絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

好きな男性のタイプ(2) ~ 元彼の話

 

10余年付き合った元彼は、

会社の先輩だった。同じ部署の。

 

だからほぼ毎日顔を合わせるし、

チームメンバーと複数や、もしくは2人で、社外へ出ることもあった。

 

 

だから、よく知っている人だと思っていた。

 

社交的で、明るくて、よく喋って。

仕事がよくできて、頼もしくて。

そういう人だと思っていた。

 

だから、好きになった。

 

でも、、、付き合うようになったら、、、

 

喋らない。とにかく喋らない。

たまに一緒に電車に乗っても、無言。

それなら一人のほうが本読んだり音楽聴けたりしていいんだけど!

一緒にいる意味ないじゃん!!

(じゃあ本読むから。とか、じゃあ音楽聴くから。とかって、

 言えなかった・できなかった当時の私。)

 

お出かけもしない。ずっと家でテレビに釘付け。

セックスレスになるのもあっという間だった。

 

でも、

 

外では、

私以外の人に対しては、

ずっと変わらず、

社交的で、明るくて、よく喋って。

ムードメーカーで。

 

ほぼ毎日飲みに行って、クラブやバーへ行って。

仕事で必要だ、付き合いだ、っていうのも分かるけど、

毎日である必要が私には理解できなかった。

好きで行っている部分も少なからずあるんじゃないの?と思っていた。

 

そして仕事関係の人達や、男同士の仲間達は当然、

会社やお店の女の人達にも、愛想がいい。

 

でも、

私といる時には、喋らない。

 

だから余計に、

私は大事にされていない、釣った魚として適当に扱われている、

ような気が、ずっとしていた。

 

会社やお店の女の人達のほうが大事で、

そっちの女の人と実は付き合ってるんだったりして。

私とよりずっと楽しく付き合ってるんだったりして。

とも、ずっと思っていた。

 

2人で一緒に住んでいても、

私はずっと孤独だった。不安だった。寂しかった。

 

だから不安や嫉妬で、

元彼の行動を監視しようとしてみたり、

携帯をのぞいてみたり、

そしてグレーなものを見つけては、爆発していた。

 

元彼は、

痛くもない腹を探られるのはごめんだ。

としか言わなかった。

 

私の欲しい安心は、くれなかった。

 

だけど、どうやってこれで信じてられるっていうの?

そもそも何を信じるっていうの?

 

だって、

私とは楽しい時間を過ごさない。

 

同じ時間を過ごしていたとしても、

黙って、テレビを見ているだけ。

 

他の人達とは、いつも楽しそうにしているのに!

 

私も元々、本を読んだりパソコンを触っていたりするのが好きだから、

そうしていた。

 

元彼は時々、

「こうやって同じ空間で、それぞれが好きなことしてるのっていいな」

などと言っていたけれど、

私は、何を勝手なことを言っているのかと思っていた。

 

2人で過ごす楽しい時間がある上で、ならまだしも、

そんなのが何もない放置状態で、だからそうせざるを得ないだけなのに、

そうだね。だなんて思えるわけがない。って。

 

私はずっと孤独を感じていた。

 

元彼とこんな状態であることも、誰にも話せず、苦しんでいた。

 

もちろん、

すでに心理学やら精神世界にどっぷり浸かっていたから、

自分の世界は、自分の内側の反映だとも思っていた。

 

だから、

それはそれは真剣に色々と取り組んだ。

 

カウンセリングだの交流分析だの、

アロマテラピーだのヒプノセラピーだの、

感情を解放しようだの思考パターンを書き換えようだの。

 

それに加えて、

時々、意を決して話し合いをしようとしてみたり、

やっぱり話してくれないからとメールを書いたりしてみた。

 

でもメールは完全に無視されて、

直接話そうとした時は、

話し合いの必要性を感じない、責められてるだけ、って感じる。

というようなことを言っていた。

 

セックスレスについては、

なぜ心のつながりだけではダメなのか?

などと言っていた。

 

私は、これのどこで心がつながっていると思えるんだろう、

と思っていた。

 

元彼はバツイチで、

結婚について臆病になっているのは理解していたけれど、

元妻と過ごした年月の、その3倍は私と一緒にいたのに。

10年も一緒に住んでいたのに。

 

私は、元妻にも、会社や飲み屋の女の人達にも、

誰にも、勝てないんだと思っていた。

誰よりも、どうでもいい存在なんだと思っていた。

 

こんな平行線が5~6年以上続き、

そして私は、ゆっくりと元彼に絶望していって、

元彼に働きかけることはなくなり、

一緒に住みながら2~3年かかってやっと別れる決意ができた。

 

私はずっと苦しみ続けていたけれど、

元彼は私の沈黙を安定を受け止めていたのか、

別れを切り出したあと、かなり抵抗された。

 

別れを切り出した直後の元彼は、

「そっかー。もう付き合って長いもんな。」と言っただけだった。

 

私はずっと、孤独感と、無価値感を持っていて、

私が別れるって言ったらあっさりバイバイって言われるんだろうな、

とずっと思っていたので、

その元彼のセリフで、

やっぱり私ってそんなにどうでもいい存在だったんだなって、

ダメ押しで傷ついた。

 

だからその数日後、

 

「別れたくない。俺は別れたいと思ったことは一度もない。

 でもそれはルクスが全部合わせてくれていたからだって分かった。

 ルクスはずっといてくれるものだと思ってた。

 空気がなくなったら死ぬ。」

とまで言われた時には、ものすごく驚いた。

 

でも私の心は動かなかった。

 

話そう、とも言われたけど、

私はもう話すことはない、と思った。

 

とはいえ恋愛感情はもう全くなくても、

人としての情はあったので、つらかった。

 

そして苦しんで苦しんでやっと別れて、

一人になってからも苦しくて苦しくて、

やっと立ち直って、

だから次は絶対に、

ラブラブな恋愛をしようと思って、

 

分かりやすい人と分かりやすい恋愛をしたいと思って、

 

思って、、、

 

決意のように思っていたんだけどなあ~??

 

(;∀;)

 

今彼が元彼と同じことをしているわけじゃないし、

見た目も立場も全く違うんだけど、(今彼のほうがずっと好き♡)

 

どうも私は(潜在意識の私は?)、

分かりにくいタイプが好きらしい・・・( ̄▽ ̄)