思います。
成人する過程でそれができた人もいると思いますが、
それができないまま成人したどころか第二の成人式過ぎちゃった人もいると思います。
(それは私・・・)

だから、自分はやっぱりダメなんだ。と思うかわりに、
自分に合った方法を見つけることに、自己を確立することに、
貪欲になってほしいなと思います。

自分に合う方法が、きっとあるはずだと信じてほしいなと思います。
どんなに苦しくても、きっと抜け出せると信じて、
抜け出そうとすることをやめないでほしいなと思います。

このブログが、誰かが自己を確立する一助になることを祈って、
私はここで断言します。
このブログの中で、私は何も断言しないことを。
いちいち、私は、こうだと思います。私は、そう思います。と書いていきます。

・さらなる展開というか

ブログを書いていくうちに、新たな思いが生まれては消えていったりするのですが・・・
今は、

自分で自分を許し認め肯定できる人が増えて、
そしてみーんな幸せになったらいいな♡

「自分はこの自分でいいんだ」って思える人が、
「愛されてる」って感じられるようになったりする人が増えたら、

そうすれば誰も「加害者」にまでなってしまわなくてすむんじゃないかな~

と思っています。