読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

愛してるけど別れる選択肢は、愛してない・愛されてないってこと?

見捨てられ不安があると、
それが強いと、強ければ強いほど、

愛してる = 絶対に見捨ててはいけない
愛されてる = 絶対に見捨てられないという確約が必要

って思い込んでいるかもしれないです。

そしてその思いに囚われて、
つまり、
(自分は)見捨てられるのは絶対に絶対に嫌だから、
だってそれって愛されてないってことだから、
という思いに囚われて、

だから、
絶対に彼を見捨ててはいけない。(どんな彼であってもw)
それが愛してるってことなんだから。

って思い込んでるかもしれないです。

そうすると、
愛してるけど別れる。
なんて選択肢は、考えられないし理解もできない。

でも、愛してても別れてもいいよね。

え、やっぱダメ?w

でもね、
彼だって、どーーーーーしても別れたくなかったら、
食らいついてくるはずなので。

それが、まだ彼に直接別れ話をするっていう、
苦しくてしんどくて辛い一手を打てるとこまでいけなくて、

かみさまー!
彼が私と幸せにラブラブになれない人なのであれば、
私の人生から速やかに静かに退場させて下さい。
(-人-)南無

と、神様にお願いベースの状態であってもね。

心理的に近くにいる人(縁のある人)って、
繋がってるからさ。

何かしらは、絶対に伝わり合うからさ。

本気で思えたらね。

逆に、
別れる選択肢を選ばれたから愛されてない、
と決めつけることもできないね。

無様に食らいつくのもありだしね。
それでくつがえることもあるしね。( ̄▽ ̄)
(男子から女子に別れようとか言った場合は特にねw)

ともあれ、
愛してても別れるという選択肢を持っててもいいのです。

愛してるってことと、
別れるという選択肢も持ってるということとは、
両立するんです。

愛されてるというのは、絶対に見捨てられないという確約があることだ。
であるからして、
愛しているというならば、絶対に見捨ててはいけないのだ。
なんていう思い込み(前提)があるから、両立しないと思えるだけ。

ここらへんも、
自己肯定感をうーんと高めていくと、
分かってくると思います♪