絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

スケジュールを教えたくない彼と、スケジュールを把握したい彼女

 

休みがいつなのか教えてくれない彼

出張の日程がいつなのか教えてくれない彼

どうしても聞き出そうとする彼女

教えてもらえないのは自分が悪いのかと悩む彼女

 

大雑把にいうと、

スケジュールを教えたくない彼と、スケジュールを把握したい彼女。

(男女逆もあるかもだけど、男女比はこっちのほうが多いかと)

 

で、悩みとしては、

 

スケジュールを公開してしまうと、

自分の時間を全部束縛されるのがイヤ。

だから教えたくない。

 

スケジュールを公開してしまうと、

自分が参加できない時に、相手に何かをされるのがイヤ。

だから教えたくない。

 

スケジュールを教えてもらえないのは、

空き時間に会えばいいって感じで、大事にされていないから?

だからちゃんと愛されてることの証明のためにも、知りたい。

 

でもこれって、

特に2番目と3番目の例でイライラしたり不安になったりするのは、

自分が自分を信じていないのが、一番の原因です。

 

彼・彼女に大事にされてる自分、を、自分が信じてないんです。

だから相手の行動を把握したり制限したりすることで、

それを得ようとするのですが、まあ大抵うまくいかないと思います。

(相手にも気持ちがあるからね)

 

だから、

相手の気持ちや行動をどうにかしようとなんて頑張らないで、

相手から大事にされているはずだと自分を信じることを頑張るほうがいいよ♪

 

前者で頑張ると、力が入り過ぎます。

自分も相手も心が重く不自由になって、いつまでたってもしんどいです。

後者で頑張ると、力が抜けます。

自分も相手も心が軽く自由になっていきますよ♪

 

1番目の例は、これをする本人はたぶん悩んでないけど、(笑)

こういう相手を持っている人が、悩むほう側になると思います。

 

これをする人は、けっこう重たい心の鎧を着てると思います。

他人を信頼してない。大事にされる自分を、相手も信じてないと思います。

 

でもこの場合も、

自分が相手に大事にされてる自分を信じられているかどうかで、

自分の気持ちも、相手に与える影響も、全然違うはずですよ♪

 

なので、

頑張るとしたら、

大事にされる自分を、信じること。

自分は大事に扱われる、というのを思考の前提とすること。

 

そしたら見える世界が変わります。