絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

苦しみに原因はあるのか。原因を突き止める必要はあるのか?(1)

 

ある時、

 

もう苦しむのはやめた!

 

って、決めたんです。

 

 

苦しい、苦しい、苦しい、苦しい。どうしたらいいの。

私は何をどうすればいいの。

何を学べばここから抜け出せるの??

 

って、

ものすごく考えたり答えを探したり学んだりしてきたのですが、

 

その時ふと、

 

あれ?

苦しむのやめる。って決めればいいだけなのでは?

 

って気がついたのです。

 

私を苦しめていると思うことを考えると苦しいし、(当たり前)

苦しいって思うこと自体が苦しいし、(当たり前)

 

よし、苦しむの、やめよっと。

苦しむの、やめた!!

苦しむのをやめたって決めた!

 

と、思いました。

 

 

問題には、必ず原因がある。

原因さえ分かれば、対処できる。

だなんて、色んな分野で言われますけど、

そうかも知れませんけど、

 

原因が分からないと絶対なおらないかっていうと、

そうでもないですよね。

 

なぜかはわからないけど、なおった。

ということもあります。

 

パソコンだってスマフォだって、

動作不良で、おかしいーって、調べて、

原因が分かって直せる場合もあれば、

 

何が悪いのかさっぱり分からないから、

ていうか調べるのがめんどくさくなって、(笑)

放置して使えるように使ったりとか、(なおったとは言えないか?)

 

いっそ初期化しちゃうとか、

初期化もめんどくさいからやっぱり放置して(以下略)とか、

 

仕事だって、病気だって、人間関係だって、何だって、

原因が分かって対処できる場合もあれば、

分からないけどどうにかなる場合もあります。

 

昭和のテレビみたいに、

たたいたらなおるってこともありますし。( ̄▽ ̄)

 

それでも、

苦しむのをやめたって決めても、

そう決めたことを、いつも思い出すようにしていても、

ついうっかり苦しんでしまって、

 

うううううううううどうしたらいいの・・・・・・

どうしたらいいの。どうしたらいいの。

どうしたらいいの・・・・!!

・・・・

( ゚д゚)ハッ!

苦しむのやめたんだった!

 

って、よくなっていました。(笑)

 

きっと、私の潜在意識の中に『苦しみたい病』があって、

苦しむのはやめたって、頭で、顕在意識で決めたけど、

今までの長年のくせで、

ついうっかり苦しんじゃうんだろうな。

苦しむような考えに、自分を導いちゃうんだろうな。

 

私の潜在意識の中にある、

『頑張りたい病』は、あっても悪くないけどやめようと思ってた。

『問題を解決したい病』も、悪くないけどやめたいと思ってた。

『迷子病』も悪くない、だからやめようと思ってなかった。

『考えたい病』も悪くない、だからやめようと思ってなかった。

 

でもなんとなく、

迷子病・考えたい病・問題を解決したい病・苦しみたい病

のコンボで、

ついうっかり苦しんじゃってる気がする。

 

ということは、

 

頑張りたい病も問題を解決したい病も真剣にやめると決めて、

迷子病と考えたい病も真剣にやめると決めないといけないってことか。

 

でも迷子病と考えたい病をやめたら、

私のチャームポイント(?)がなくなっちゃうよ・・・(>_<。)

 

・・・(*゚ロ゚)ハッ!!

 

苦しむの、やめたんだった!!

 

って、よくなっていました。(笑)

 

無限ループではないですよ。

螺旋階段です。(笑)

 

これを何回も繰り返して、

『苦しみたい病』の原因は分からないけど、

やめたと決めて、

そう決め続けて、

そうしたら、

どうやったらやめられるかが分かってきた。

という感じです。