読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

総合目次(全記事一覧)
↑目次から気になるタイトルの記事を読んでみてね↑

彼女なら、妻なら、ドンと構えて・・・とかいうのは、上級者コースっていうか

 

「彼女なら、妻なら、ドンと構えて・・・」

 

・・・などというよくあるアドバイスは、

 

ドンと構えられないからしんどい思いをしている人には、

何のアドバイスにもならないですよねw

 

ドンと構えられないから、

そういう不安や悩みを持つのに、

ドンと構えろって言われてもさ・・・って感じですよねw

 

世の中、

運動にしろ勉強にしろ、

大抵の分野で、

クラス分けやレベル分けが行われ、

その中で対戦するのがほとんどなのに、

 

恋愛とか結婚とか仕事とか、

人生っていう総合格闘技分野では、

無差別級が主流だっていう。

 

あ、

人生という総合格闘技が無差別級で行われるからこそ、

スポーツや勉学などでは、

クラス分けレベル分けが行われるようになったのかもですね。

 

それはさておき、

 

「ドンと構える」っていうのは、

自信がないとできないものだと思うんです。

 

自分に対する自信です。

 

愛される自信とか、選ばれる自信とか、

そういう自信ではなく、

 

自分は大事な存在であるという自信、かな。

 

自分で自分を大事な存在として扱えている人には、

「ドンと構えろ」なんてアドバイスするまでもなく、

すでにドンと構えてると思います。

 

「彼女なら、妻なら、ドンと構えて・・・」

 

という言葉が女性側にアドバイスされるのは、

何らかの男女間トラブルで、(浮気とか、放置とか?なんでも)

 

愛されているのかどうか不安になっている時、

 

じゃないかなと思います。

 

相手から愛されているのかどうかが分からなくて不安になったり、

相手から大事にされているのかどうか分からなくて苦しんだりしますが、

 

それは相手のせいというよりも、(相手次第というよりも)

 

自分が愛されていないと感じる状態を自分に許してしまう、

自分が大事にされていると感じられない相手と一緒にいることを、

自分が自分に許してしまう、というような、

 

自分が自分を大事な存在として扱えるかどうか?

 

という問題なのだと思います。

 

自己肯定感が高い人、自分で自分を大事にしている人は、

既にドンと構えているので、

 

自分が大事にされていないと感じる状況や、

そんな関係の相手と一緒にいることを、

自分に許さないと思います。

 

もしくは、

それ(浮気や放置?とか何でも)は、

その人にとっては愛されてるか否かというような、

大きな問題にはならないんだと思います。

 

ドンと構えられる人が偉い、すごい、素晴らしい、

ドンと構えられない人はダメだ、

ということではありません。

 

 

自分は大事な存在だ、自分は価値のある存在だ、

という礎(土台・基礎)を築くことが大切だ。

ということなのです。

 

その土台なく、ドンと構えないといけないような状況に挑むなんて、

バタ足できない人が海に飛び込むようなものだと思うのです。

 

それでいきなり泳げるようになる人も、まれにはいるのかもだけど。

 

え?

どうやってその土台を築くのかって?

 

( ´゚д゚`)エー

 

いついかなる時も、

自分の全てを、過去から現在までありのままの自分を、

自分の状況も気持ちも何もかもを、

自分で肯定していく、のですよん。